「佐々木譲」おすすめ作品一覧

「佐々木譲」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:佐々木譲(ササキジョウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1950年03月16日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

北海道立札幌月寒高等学校卒。1979年『鉄騎兵、跳んだ』でデビュー、同作で文芸春秋・第55回オール読物新人賞受賞、実写映画化もされた。『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞長篇部門・日本冒険小説協会大賞・山本周五郎賞を受賞。その他作品に『エトロフ発緊急電』、『警官の血』などがある。

作品一覧

2018/11/16更新

ユーザーレビュー

  • 制服捜査
    警察小説は弁護士ものとかと同じく蘊蓄ものに含めるべきかとも思うが
    警察であるという立場が重要で
    医者と医療関係者の違い
    教師と教育関係者の違いともいえるか
    この作品についてはひとのだめちんなところを上手く拾った
    暗黒ミステリとしてまず普通の出来か
    もう少し舞台の特殊さを浮き上がらせずに普通に書けると...続きを読む
  • 暴雪圏
    猛吹雪の日に、暴力団組長宅から現金を奪い殺人を犯した男、不倫を清算したい女、事務所の現金を持ち逃げした男、義父から逃れるべく家出した少女、等々がペンションに集まる。そこに至るまでの警察を含めた個々のストーリー、が絡み合い、エンディングへ向う。佐々木譲の警官の血以来の傑作。
  • 代官山コールドケース
    現在発生した事件を契機に17年前の事件を追ううちに、更に別の事件と繋がる。現在発生した2件の事件発生のタイミングが都合良すぎるかな?って思うけど、後半から中断できないくらいの面白さ。
  • 代官山コールドケース
    1995年、日本中の警察がオウム事件に忙殺される中、代官山で女性が殺害される。その直後、被害者女性の恋人が変死し、彼が犯人ということで事件は決着する。

    それから17年後、川崎市で強姦殺人事件が発生。その現場から発見されたDNAは代官山事件で残されていた持ち主不明のDNAと一致する。

    代官山事件は...続きを読む
  • 武揚伝 決定版(上)
    文庫で、三巻。(上)は、榎本武揚(まだ釜次郎)が開陽丸に乗って、オランダを出発する所まで。勝海舟(まだ麟太郎)が嫌な奴に描かれているのも、印象的。
    幕末に早くも留学し、海外と日本の差異を見る。自分のしたいことと、時代が自分に求めていることを、考える。
    いつの時代も、置かれた状況や立場が違っても、畢竟...続きを読む

特集