「よしもとばなな」おすすめ作品一覧

「よしもとばなな」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:よしもとばなな(ヨシモトバナナ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1964年07月24日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

日本大学藝術学部文芸学科卒。1987年『キッチン』での海燕新人文学賞受賞をはじめ、多数の賞を受賞している。『TUGUMI』、『うたかた/サンクチュアリ』、『アルゼンチンババア』など数多くの作品を手がける。『キッチン』、『アルゼンチンババア』などは映画化されている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/25更新

ユーザーレビュー

  • サーカスナイト
    買ってからしばらく読めていなかったのですが
    いま読み終えて、土曜日にあったあれこれがリセットされた感じがします。
    いま読めてよかったです。
  • もしもし下北沢
    初めて一人暮らしをした街は、下町でごちゃごちゃしていて、手押し車で商店街を歩くおばあちゃんも、柄の悪いおっちゃんも、派手な若者も、みんな根付いて暮らしていて、最初は居心地が悪かったのに、気が付けば土地や空気が作り出してる色をとても身近に心地良く感じてて、「住めば都だなぁ」と思った事を思い出しました。...続きを読む
  • デッドエンドの思い出
    久しぶりに小説を読んで泣きました。

    いくつかの物語があって、その全ての人たちが大切にしてるものがあって、それがすごく好きで好きで、心に染みて、その全てで泣いてしまったけど、デッドエンドの思い出はちょっと別でした。

    細かい設定とか重さは違えども、ミミちゃんがあたしと少し重なって、心ですごく応援...続きを読む
  • 王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―
    この空気感、大好きです。
    ちょっと梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」の空気を感じました。

    不思議な事、心でないと見えないものを大切に大切に、丁寧な思いの中に日常があるというのは、とてもシンプルでとても難しくてとても素敵なことだと思います。

    「人のいるところには必ず最低ものと同時に最高のもの...続きを読む
  • 王国―その2 痛み、失われたものの影、そして魔法―
    私は人が好きです。
    人という心や色、繋がりは、触れると奇跡を見る様に涙が出そうになる。

    だけどその前に、大前提として、イマの自分がいる。私はどんな色でどんな風にページをめくっていきたいのだろう。
    大切なものは見失いたくない。

    楓からみた私は何色なんだろうなぁと思いながら、自分で見つめて、...続きを読む

特集