「よしもとばなな」おすすめ作品一覧

「よしもとばなな」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:よしもとばなな(ヨシモトバナナ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1964年07月24日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

日本大学藝術学部文芸学科卒。1987年『キッチン』での海燕新人文学賞受賞をはじめ、多数の賞を受賞している。『TUGUMI』、『うたかた/サンクチュアリ』、『アルゼンチンババア』など数多くの作品を手がける。『キッチン』、『アルゼンチンババア』などは映画化されている。

作品一覧

2018/07/27更新

ユーザーレビュー

  • 海のふた
    今年読んだ中でいちばんすき。日常のしあわせを描写するじんわり温かな表現。まりとはじめちゃんの言葉に表れてる生き方に対する姿勢。とっても美しくて、ほっとする。肩に力が入って苦しくなったら、この本を読もう。
  • 小さな幸せ46こ
    さみしさが漂う内容ではあったけど、温かい言葉で綴られていて、力を分けてもらえたような気持ちになった。
  • どんぐり姉妹
    これまでに読んだよしもとばななのなかで、いちばん明るく、ほのかにきらきらして、やさしい、と思った。死んだ人がそこここにいて、語り手はやや引きこもりがちなのだけれど、どこか閉じていない。文章がどこを読んでもきれいで、すうっと入ってくる。
  • 海のふた
    【感想】
    夢を叶えるとは毎日の積み重ねなんだと気づかせてくれる。もし夢が叶ってしまっても、夢を叶え続けるための日々の努力を忘れないこと。

    【メモ】
    夢を叶えるだのなんだのと言っても、毎日はとても地味なものだ。
    準備、掃除、肉体労働、疲れとの戦い。先のことを考えることとの戦い。
    小さないやなことをな...続きを読む
  • 鳥たち
    カーテンの隙間から見た朝の景色とこの小説との触れ合いは、きっとずっと忘れないだろう。
    と、そう思わせられる素敵な小説だった。

特集