よしもとばななの一覧

「よしもとばなな」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:よしもとばなな(ヨシモトバナナ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1964年07月24日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

日本大学藝術学部文芸学科卒。1987年『キッチン』での海燕新人文学賞受賞をはじめ、多数の賞を受賞している。『TUGUMI』、『うたかた/サンクチュアリ』、『アルゼンチンババア』など数多くの作品を手がける。『キッチン』、『アルゼンチンババア』などは映画化されている。

作品一覧

2018/07/27更新

ユーザーレビュー

  • すぐそこのたからもの
    ばななさんは全部読んでいるので、本棚に入れなくてもいいくらいなんだけど、自分がちゃんと響くかどうか試すために読んでいます。自分とは何もかも違うのに、文章には必ず響くところがある。webより書籍の方が響くから、何かマジックがあるのかな。
  • すばらしい日々
    両親の死など内容は悲しいものも多かったが、それでもばななさんの優しさが溢れる作品。
    エッセイなのに涙を堪えながら読んだ。
    潮さんの挿絵(写真)も素晴らしかった。
  • スウィート・ヒアアフター
    どうしてあの災害を想いながらこんなに温かい作品が描けるのだろう、とあとがきを読みながら不思議でならない。
    ただただ大好きな作品。
  • デッドエンドの思い出
    出てくるフレーズがやさしくて、大切にすくいあげたくなる。何度も何度も読んでいます。

    『幽霊の家』まちの素敵な洋食屋さんの娘せっちゃんと人気のロールケーキ屋さんの息子岩倉くんのお話。将来なんてわからないけど、このままじゃだめだとかよくわからないもやもやした気持ちになったときに読みたい本。自分の中の「...続きを読む
  • デッドエンドの思い出
    よしもとばななさんの「キッチン」が素晴らしくて違う本も読んでみようとこの本を手にしました。

    どの作品も切なさ悲しさを感じる短編ストーリーだけれど、読後感は温かい気持ちにさせてくれる作品ばかりでした。
    ばななさんの言葉の選び方が細やかで、情景を思い描きやすいですね。