村井章子の一覧

「村井章子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:村井章子(ムライアキコ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本

『幸福論』(アラン)、『ファスト&スロー』(ダニエル・カーネマン)、 『LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲』(シェリル・サンドバーグ)などの翻訳を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 新ジャポニズム産業史 1945-2020
    竹内まりあの「プラスチックラブ」や松原みきの「真夜中のドア」などの日本のシティポップスが海外に見つけられた、という話題に触れると、なんだかうれしいような気がします。YouTubeでいろんな国の人がとても上手な日本語で「♪私のことを本気で愛さないで♪」なんて歌っているのを見ると、こっちだって単なるリス...続きを読む
  • コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった 増補改訂版
    1960年代後半から起きた、コンテナ普及による物流の革新について触れた本……と書くと本書が物流分野のビジネス書で、物流の仕事をしている人以外には関係がないように思うかもしれない。ただ、その先入観でこの傑作を読み逃すのは、あまりにもったいない。

    コンテナ物流が普及する前は、海運は小口の荷物をバラバラ...続きを読む
  • 絶望を希望に変える経済学 社会の重大問題をどう解決するか
    今までなんとなくそうだろうと思っていたことが、実際のデータに照らすと実は間違っているということがこの本の中には多くでてきた。貿易はどの国にとってもメリットはもたらすわけではないし、移民は受け入れ国の雇用を奪うことはなく、常に賃金を下げるわけではない。移民は仕事があるからといってたくさんアメリカなどの...続きを読む
  • 絶望を希望に変える経済学 社会の重大問題をどう解決するか
    2019年ノーベル経済学賞受賞のインド系米国人とフランス人(おそらく夫婦)の著作。
    様々な視点について最新の学説を紹介しながら、筆者qとしての見解を示している興味深い著作。特にUBIや格差是正などに強い想いがあるのだろうか、踏み込んだ提言が多かった。リベラル的な立場と言って良いと思う。
    面白かった。...続きを読む
  • 良い戦略、悪い戦略
    自分のようなサラリーマンには、経営戦略本はあまり面白く感じないのだが、本書は繰り返し読み返したくなる。
    経営者ではなくても、仕事の場面で、立ち位置や振る舞いを決めていく際の考え方に応用できる部分が多いからだろう。
    良い戦略の基本は「診断」であること。孫子でも「己を知り」と言われているとおり、客観的に...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!