イタリアンばなな 生活人新書セレクション

イタリアンばなな 生活人新書セレクション

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

イタリアをはじめ各国でベストセラーとなっているよしもとばななの世界を、「家族」「食」「身体」というキーワードを手がかりに、翻訳という異文化体験を通して旅する。作家自身による本邦初公開(イタリアのみで発表)のエッセイ、作品の秘密をめぐる作家と翻訳家の初の対談(語り下ろし)も収載。

ジャンル
出版社
NHK出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

イタリアンばなな 生活人新書セレクション のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    イタリア語版のよしもとばななの本を訳していて、エッセイにも数々登場するアレちゃんことアレッサンドロ・G・ジェレヴィーニ氏とよしもとばななさんの共著。イタリアではよしもとばななはとても人気があると聞いていたけれど、実際どういった風に受け入れられているのか聞くと面白いですね。比較文化論ていうんでしょうか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月13日

    他の書籍で紹介されているアレちゃんの本。翻訳の難しさってこういうことなのね。ヨーロッパの人の階層、TPOにここでも触れていてなるほどと思った。ばななさんの書く目的が初めてわかりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    翻訳家アレッサンドロ・G.ジェレヴィーニと吉本ばななの対談、エッセイ。イタリアと日本の感覚の差、相容れる部分など。ははあという本。吉本ばななの作品をあれこれ読んだ後に会った本なので余計面白かった。そしてそのまま吉本隆明×吉本ばななへと流れると更に面白い。時間軸的には逆だけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月13日

    よしもとばななさんの作品に なぜ惹かれるのか

    自分でわからなかったところを解説してくれる


    そうか、そうだったのか と思いながら読み進める


    全部の作品を読んでから これを読んだことで またもう一度 作品を読みたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月23日

    イタリアの暖かさを吉本ばななから紹介してもらった、という感じ。読んでいて暖かい気持ちになった。後半の、ばなな氏の著書の考察が、自分の抱くものと同じだったのがまた良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月12日

    学校行く道で本を読み終えてしまったため帰り道に
    古本で急遽購入、ばななとアレちゃんの対談本。

    エッセイとかではなく、ばななの小説を色々な角度から
    見る、少し学術的な本。特に後半。
    だから後半はほとんど読まなかった。
    好きな作品分析するの興味ない。

    個人的にはエスプレッソの話がよかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ばななさんが彼のことを「アレちゃん」と呼ぶのが何故かとても好きだ。噂のアレちゃんを少し知ることができて幸せ。これを読むときっとエスプレッソが飲みたくなる!そして部屋をちょっと美しくして暮らすようにしたいと思うし、魅力的なイタリア女性のようになりたいと思うだろう!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています