市川雷蔵と勝新太郎

市川雷蔵と勝新太郎

作者名 :
通常価格 2,860円 (2,600円+税)
獲得ポイント

14pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

市川雷蔵と勝新太郎ともに一九五〇年代から六〇年代にかけて、大映、いや日本映画界を支えた俳優である。

歌舞伎から映画へ移った俳優たちはみな、世襲と門閥で配役が決まる歌舞伎の世界ではいい役につけず、映画という新天地を目指した。そして雷蔵の死と大映の倒産で「時代劇映画の時代」はとりあえず終わり、残った時代劇スターたちの活躍の場もテレビへ移行した。雷蔵と勝は、歌舞伎から映画へ移り成功した最後の世代だった。

はじめに
前史
第一部 関西歌舞伎の凋落
 第一章 脇役の子 一九三一年~一九五一年
 第二章 歌舞伎役者・市川雷蔵 一九五二年~一九五四年
第二部 長谷川一夫を追う者たち 一九五四年~一九六二年
 第一章 注目されないデビュー 一九五四年
 第二章 雷蔵の飛躍 一九五五年
 第三章 量産時代の始まり 一九五六年
 第四章 開く差 一九五七年
 第五章 日本人が最も多く映画を見た年 一九五八年
 第六章 忍び寄るテレビ 一九五九年
 第七章 それぞれの転機 一九六〇年
 第八章 悪名 一九六一年 
 第九章 座頭市と忍びの者 一九六二年 
第三部 両雄並び立つ 一九六三年~一九七一年
 第一章 カツライス時代の幕開け 一九六三年
 第二章 新しい取り組み 一九六四年
 第三章 第三のシリーズ「若親分」「兵隊やくざ」 一九六五年
 第四章 第四のシリーズ「陸軍中野学校」「酔いどれ博士」 一九六六年
 第五章 勝プロ創立 一九六七年
 第六章 雷蔵倒れる 一九六八年
 第七章 雷蔵無念 一九六九年
 第八章 雷蔵のいない大映 一九六九年~一九七一年
終章 生ける伝説 一九七二年~一九九七年
あとがき
市川雷蔵・勝新太郎・長谷川一夫 出演映画リスト
参考文献

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2021年09月29日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
43MB

市川雷蔵と勝新太郎 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月05日

    筆者独特の、取材無し、記録と文献から作りだす一代記。起こったこと、書かれてあることのみに焦点をあて、それを筆者の解説(とはいえ筆者フィルターがかかりすぎているわけではなく、確かにそうとしか見えない解説)とともに読み進められる。

    映画の隆盛から衰退までのあっという間の15年間(1955年~70年)を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月14日

    歌舞伎から映画へ移り成功した最後の 世代、市川雷蔵と勝新太郎――

    市川雷蔵と勝新太郎はともに一九五〇年代から六〇年代にかけて、大映、いや日本映画界を支えた俳優である。

    歌舞伎から映画へ移った俳優たちはみな、世襲と門閥で配役が決まる歌舞伎の世界ではいい役につけず、映画という新天地を目指した。そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川書店単行本 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング