いろいろあった人へ 大人の流儀 Best Selection

エッセイ・紀行3位

いろいろあった人へ 大人の流儀 Best Selection

作者名 :
通常価格 810円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

累計170万部突破! 国民的ベストセラー『大人の流儀』シリーズより珠玉のエッセイを抜粋。人は何かを失って、何かを手にする……。そして、あなたの困難、悲しみにもいつか終わりが来る。最後の無頼派作家が送る、希望と勇気、励ましの一冊。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
週刊現代
電子版発売日
2018年03月13日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

書店員のおすすめ

ベストセラー『大人の流儀』シリーズより抜粋して編集されています。淡々とした優しい文章で、幼いころから現在まで、様々な場面での出逢いと別れが書かれています。親しい誰かを失うことは、誰もが体験しうることであり、身を切られるような悲しい気持ちになります。著者自身もそのような悲しみを感じながら、その一方で、生きていること、出逢えたことの素晴らしさも語ってくれます。家族、著名人、偶然に関わった人も含め、様々な人々とのエピソードは、私たちは一人ではないということも教えてくれるのです。心を支えてもらえるような一冊。

Posted by ブクログ 2018年05月27日

著者の考え等のすべてに同意できるわけではないけれど、最後の最後の1行が、とてもとても深くこころに入り込んできた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月11日

大切な人との別れを主テーマにした珠玉のエッセイ集だ。「生きていた力がある」「サヨナラニモチカラガアルンダヨ」という言葉には亡くなった人への敬意と生きていく自分たちへのエールを感じる。人間としての質と言うか格が違う感じ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年05月06日

2018年、16冊目です。
読みながら、どの文章も読んだ記憶がある。
確かに以前読んだよな。
「大人の流儀」シリーズには、過去にも同じ素材を基に
文章が書かれていることがあるので、そういったことの続きだろうと思ったいた。最後まで読んで、「さよならの力 大人の流儀7」より抜粋、再編集と書かれていて、そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月15日

文春の連載をずっと読んでいて、重い話でもじっとりとしつこい感じではなく、冷静に淡々とした文章にしてしまう筆者の表現が好きだった。
書店のポップで久しぶりにお顔を拝見したのと、いろいろあった人へというタイトルに惹かれて手に取った。
前の奥様や弟さんの死など、ご本人自身がいろいろご苦労されたのだと思うし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月05日

20180405 今の時季にちょうど良いテーマを集めた様に感じた。別れと出会い。その瞬間ではなく永い時があってわかる事を経験から語ってもらっている様でためになります。自分の基準になる人なのでブレない事が改めて感じられた。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play