みかづき

みかづき

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「私、学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです」 昭和36年。人生を教えることに捧げた、塾教師たちの物語が始まる。胸を打つ確かな感動。著者渾身の大長編。小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になった吾郎。ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲い――。 阿川佐和子氏「唸る。目を閉じる。そういえば、あの時代の日本人は、本当に一途だった」 北上次郎氏「圧倒された。この小説にはすべてがある」(「青春と読書」2016年9月号より) 中江有里氏「月の光に浮かび上がる理想と現実。真の教育を巡る人間模様に魅せられた」 驚嘆&絶賛の声、続々! 昭和~平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動巨編。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
624ページ
電子版発売日
2018年11月30日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB
  • ドラマ化

    「みかづき」

    2019年1月16日~ NHK総合
    出演:高橋一生、永作博美、工藤阿須加

みかづき のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    ■熱い気持ち。
    ■子供には自分で考える力を。
    ■しっかりした女性は良いが、
    しっかりしすぎてしまうと...
    孤独を感じてしまうことも。

    教育について勉強になったし、
    三姉妹の性格の違いがうまく描かれていて
    面白かった!

    私も学生時代やってた塾講師、
    またやりたくなりました(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    塾を経営していく家族のお話。働くことについて、家族について、教育について考えさせられる内容。とても読み応えがあって、泣ける。読んでよかった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月07日

    2020.4.7
    たくさん気付いていなかった事に気付かせてくれました。教育の大事さ、家族の影響、信念を貫く格好良さ。学生時代の担任の苦労。人生の味。
    自分もたくさん逃げたり、貫いたり、色々な人や出来事に影響されてこうなっているんだなと。
    すぐに結果は出なくていい。信念さえ貫けばいつか自分が諦めれる所...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月22日

    親子三代にわたる塾のありかた、教えるへのありかた、すごく面白かったです。主人公の信念や、時代の移り変わりも面白いです。教育にもっともっと興味を持った一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月16日

    2020/2/16
    以前から気になっていてようやく読むことができました。内容がとてもボリュームがありますが、とっても読みやすくて続きがどんどん気になって引き込まれていきます。
    内容は塾について焦点を当てた吾郎、千秋夫婦から始まり、その娘、孫までの三世代に至るまでの塾の経営者という視点からみた物語です...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    子供の教育というテーマに向き合う3世代の一族の話。自身が生徒として体験してきた時間と重なることも多く、「あぁ、そうだったな」と懐かしく感じることもあれば、時代背景への無知さ、無関心さに今更ながら恥ずかしくなる部分もあった。
    50年という長い年月と広範囲に渡るテーマを、一族のそれぞれ異なるキャラクター...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月15日

    教育の世界を塾側の目線からつきつめた対策。
    戦後すぐの時代に、それまでなかった「塾」というものを、教育への熱い思いから立ち上げた女性の物語から始まる。
    勉強についていけない子供たちや、間違った学校教育の犠牲になり、自分のアタマで考えられなくなっている子供たちに、生きる力を授けたいと始めた「塾」だった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月04日

    戦後から現代に至る塾業界の栄枯盛衰を千葉で塾を営む女系家族に入り込んだ吾郎とその妻 千明を中心に教育のあり方や家族の葛藤、文部省との対立などを中心に親子三代に渡る教育に対する取り組みを描いた物語。
    時代背景やそれぞれの教育への思いや進学塾か補習塾か、落ちこぼれに対する接し方など実に繊細な描写が筆者ら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月19日

    さまざまな形で教育に携わり続けた親子4代の戦後〜現代までの変化を描いた小説。

    日本における教育制度・行政の変化と、それに翻弄される塾業界がどのように変化してきたが細かく描かれていて、めちゃくちゃ面白かった。
    家族内の絶妙な関係性とかも丁寧に描かれていたと思う。

    章ごとの区切りも分かりやすいし、テ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月16日

    知らないうちに当たり前と思っていたことがまだまだ未完成だったんだ、と腑に落ちた。
    教育という軸で、みんなが日本のためを想って、正解も不正解もない未来を手繰り寄せている小説。みかづきという名の通り。
    正解を見せられるのではなく、今後どうしていく?という問いかけのような小説だった。新しい読後感。

    勉強...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています