鹿島茂の一覧

「鹿島茂」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

文藝春秋2021年6月号
NEW
880円(税込)

作品一覧

2021/05/10更新

ユーザーレビュー

  • NHK「100分de名著」ブックス パスカル パンセ

    気晴らしの効用

    ・人間の不幸というものは、部屋の中に静かに休んでいられないことから起こるものだ。
     生きるために十分な財産を持つ人ならば、もし彼が自分の家に喜んで留まっていられさえすれば、
    なにも危険を冒し、冒険することはないだろう。社交や賭博の気晴らしを求めるのも、じっとしていられないからである。
    ・病や死...続きを読む
  • 世界史に学ぶコロナ時代を生きる知恵
    お気に入りの2人の対談集。コロナ禍の中、目の前のことばかりが話題となっている今日、ちょっとだけ引いて、世の中を俯瞰してあります。出口さんが良く言われる「ヨコとタテ」でこの時代を見つめ、未来に何を残すのか、残すべきなのか。2人の冷静な語り口で未来への明るさを感じさせて貰いました。
  • 「レ・ミゼラブル」百六景
    19世紀フランス文学、文化研究者による、図版入りレミゼラブルの解説。

    原作は読んでおらず、子どもの頃に抄訳を読んだり、ミュージカル映画を観たきりで、全体像がわかっていなかったので、本作をよく知ることができ、大満足。

    それにしてもルイナポレオンとか、7月革命とか、パリコミューンとか、フランス近代史...続きを読む
  • クロワッサンとベレー帽 ふらんすモノ語り
    フランス発の物の起源が書かれた本。豆知識が増えて面白い。さらに起源の詳細を調べても、90年代に書かれた物なので、ネット上にも情報がなく、歴史から消えていく過程にある物もあった。
  • ドーダの人、森鴎外 踊る明治文学史
     冒頭「軟ドーダの元祖・成島柳北」、漢文読み下しのような引用文に辟易する。「置き字」なんて久々に復習した。
     続く「外ドーダでい続けた坪内逍遥」からは引用文もわかりやすくなった。
     そこから後の森鴎外編、引き倒される独裁者の銅像の如く、私の中で鴎外神話がガラガラと崩壊した。
     副題「踊る明治文学史」...続きを読む