読解!「ドラえもん」講座

読解!「ドラえもん」講座

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

国民的マンガ『ドラえもん』。この有名すぎるマンガの裏には、現代社会を予見したかのようなテーマが隠されている。
藤子・F・不二雄が描いた人間ドラマは、世の中の縮図だ!

なぜ、「クラスでいちばんかわいい女の子」しずかちゃんは、凡庸なのび太の妻となるのか?
なぜ、ジャイアンとスネ夫は、必ずタッグを組んでのび太をいじめるのか?
なぜ、のび太は、いじめっ子と絶縁する道を選べないのか?
なぜ、ドラえもんは、のび太を助けに学校には行けないのか?
なぜ、『ドラえもん』世界の住人は、ドラえもんが歩いていても驚かないのか?

世代論、女性学、政治学、教育論、郊外論……。『ドラえもん』を多角的に読み解けば、現代社会が見えてくる。
もしドラえもんが大学のテキストになったら? 楽しく読める「ドラえもん」講座!

※『源静香は野比のび太と結婚するしかなかったのか』(PHP新書)を加筆のうえで、文庫化。

――――――――――――――――――――

本書では、『ドラえもん』をいくつかの角度から論じていく。
『ドラえもん』が描くもの、とくに「ひみつ道具」については、現実世界には存在しないものであり、たとえ二十二世紀になっても実用化不可能と思われるものが多い。とくに、タイムマシン系、多元宇宙系、空間ワープ系のものがそうで、まさに、奇妙奇天烈・摩訶不思議、奇想天外・四捨五入なものだ。
ところが、『ドラえもん』で描かれる人間関係は、現実世界の縮図でもあり、デフォルメでもあり、さらには、何かを隠蔽することで主張しているとも思われる、奥の深い、とても出前迅速・落書無用なものではない。
本書は、『ドラえもん』のホンワカパッパな社会学的考察である。     (「はじめに」より)

【目次】
はじめに─現実社会の縮図としての『ドラえもん』
本書で論じる『ドラえもん』について

講座1 ドラえもん世代学 ─「ドラえもん世代」は存在するのか
 『ドラえもん』は時代の象徴ではない?
 時代の空気とは無縁の誕生
 アニメ史における『オバケのQ太郎』の位置
 『ドラえもん』までの紆余曲折
 失敗続きのSF設定なのに
 他

講座2 ドラえもん書誌学 ─「六つのドラえもん」作品研究序説
 大全集でパラレルワールドの全貌が明らかに
 いくつもの第一回と最終回が存在した
 ドラえもんとセワシの登場順の微妙な違い
 ドラえもんは六回、登場していた
 なぜCIAはドラえもんを捕獲に来ないのか?
 他

講座3 ドラえもん女性学 ─源静香と「紅一点」のフェミニズム批判
 のび太は義経、ドラえもんは弁慶だった
 紅一点の戦闘美少女・源静香
 男から見て「女はよくわからない」の象徴
 「かわいい女の子」以外の役割がない
 フェミニズム批判は正しいか?
 他

講座4 ドラえもん政治学 ─ジャイアンとスネ夫にみる日米関係
 名前もまた様式である
 民主主義の呪縛
 国際政治学者が認めるジャイアン=アメリカ論
 スネ夫・のび太同盟は必ず破綻する運命にある
 日本政治におけるジャイアン的なるものとスネ夫的なるもの
 他

講座5 ドラえもん教育学 ─のび太は日本最初のスクールカースト被害者なのか
 見えないドラえもんから可視化されたドラえもんへ
 のび太を助けに学校には行かないドラえもん
 災厄の原因としての学校
 「いじめ」そのものを笑いものにする
 『ドラえもん』はいじめのルーツ?
 他

講座6 ドラえもん郊外学 ─なぜ野比家は郊外に住んでいなければならないのか
 のび太はどこに住んでいるのか?
 無国籍でもある『ドラえもん』
 練馬区における現実はマンガを模倣する
 野比家は借家である
 団地ではないが「団地化された郊外」
 他

おわりに─『ドラえもん』とは何か
あとがきに代えての感想文
おもな参考文献

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
文庫ぎんが堂
電子版発売日
2019年09月05日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

読解!「ドラえもん」講座 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月18日

    各学年誌でいつ、何が、どのように連載されていたかがわかる「ドラえもん書誌学」は、ひとつの資料として役立ちそうです。著者の考察に関しては、漫才や落語のネタとしてなら楽しめるかもしれないと思いました。真面目に読めばいろいろ批判の余地はありますが、私個人は「主役はひみつ道具」と思っているひとりで、とりあえ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています