デッドエンドの思い出

デッドエンドの思い出

作者名 :
通常価格 519円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

幸せってどういう感じなの?

人の心の中にはどれだけの宝が眠っているのだろうか――。時が流れても忘れ得ぬ、かけがえのない一瞬を鮮やかに描いた傑作短篇集

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年01月29日
コンテンツ形式
EPUB
  • 映画化

    「デッドエンドの思い出」

    2019年2月16日公開
    出演:チェ・スヨン、田中俊介

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年01月13日

読書好きになったきっかけの本。

「幽霊の家」の2人は最終的に結ばれたけれど、どこかに寂しさみたいなものを抱えて生きていくように感じられて、2人でその寂しさみたいなものを温めていくんだろうなぁ、と思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月14日

切なさが苦しくて、でも痛いようにわかる
「おかあさーん!」「あったかくなんかない」「デッドエンドの思い出」がとてもよかった
とにかく泣いた、、、涙で世界が歪んで読めなくなって思わず本を閉じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月21日

*ともちゃんには友達が少なかったが、いっしょに働いている人とか、親とか、勝っていたインコだとか、育てていたポトスだとか、ラブロマンスの映画だとか、大切にしているものが数限りなくあった。大切にしているものがきれいな輪になって周りに存在していることが、ともちゃんの人生だった。
*「幸せってどうゆう感じ?...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月16日

よしもとばななさんの短編集、切ないお話が多かったです。
表題作の『デッドエンドの思い出』は、よしもとさんが自分の作品の中でいちばん好きなものだそうで、「これが書けたので、小説家になってよかったと思います」とあとがきに記されていました。そして、私もこのお話がよしもと作品の中でも1,2を争うほど好きにな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月28日

とくに幽霊の家が好き。
出てくる食事も、周りの人も、みんなあたたかかくてすばらしいです。
私もあんなおじいちゃんおばあちゃんになれたら幸せなのにと思う。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「デッドエンドの思い出」に関連する特集・キャンペーン