「内館牧子」おすすめ作品一覧

「内館牧子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:内館牧子(ウチダテマキコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1948年09月10日
  • 出身地:日本 / 秋田県
  • 職業:脚本家

武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒。代表作品に、NHK連続テレビ小説『ひらり』、『私の青空』、大河ドラマ『毛利元就』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年7月号

作品一覧

2018/06/09更新

ユーザーレビュー

  • 終わった人
    映画を観終わって、本書を購入。一気に読破。
    定年は、まだまだ先ですが、むしろ早く定年にならないか・・・と思っている自身の状況を自戒か・・・。
    逆に定年までにやり切っておくこと、ソフトランディングも想定しておくこと、その後の生き方も考えておかないければ・・・と。
  • 終わった人
    定年退職を生前葬と捉える主人公、田代壮介63歳が定年後再雇用を断り、新しい生き方を模索しながらも結局は自尊心を満足させる仕事から頭が離れず、''成仏"出来ずにいた。そんな時ひょんなきっかけであるベンチャー企業から、東大法学部卒の元エリート銀行マンの肩書きを買われて顧問になり、そして社長の急死により社...続きを読む
  • 終わった人
    主人公は出世コースから外れ、メガバンクの子会社の役員を経て定年を迎えた男性のそれまでの人生と、その後の生き方について記された小説。
    今年映画化されるから、という興味本位で読み始めた。が、蓋をかあけてみると自分が今置かれている状況とかなり重なる部分がある。
    定年を迎える年齢ではないが、自分の思った通り...続きを読む
  • 終わった人
    「余生を楽しむ」というのは、案外難しい。特に仕事一筋だった人に取ってはそうなのだろう。自分はまだ現役世代だが、急に仕事がなくなったら、主人公のように露頭に迷うかもしれないなと考えた。引退=楽ではなさそうだ。一生夢中になれる何かがないと、引退後の生活はただただ暇な苦痛なものになってしまうかもしれない。
  • 十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞
    源氏物語のパロディ的作品。
    今まで読んだ源氏物語関係の小説で一番面白かった。
    源氏物語の主人公「光源氏」を裏から見て、オリジナルでは悪役とされる弘徽殿の女御からの視点で物語が進んでいく様は圧巻。
    近日のディズニーをはじめ、「ヒール」役に光があたることがトレンドだが、ヒール役から物語を眺めるのもまた一...続きを読む

特集