「姜尚中」おすすめ作品一覧

「姜尚中」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

姜尚中 看板

ニュース番組でお馴染み、姜尚中。ミリオンセラーとなった『悩む力』ほか、『心』『母―オモニ―』など多くのヒットタイトルをご紹介。

試し読み無料ガイドはこちら

ベストセラー作品

プロフィール

  • 作者名:姜尚中(カンサンジュン)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1950年08月12日
  • 出身地:韓国 / 熊本県
  • 職業:教授

「カン サンジュン」、通名は「永野 鉄男」。早稲田大学政治経済学部卒、早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。著書に『心の力』、『マックス・ウェーバーと近代』などがある。政治学者。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年2月号

作品一覧

2018/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 悩む力
    無味乾燥に生きる我々にとって、姜尚中氏の第二の人生における横着な生き方がどんなにまぶしいことか。
    マックス=ヴェーバーと夏目漱石の関連は興味深い。ヴェーバーと漱石はあまりに真面目すぎた。だからこそあれだけの傑作を残すことができたのだろう。情報が溢れる現代では悩む時間すらないが、少しだけでいいから自分...続きを読む
  • 逆境からの仕事学
    ラジオで「仕事学のすすめ」を聞いて購入。聞いているときはさらさらと流れた言葉をもう一度受け止めることができた。

    古典を読もう、と書かれた本は何冊も読んできたし、実際そうしたほうがいいんだろうとなぁと思っているけれど、とっつきにくそうで、本屋に行っても手を伸ばせなかった。

    でも、本書で紹介されてい...続きを読む
  • アジア辺境論 これが日本の生きる道
    日米安保の実在よりも、アジア辺境の虚妄に賭ける。一国の国力とは、よりよい未来を創ろうとするヴィジョンの提示力であり失敗から学ぶ復元力である。
  • 悩む力
    都立中学の適正検査問題に出題されていたこともあり読んでみた。問題としては抜粋で使用されているが、一冊を小学6年生が理解するのは相当困難だと思われ、都立中学の壁の高さを実感した。
    内容的には、夏目漱石とウェーバーの作品を参照しつつ、著者の考えを展開している。
    今の時代は、一人一人が真剣に悩むことこそ必...続きを読む
  • 悩む力
    読後、頭の中が少し整理された気がした。
    著者の文章は読みやすく、難解なテーマを柔らかく解説してくれた。

    以下要約である。

    著者では「悩む力」について述べられている。
    今の日本は自由が過ぎて立ち返るものがなく、昔に比べて不幸だということをマックスウェーバー、夏目漱石を引用して分かりやすく解説してい...続きを読む