「姜尚中」おすすめ作品一覧

「姜尚中」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

姜尚中 看板

ニュース番組でお馴染み、姜尚中。ミリオンセラーとなった『悩む力』ほか、『心』『母―オモニ―』など多くのヒットタイトルをご紹介。

試し読み無料ガイドはこちら

ベストセラー作品

プロフィール

  • 作者名:姜尚中(カンサンジュン)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1950年08月12日
  • 出身地:韓国 / 熊本県
  • 職業:教授

「カン サンジュン」、通名は「永野 鉄男」。早稲田大学政治経済学部卒、早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。著書に『心の力』、『マックス・ウェーバーと近代』などがある。政治学者。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年10月号

作品一覧

2018/09/10更新

ユーザーレビュー

  • 世界「最終」戦争論 近代の終焉を超えて
    本書の時点で、”まさかないよね”的感覚で語られていることが、現実として起こっている今日。例えば安倍内閣の持続。例えばトランプ大統領就任。普通に考えたらあり得ん事態だけど、何がどうとち狂ったか、そんなまさかを目の当たりにしてしまっている。もっと最悪の事態として、もっとまさかの事件として、第三次世界大戦...続きを読む
  • 人口減少社会の未来学
    個人的には池田清彦氏の生物学的見地からの分析と、井上智洋氏の経済学的見地(といってもこのままじゃ経済が行き詰るっていうのじゃもちろんなくて、AI社会が到来する中での社会分析)の2本が抜群に面白かったです。
  • 人口減少社会の未来学
    池内了の記事がいちばんストンと落ちた。高齢化は、いずれそれらの人々が他界する中で落ち着いてき、いずれは日本人全体が縮小する中で人口ピラミッドはいまほどいびつではなくなる。問題は高齢化ではなく少子化だという。そこまでも射程に入れた議論が大切とのこと。
  • 人口減少社会の未来学
    現実に起こっていることを、正しく把握することは難しい。
    人口減少は、今の日本で確かに起こっています。
    しかし、自分達はまるで台風の目にいるかのように感じます。
    実際、中心以外の外は、凄まじい混乱と今までと違う異質な問題が、
    火山が噴火したかのように、日本のあちこちで発生しています。

    現に、今日も、...続きを読む
  • 人口減少社会の未来学
    人口減少することはわかってる。でもその対策が子供を作る環境っていうのも芸がない。
    むしろ何かを手放し諦めるべきなんだろうと思う