カラフル

カラフル

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

老若男女に読み継がれる、不朽の名作。

生前の罪により輪廻のサイクルから外されたぼくの魂が天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。
真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになる……。

実写映画、アニメにもなった、累計100万部突破の青春小説!

解説・阿川佐和子

※この電子書籍は1997年7月に理論社より刊行された単行本を、文春文庫より文庫化したものを底本としています。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2020年04月17日
紙の本の発売
2007年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2022年05月21日

    生前に侵した罪を見つけるために、別人の人生に入り込むというシチュエーションが面白いなと思った。 
    他人の人生だと思うと、残念なことが起こっても客観的に考えて冷静な選択ができたり、幸せに気づくことができたり、、、取り巻く環境をもとに、もとの身体の持ち主のことをどんな人間だったのか主人公と同じように考え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月21日

    おもしろかった!
    結末がわかる前に予想できてニヤニヤしちゃった
    さくさくよめました〜
    一気読みにおすすめ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月14日

    学生時代に読んだけど懐かしくなり再読。
    知らないうちに価値観とか物の捉え方とかが変わってることに気づいた。家族の表と裏の姿とか友達との付き合い方とか当時は見えなかった部分が鮮明に見えた。
    人間ってやっぱ弱い生き物なんだなぁと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月29日

    小説や活字が苦手な人でも手に取りやすい1冊だと思う。
    私は中学1年生の頃にこの小説をはじめて読んだ。
    幼い頃から絵本を好み、それから、たくさんの児童書を読んではいたが、ちゃんとした小説らしいものを読み、本に対して更にハマった作品だったと思う。

    会話文が多く読みやすい。
    それでいて、思春期真っ只中の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月24日

    小学生か中学生の頃に読んで10年くらい経った今でも一番印象に残ってる本の一つ。自分にとって不都合なこととか、知りたくないことを一気に知りすぎるとキャパオーバー。しかも、中学生の主人公にすごく共感できるので読みやすかった。
    【カラフル】というタイトルを理解できた時、本当に感動した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月17日

    意外すぎる初読。

    途中でしんどくなって置いたけど、一晩で一気読みした。
    なにがしんどいって、母親の幼稚さかな…(笑)。

    幼稚というか…、母親はひとりの女性なんやけど、彼女に対してだけみょうに辛辣やなと思ったら著者は女性と訊いて
    「なるほど」
    と、なってしまった。笑

    しかも、たぶん、お若いのでは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月13日

    初読。
    YA作品の名作というイメージが強くて、主人公の年齢でもある中学性時代の子向けだろうと侮っていたら、最終的には感銘を受けました。
    YA世代にはもちろんどの世代にも響くのは、 「生きる意味」 という普遍的なテーマを扱っているからかなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月31日

    カラフル、さまざまな色と言うのは、ただ存在していることが重要なのではなく、色々な色を見る力を育てていくことがもっとも大事なのかもしれませんね。最後の一ページまで楽しみました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月29日

    高校生の頃に読んだ本を再読
    あの頃とはまた感じ方が違っていて、大人になったんだな〜と実感した
    その後も森絵都さんの本は何冊か読んだことがあるけど、やっぱりこれが1番好きかも

    学生時代は自分の中の何色にも染まっていない真っ白なキャンバスに色をつけていく時期なんだっていうセリフに惹かれたのを思い出した...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    深い

    jn 2022年02月14日

    子供の頃に読んで、ずっと記憶に残っている本です。
    また読みたくなって電子で買いました。
    大きく場面が動くわけではないんですけど、じーんと心に響きます。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング