「森絵都」おすすめ作品一覧

「森絵都」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/04更新

ユーザーレビュー

  • みかづき
    それぞれの登場人物が、
    いろんな考え方と立場で一生懸命に『教育』に取り組んでいる。

    波乱万丈で悲しみの場面もあるが、
    最後は温かく幸せに読み終えた。夢中になれる小説でした。
  • みかづき
    初読み作家だが、圧倒された。

    この本はもっと早くから読みたかった。
    頁開いて、二頁めから感動した。ふつうはだらだら人物の周囲の描写が続くが、著者が言いたいことが、吾郎と千明のやりとりでばんばん出てくる。

    私塾創業から孫まで三世代ファミリーヒストリー。
    夫婦、親子、同業者、さらには師弟との確執。文...続きを読む
  • みかづき
    面白かった。塾と言う舞台にラブストーリーが踊る。主人公達自身もさる事ながら、周りの子ども達との関係性が時代を表しているなぁと思った。
  • みかづき
    学校と塾を太陽と月に、教育そのもの、人の心を月に喩え、満ちることのない月を描いています。
    教育現場の移り変わりを、現実を丁寧に追いながら書いているので、創作部分まで真実の様な気がしてしまいました。
    尖るにしても三日月の様に美しく鋭く尖れればいいのでしょうね。
  • みかづき
    正直はじめは主人公のだらしなさに嫌悪感を抱いてしまい読みづらさを感じました。
    けれど、読み進めるうちに主人公を含め登場人物たちの魅力にどんどん惹かれていきました。
    塾の歴史や塾と学校との関係、時代によって変わる子供達の性格などが決して重くは無く軽くも無くちょうど良い読みやすさで描かれていた気がしまし...続きを読む

特集