ファスト&スロー (上)

ファスト&スロー (上)

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

我々の直感は間違ってばかり? 意識はさほど我々の意思決定に影響をおよぼしていない? 心理学者ながらノーベル経済学賞受賞の離れ業を成し遂げ、行動経済学を世界にしらしめた、伝統的人間観を覆す、カーネマンの代表的著作。2012年度最高のノンフィクション。待望の邦訳。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ・ノンフィクション
ページ数
376ページ
電子版発売日
2012年12月28日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年05月27日

    プライミング効果
    確証バイアス
    ハロー効果
    メンタル・ショットガン
    質問の置き換え
    少数の法則
    アンカリング効果
    利用可能性ヒューリスティック
    代表性ヒューリスティック
    基準率
    平均回帰
    後知恵バイアス
    妥当性の錯覚

    これらがキーワード。

    システム1、システム2の働きを理解した上で、認知のエラー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月11日

    システム1とシステム2。速い思考と遅い思考。意思決定を行う際にわれわれは直感による速い思考を行っている。直感の出番がない場合には論理で考える。これが遅い思考である。直感は自動的に連想を働かして結論をだす。それは論理的思考でもないし統計的思考でもない。ただうまくストーリーができていればよい。われわれは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月07日

     マイケルルイスの本の主人公であるダニエル・カーネマンによる人間の意思決定の研究を解説した本である。
     マイケルルイスの本を読んだ後だけに、すんなりと読むことができた。実際、ルイス本は、本書の抜粋ではないかと思うくらいだ。
     人間の意思決定は、直感的で感情的なファースト思考のシステム1と、意識的で論...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月17日

    元々行動経済学は非常に興味を持っていた分野で、その創設者でノーベル経済学賞受賞者のカーネマン自身の書いた本ということで、非常に期待を持って読み始めましたが、期待に違わぬ面白さ。長い本でしたが、一気に読み通しました。上巻の第1章では、この本の表題になっている「速い思考」(直感)と「遅い思考」(熟考)の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月04日

    下巻の半分ぐらいで挫折した

    まあそうだろうという結論に
    心理学実験の詳細な裏付けがあり
    そこがただの自己啓発本やビジネス書とは
    ちがう
    ただいちいちなるほどと思うのだが
    やたらなんとかバイアスがあって
    頭が整理できなくなるのだ
    読み込んでバイアスを整理できれば
    なんというか一段上の自分になれそうな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月02日

    とても面白い。

    行動経済学についての著作物は数多くあれど、書店に並ぶものは、美味しいところだけを集めただけのものが大多数だ。
    一方、この本は、行動経済学の分野で数多くの業績を上げている大家自らが綴った、行動経済学の集大成とも言えるものだ。
    必要にして十分なボリュームで、人間の意思決定について深く考...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月28日

    「ファスト&スロー 上 あなたの意思はどのように決まるか?」
    この本では脳には2つのタイプの脳があり、それらを追求することで人間の持つ意思決定の仕組みを知ることが本書の目的である。
    脳には「システム1」と「システム2」がある。

    システム1…自動的に高速で働き、努力は全く不要か、必要であってもわずか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月25日

    かなりの良書。読めば、人生を二倍豊かにする事ができます。
    それと同時に、人間の思考の限界とそれをどうする事もできない事を、これでもかと教えてくれる本。
    具体例がこれでもかと出てくるので、イチイチ再認識しながら読め、理解も深まります。
    統計や確率が絡んだ時、確実にあなたの直感は間違っています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月21日

    直感的・感情的な思考をシステム1(速い思考)、意識的、論理的な思考をシステム2(遅い思考)と名付け、それぞれどんなタイミングで働き、作用し、ぶつかりあうかを解説しながら、意思決定の仕組みを解き明かそうする。

    大抵、直感と呼ばれるシステム1が判断し、システム2は時間をかけて動く。システム2は怠け者で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月10日

    人の脳の認識には2種類あってどちらも大体うまく動いているが、時々変になる。
    2種類あるうちの1つ(システム1)は働き者でいつも認識してすばやく反応するが、つじつまあわせしたりして間違えをしてしまう。もうひとつ(システム2)は熟考できるがめんどくさがり屋でシステム1の反応を(よく考えればわかるのに)そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ファスト&スロー (上)
    我々の直感は間違ってばかり? 意識はさほど我々の意思決定に影響をおよぼしていない? 心理学者ながらノーベル経済学賞受賞の離れ業を成し遂げ、行動経済学を世界にしらしめた、伝統的人間観を覆す、カーネマンの代表的著作。2012年度最高のノンフィクション。待望の邦訳。
  • ファスト&スロー (下)
    我々の直感は間違ってばかり? 意識はさほど我々の意思決定に影響をおよぼしていない? 心理学者ながらノーベル経済学賞受賞の離れ業を成し遂げ、行動経済学を世界にしらしめた、伝統的人間観を覆す、カーネマンの代表的著作。2012年度最高のノンフィクション。待望の邦訳。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています