「佐々木譲」おすすめ作品一覧

「佐々木譲」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:佐々木譲(ササキジョウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1950年03月16日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

北海道立札幌月寒高等学校卒。1979年『鉄騎兵、跳んだ』でデビュー、同作で文芸春秋・第55回オール読物新人賞受賞、実写映画化もされた。『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞長篇部門・日本冒険小説協会大賞・山本周五郎賞を受賞。その他作品に『エトロフ発緊急電』、『警官の血』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/05/05更新

ユーザーレビュー

  • 暴雪圏
    制服捜査の川久保さんが出て来るが、単なる続編という感じではない、というのも川久保さんは主役ではないから。
    じゃ誰が主役かというと、人物ではなく、3月ごろこの地方を襲う猛吹雪である。

    交通がほぼ完全に遮断され、停電やボイラー故障が頻発し、暖房の効かない建物内や車の中では凍死すらあり得る、猛吹雪の中で...続きを読む
  • 制服捜査
    小説でも映画でも落語でも、フィクションの手法として、ある一定のとこで話を止めて「ここから先は貴方の想像の世界です」みたいな突き放し方するのあるよね。あえて結末を言わずに余韻で深みを出すというか…。

    佐々木譲の小説って、その余韻の手法を多用してると思う。中には「それは余韻じゃなく、おいてけぼり」って...続きを読む
  • 獅子の城塞
    一気に何年も進むペースは呆気なさを感じつつ、人の生涯を語るには一冊ではこうならざるをえないか。交通網が発達するということは文明そのものなんだな。
  • 代官山コールドケース
    道警シリーズ以外でこの作家の作品を読むのは初めて。

    今回の代官山は多少、ワタシも知っているエリア。そのせいなのかもしれないが、読み進むと、情景説明が多さにネガティブな感覚を覚える。思い出せば、道警シリーズも情景説明が多かった気がしてきた。つまり、知らないエリアは情景説明があった方がイメージが湧く。...続きを読む
  • 代官山コールドケース
    17年前の殺人事件の再捜査。
    コツコツと捜査を積み重ねてからの、後半の事件の真相に迫る所はページをめくる手が止まらなかった。

特集