「伊集院静」おすすめ作品一覧

「伊集院静」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:伊集院静(イジュウインシズカ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1950年02月09日
  • 出身地:日本 / 山口県
  • 職業:作家

立教大学文学部日本文学科卒。1981年『皐月』で作家デビュー。『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞を受賞。『受け月』で第107回直木賞受賞。『機関車先生』、『ごろごろ』、『大人の流儀シリーズ』など数多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
週刊文春 10月19日号
NEW
文藝春秋2017年11月号

作品一覧

2017/10/16更新

ユーザーレビュー

  • 大人の流儀
    割に合わないって?
    人生というものは総じて割には合わないものだ。
    そういうことを平然と受け入れて生きるのが大人の男というものだ。
  • 女と男の品格。

    万能特効薬!

    誰にでも人生に大きくつまずく事がある。1年たっても10年たっても苦しみ、答えを見つけられないとしたら…本書は有効である。しかし他者への回答例の中に自分にピッタリ当てはまるのがある訳もない…にもかかわらず有効なのである。心を病み、カウンセラーが必要になったとしたら…いちばん良いのは、自分で自分をカウン...続きを読む
  • さよならの力 大人の流儀7
    夏目雅子が大好きで手に入れたわけですが…。予想以上に内容が沁みました。アラフォー以上、あるいは大切な人との別れを経験した人にはオススメです。
  • 不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life
    2016年、42冊目です。

    このシリーズも6冊目になります。
    毎回、読んでいますが、必ず、いくつか私の琴線にふれる文章がある。
    最近、伊集院静が小説家になる時に、6年間のホテル住まいをしていた「なぎさホテル」という作品を読んだが、こんなに苛烈な前半生を生きた人なんだと改めて思いました。その上で、こ...続きを読む
  • 不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life
    有難いことに自分のとても近しい存在が亡くなったという経験がそれほどない。
    祖父母の死には直面したが、それなりの歳だったこともあり、その哀しみはしばらくして癒えた。
    出逢った以上、別離の心構えはしておかないといけないなと感じた。明日が保証されていないという現実が非現実的で、これまで考えてこなかった。こ...続きを読む

特集