サウスポイント

サウスポイント

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

かつて初恋の少年に送った手紙の一節が、ハワイアンの調べに乗って耳に届いた。「ひとの人生を縫い上げる」キルト作家となった私は、その歌い手とともに、空と海と大地が接するハワイ島最南端の地〈サウスポイント〉を訪ねるが……。世界の果ての、奇跡の恋――楽園の島を舞台に、満ち溢れる生命の輝きと、男と女そして家族の絆を描く。デビュー20周年を飾る感動の長篇。[写真・潮 千穂]

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
250ページ
電子版発売日
2014年07月24日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

サウスポイント のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年01月13日

    この設定、どこかで読んだと思ったら『ハチ公の最後の恋人』の続編ということでこちらも再読中。
    宗教観・説教臭さが他の作品より薄くてすごく好きな1冊でした。
    今の私の心に寄り添ってゆっくりゆっくり焦らずに良いんだと優しい元気をもらいました。

    ★2016年再読
    やはり好きな本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月16日

    「おめでたいカップルの、おめでたい女の子。好きよ。」

    おとなが描く子どもは
    やっぱり少しずるくておとな。

    好きです、ばななさん。
    この方の作風が今はしっくりくる。

    好きだった男の子。
    離れてしまった男の子。
    テトラの家族。
    珠彦の家族。
    キルト。
    ウクレレ。
    そして、ハワ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月17日

    家族のかたちはそれぞれ。
    理想や憧れを持ちすぎてしまうと
    自分が苦しくなってしまうものだと思った!
    その面、珠彦の生き方はとても賢くまたどこか
    切なさも感じる。
    どのキャラクターも魅力的で素敵だったなあ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月29日

    再会の物語。
    ハワイ島行きたい。

    「でも、今を創ることが未来を創るのだ。そうなったらそのときの自分にたっぷり悲しんでもらえばいい。」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月24日

    あの本の続編だったとは知らず、読んでいる途中で気づく。
    よかった。そして、あの本をもう一度読み直してから、もう一回読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月15日

    『本は読めないものだから心配するな』(管啓次郎)で紹介されていたからだけれど、やはり今年はハワイ島に行くとおもう。
    吉本ばななだなぁと思った、久しぶり。恋愛と死がすぐそこにある感じがする。
    あの頃の二人はもうどこにもいない、と歌ったのはユーミンだったかね、だからもういっしょに生きて行くことはできない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月29日

    素敵なお話でした。

    なんで私たちは身の丈に合った以上の幸せを求めてしまうんだろう…そんなことを考えながら読んだ。
    よしもとばななさんの本は、辛いことももちろんあるんだろうけど、いつも満ち足りている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月19日

    よしもとばななさんの本って
    読むとココロが癒される

    これ読んでないなーと手にとったら
    ハワイの話だった
    ハワイ行ったことないけど
    ギラギラする太陽の照り返しとか
    読んでてカラダに感じるようだった

    「ハチ公」の後日談だったんだね
    また改めて読みたくなっちゃった。

    最近、いろんなところでハワイと縁...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月17日

    繋がってる運命の男女の話。

    なぜか出会う。
    何か感じる。

    またしてもハワイは綺麗な色合い。
    行ったことないからわかんないけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月24日

    とてもよかった。
    登場人物それぞれがなんとか心にとどめている、きれいな感情もきたない感情が、ハワイのぎらぎらした光のせいで一つ残らずくっきりと浮き上がってしまう、そんな感じ。
    よしもとばななのスピリチュアルな要素は、合わない時にはほんとに合わないんだけど、今回はとてもいい具合に設定に組み込まれていた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています