内館牧子の一覧

「内館牧子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:内館牧子(ウチダテマキコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1948年09月10日
  • 出身地:日本 / 秋田県
  • 職業:脚本家

武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒。代表作品に、NHK連続テレビ小説『ひらり』、『私の青空』、大河ドラマ『毛利元就』などの作品を手がける。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2021年2月号

作品一覧

2021/01/09更新

ユーザーレビュー

  • 十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞
    大学時代は源氏物語を専攻し、いまや作品の魅力を教師として伝える立場にあるが、もう少し一人一人について目を向け、研究したかったなあという気持ちになった。

    弘徽殿の女御は、一般的には意地の悪い女として描かれがち。だけど、そこに着目した作者は素敵だし、すごいと思った。それは、その勇気と愛情に対してだ。
    ...続きを読む
  • 今度生まれたら
    老人3部作。脚本家出身だけに引き込むの上手だけど、あまりにドラマチックな佐川一家。結論は一度は諦めた趣味をブラシアップして社会貢献?学校に行こうか。「今度生まれたら」より今なのだ。何があるか分からない先々のために今を犠牲にするほどバカなことはない。ただ動く!前に出る!
  • すぐ死ぬんだから
    うちのおかん(60歳)周りでこの本が流行ったらしく、「久しぶりに本を一気読みした!すごくおもしろかった!!」と絶賛していたので読んでみた。おもしろかった!

    「いつもウィッグつけて、化粧してるってことは、いつも見せてる姿がホントなんだよ」
    「よく言うだろ。一生、偽善者で居続けたなら、その人は善者であ...続きを読む
  • 十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞
    いやー、面白かった。
    結構なボリュームだけど一気読みしました。

    源氏物語の世界に入る。
    光源氏ではなくて、女御がメインなのが面白い。
    現代人が主役なのも面白さの一つだと思います。
    今と1000年前を比べるから、急に親しみが持てました。登場人物も古典で知っている源氏物語とは違って、人としてすごく魅力...続きを読む
  • 終わった人
    人生のソフトランディングの仕方。他人に人生のカードを握られない大切さ。過去に囚われたりしがみついたりする惨めさ。今、この年齢で読んでおいて良かった。どうやって生きたいか、何を大切にしたいかを考えるキッカケになる。仕事でのやりがいや面白さにのめり込むことももちろん理解できるけど、盲目的にそれだけになっ...続きを読む