若狭勝のレビュー一覧

  • 文藝春秋 2015年 6月号

    イイネ

    10年前から毎月購読していますが、本の整理が大変ですので3年前から電子ブックに変更。もう少し、普通の書籍に比べて安くなるとありがたいですが...
  • 嘘の見抜き方
    いろいろ参考になることが多かった。
    〇嘘がうまい人に多いのが話のすり替え
    核心的な質問をされたとき、直接答えずにはぐらかしたり、過度に一般化した話し方をしたり、逆に同じ質問を投げ返したりする。
    〇プロの嘘つきは視線をそらさない。
    誠実さを表すサインだと世間で認知されているからこそ
    それを逆手にとり、...続きを読む
  • 嘘の見抜き方
    実務上、本当に確信となる見抜き方は伏せられているのかもしれないが、それにしてもすごい。検事の取り調べについて、ここまで書いていいのかと。

    個人的には、橋下徹センセイの逃げ口上の分析に恐れ入った。
  • 文藝春秋2月号

    文芸春秋3月号

    年間購読にしているのですがどうしたら読めますか
  • 嘘の見抜き方
    嘘をつく、嘘つきと糾弾することは容易いが、真実がどこにあるか見つけるには何に着眼すれば良いのかが検事の経験を通じて書かれており、納得させられる内容だった。女性は嘘が上手いというのも分析されておりタメになる。
    「自らにやましい部分があり、その疑いをかけられたとき、真実を全てありのままに話すことができる...続きを読む
  • 嘘の見抜き方
    元トップ検事の立場から、嘘の見抜き方を指南する一冊。

    心理学的なことよりも、実践的な立場からあれこれ語っており、とても勉強になった。
  • 嘘の見抜き方
    「嘘」について深く取り上げられている。
    様々な種類の嘘がどのような状況で出てくるのかが非常にわかりやすく
    まとめられている
    非常に読みやすい一冊
  • 嘘の見抜き方
    26年間、検事として嘘と向かい合ってきた中で、経験的に学んだ嘘の見分け方について書かれている。
    ハウツー本のような明確さはないが、「話の濃淡がはっきりしすぎているのは嘘」など、経験に裏打ちされた話が多く、興味深く読める。
  • 嘘の見抜き方
    元検事が書く、嘘の見抜き方。

    意外だったのは、裁判の証人が偽証すれば罪になるが被告はいくら嘘をついても罪にならないこと。被告、という位置に立たされれば自ずと嘘ぐらいつくだろう、という前提だという。

    嘘の分類とそれぞれの対処法付き。

    嘘をつく時、人は左上を見る、などボディーラングエージから判断で...続きを読む
  • 嘘の見抜き方
    若狭勝の嘘の見抜き方を読みました。

    検事として長く容疑者の嘘と対応してきた著者の嘘についての解説書でした。
    人が嘘をつく理由の分類や、嘘をつく人の見分け方の解説は面白いと思いました。

    ボードゲームの会などでは嘘をつくゲームも遊ばれますが、私は嘘をつくのが下手で真っ先に見破られてしまうので、この本...続きを読む
  • 嘘の見抜き方
    経験を積んだ元検察官が、取り調べ・捜査の心得・留意点を訓示しているような内容。語られていることは、どれも至極もっともなことで、さほど目新しいことはない。問題はそれを実際の事例にどう生かすかだが、それにはやはり専門的な訓練と経験が必要だと思う。つまり、この本を読んだからといって、嘘が見抜けるようになる...続きを読む
  • 嘘の見抜き方
    元検事の若狭さんが、その検事の経験を基にした嘘を見抜く方法・嘘の種類などを解説した本。検事という特殊な仕事柄、さまざまな嘘に出会ってきた経験談はなるほどと声を上げてしまう。
    もちろん、そういった特殊な状況で出てくる嘘の例なので、それをそのまま日常の中に使用することは難しいし、事細かく方法論が書いてあ...続きを読む