中川右介の一覧

「中川右介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2022/11/30更新

ユーザーレビュー

  • 国家と音楽家
    長年のクラシック音楽ファンであれば、ほとんど知っている話ばかりだが、わりとしっかりと、それでいて要点を押さえて一冊の文庫本にまとめてある。かつては三浦淳史さんあたりがレコード芸術に紹介していたような話だが、近頃は見かけなくなっている。(いまは熱心な読者ではないので断言はできないが)
    クラシック音楽を...続きを読む
  • 国家と音楽家
    ヒトラーとワーグナー、ケネディとバーンスタインなど、それぞれ名前としては知っていた人たちがこんな風に関係を持って生きていたということを知り、最後まで面白く読み切ることができた。
    特に今はロシアとウクライナの問題が勃発中だが、この本でそれぞれの背景なども知ることができて、また違う見方ができるようになっ...続きを読む
  • プロ野球「経営」全史 球団オーナー55社の興亡
    経営者の視点からのプロ野球球団史。鉄道、映画会社から流通、ITへ。時代を反映した閉鎖的な社会を概観した力作。

    何より分量の多い作品。プロ野球の誕生から今日まで、球団の歴史つまりは親会社の歴史。ある意味球団のオーナーは時の名士であるので、そのまま日本政治の裏面史となっているところが何より興味深い。閉...続きを読む
  • プロ野球「経営」全史 球団オーナー55社の興亡
    小さいころから慣れ親しみ、プロスポーツといえばプロ野球として、純粋に選手、チーム、試合を見ていた子供の時から、球団とは会社であり、それもまた、スポーツとは関係のない企業が経営していることをいつの頃からか漠然と知った時に、とても不思議な感覚にとらわれたことを思い出した。さらに、好きな球団、スター選手、...続きを読む
  • 第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話
    第九の完成から、初演、さらにそれからの他の作曲家の作品へ及ぼした影響、翻弄される楽団や指揮者の物語を経て、2001年に直筆の楽譜が世界遺産に登録されるまでを綴ったノンフィクション。
    いかに第九が人類にとって重要で特別なのかがよくわかる。
    僕個人としては、曲が完成してから、ベートーヴェンが初演の手配や...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!