「西川美和」おすすめ作品一覧

【西川美和】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/26更新

ユーザーレビュー

  • 映画にまつわるXについて2
    やはり西川美和のエッセイはすごくよい。向田邦子好きならおすすめ。映画の裏話満載なんだけど、初めて観てから読んだのですごく楽しめた。主演の本木雅弘からのメールは特にすごく踏み込んでいる。面白すぎる。こんな人だったんだ。
  • 映画にまつわるXについて2
    もしかして私たちは、撮られる人たちを、心のどこかで軽蔑しているのだろうか?よくもまあ、こんなことができるもんだな、と。まるで娼婦を抱きながら、娼婦を愚弄する男のように。そんな女に抱いてもらって、自分は生かされているくせに。

    他の表現でも、男っぽいつぶやきみたいものをさし挟む。そこがとてもぴったりく...続きを読む
  • 永い言い訳
    ■もう一度、ボクは妻を愛する。

    冷めた関係をつづける夫婦と、愛する子どもたちと和やかに暮らす夫婦。高校の同級生だった互いの妻たちはある日、バス事故に遭う。「僕は妻を愛していたのか?」その疑問がやがて家族のカタチを変えていく。

    冷めきった妻との関係、歪みはじめた父子関係、子どもの内側からの叫びに気...続きを読む
  • 映画にまつわるXについて
    自分の中にある、醜さ、いやらしさ、至らなさを露悪的に描く人なんだろうか。
    書き物に共感を覚えるけれど、実物の西川さんは、すらりと立っていて、同世代の冴えないおっさんの共感など峻拒するんだろうな。
    なんだか、太宰治の恥、みたいな感想になってしまった。
    また、この本の「足りない女」というエッセイに書かれ...続きを読む
  • 永い言い訳
    ある日突然妻が死んだ。

    親友と旅行中バスの事故で突然妻が死んでしまうが、そのとき夫は愛人といた。

    冷めきった愛のない夫婦。

    愛する妻を失い悲しみに更ける夫を演じる作家のぼくは、ともに亡くなった妻の親友家族とひょんなことから一緒に過ごすようになる。

    妻夏子と親友ゆきの死について、それぞれの視点...続きを読む

特集