いつかパラソルの下で
  • NEW

いつかパラソルの下で

作者名 :
通常価格 565円 (514円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

厳格な父の教育に嫌気がさし、成人を機に家を飛び出していた柏原野々。その父も亡くなり、四十九日の法要を迎えようとしていたころ、生前の父と関係があったという女性から連絡が入り……。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2020年05月20日
紙の本の発売
2008年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

いつかパラソルの下で のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年09月24日

    なぜか森絵都さんの小説は、大人が主人公の物ばかり手にとってしまうのですが、本作もやはり自分の好みにドンピシャでした。

    厳格と思われた亡き父の、思わぬ過去。その謎を解き明かしに子供達は東奔西走-と言ったところが大まかなプロット。しかしその彷徨はいつか自分探しの旅へと変じ、誰もが抱えていた屈折や避けて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月28日

    ちょっと大人な森絵都です。

    登場人物も、20歳をとっくに過ぎた兄妹3人。
    それぞれが「異様に厳しかった父の呪縛」に
    取り憑かれているんだけれど、その様子が滑稽でもあり、哀しくもあり。
    3人それぞれが「父の子ども」であることからすこしずつ解放されて自分自身のありかたを実感していく後ろ姿がとてもいい。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月04日

    森絵都さんが描く世界は、卑屈だったり、共感できないような主人公が、物語のラストにはすっかりのめり込んでしまうから不思議だ。
    ストーリーの大筋は、父の死をきっかけに、生前の父の人物像が気になった、3人兄妹は父の故郷である佐渡島へ向かうことを決断するところから始まり、生前の父の人物像を明らかにすることで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月11日

    うまくいかないことを誰かのせいにしても仕方がない。終わったことはいずれ風化するので前向きに行こう!と元気をくれるお話でした。娘に読んで欲しい小説です。しかし性にあからさまばところもあるので、気恥ずかしくてオススメしにくいは難点。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月09日

    森絵都が初めて大人向けの小説を書いた。
    性描写をも含むこの小説は、昔からのファンを驚愕の余りのけぞらせてしまったと、ひところ話題になったものでした。
    でも実際に読んでみたら、あらやっぱり森絵都は森絵都だわ。いい意味で。

    厳格でも怠惰でも、親っていうのは子どもにとって絶対だ。
    「こんな親はいやだ」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月31日

    父親の一周忌をきっかけに集まった3人の兄妹
    彼らがゆかりの土地や、かつて交流のあった人々に出会い
    厳格だった父親の過去を紐解いていく中で
    バラバラだった家族に絆ができていくというストーリー

    起承転結がしっかりしていて、読みやすくおもしろい
    森さん独特の温かくさわやかな作品

    佐渡島が気になる〜
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月04日

    ありふれた日常と
    少しの非日常と
    心の揺れと傷と幸せが
    たくさんつまった話だった。

    気分上々!の方が好きだけど
    これもこれでいい小説だった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月18日

    久しぶりに読んだし、一般は初めてだったけど、やっぱり森絵都さんの作品は好き。大人向けの話で最初はとっつきにくかったけど、読み始めるとのめり込んだ。大筋はそんなに好きな話ではなかったので、それでも読ませられたのはやっぱり森さんの表現力に惹かれているからだろうなあと思う。また別の作品も読みたいし、「宇宙...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月27日

    再読のはずだけど、内容覚えてなかった。冒頭部分はなんとなく記憶に残ってるけど。

    何らかの欠陥を抱えた家族だけど、最終的にはささやかな幸せを感じられるなぁと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月22日

    読みやすい文章で、ゆるっとした少し冷めた目線で書かれた小説。
    ちょっと男性受けはしないかも…。

    事故死した父の死後、浮気が発覚。それだけでも厳格な父からは予想外の事なのに、相手の女性から発せられた父が絶倫との事実。
    父の足跡を辿る3人の兄妹の行き先は…。

    主人公の野々が、少女漫画に出てくる感じで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています