分析力を駆使する企業 発展の五段階

分析力を駆使する企業 発展の五段階

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

膨大なデータの分析に基づいて意思決定することが、あらゆる業界で進行している。分析力の生かし方は企業によってさまざまだ。分析力を競争優位の武器とする企業もある。そこまではいかなくても、もうすこし分析力を高めてもっとよい結果を出したいと考えている企業もある。金融危機で破綻した投資銀行のように、分析で失敗する企業もある。
前作『分析力を武器とする企業』が最も先端的な企業の事例を対象にしていたのに対して、本書は先端的な事例だけでなく、今まさに分析に取り組み始めたばかりの企業を含めて、どのようにして分析力を高めていくのが賢いアプローチなのかを論じている。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
328ページ
電子版発売日
2013年11月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
12MB

分析力を駆使する企業 発展の五段階 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月13日

    企業の分析担当は勿論、アプリ販売やデータビジネス従事者は必携の書。
    分析は分析家だけのものでなく、民主化していく必要性があり、そのプロセスを詳細にフレームワーク化。実際のコーポレート事例もかなりの量が盛り込まれており、唯一無二かと思われる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月04日

    分析を企業の中で活用して行くことの意義、及びどのように浸透させていくかについて述べている本。
    抽象度が高い(概念的である)ため、どちらかと言えば経営陣が読むのに適した本だと思いますが、分析の必要性や有用性を理解したい・させたい現場の人たちが読んでも価値のある本だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月08日

    *****
    データを組織としていかにうまく活用するかを網羅的に論じている。
    目から鱗、みたいなものがあるわけではなかったが、とにかく今の我々が目指している方向性にぴたりと沿っているような内容。
    ただ、そこからさらに進め、人の勘や経験をどうやってより高次に融合させて行くか、というところまで本当は行きた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月09日

    分析力を駆使するにはどうしたらよいかという、Howについて書かれた本。

    具体的なステップではないが、何が重要であり、どのように考えると分析力を駆使できるのかがかなり明確に書かれているので、ポイントをしっかり理解することができた。

    分析系コンサルティングを実施する際には必読の一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月08日

    「分析力を武器とする企業」の続編。武器とまではしないけど、駆使したい企業向けの内容。単純な分析・データ礼賛ではなく、分析の使いどころや、向かない分野まで言及されていて、バランス感覚が良い感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    分析の文化のない企業で分析を根付かせるにはどうしたら良いのか?についてこれでもかというほど明瞭に書かれていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月29日

    最近何かと話題のビッグデータ。
    たくさんあるデータを分析し、新しいビジネスに繋げることが望まれるが、
    実際には出来ていないところが多い。

    「とりあえず集めてみたけど、何をすればよいか分からない」
    そういった声が多いそうだ。
    本書は、分析力がある企業は強いとの視点で書かれているが、
    読んでみて改めて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月16日

    時間軸(過去、現在、未来)×(既知、未知)で分析で何ができるか表現したところはなるほどと思った。例えば、現在・既知だったらアラート、現在・未知だったらレコメンデーション。分析の目的を考える上で、参考になるフレームワークだ。

    分析でカギを握るのがDELTA(D:データ、E:企業レベルでの取り組み方、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年08月15日

    記載されているが、以下に尽きる。
    ファクトベースの意思決定:「分析を使って、事実に基づくよりよい意思決定をするための本」

    また、分析力を支える要素 DELTA(Data, Enterprise, Leader, Target, Analyst)を通して、第1ステージから第5ステージまでどのように...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング