「池田真紀子」おすすめ作品一覧

「池田真紀子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:池田真紀子(イケダマキコ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

上智大学卒。1994年翻訳を始める。主な訳書は『バーニング・ワイヤー』、『血霧』、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』、『死神を葬れ』など。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/04更新

ユーザーレビュー

  • ウォッチメイカー 上
    【残忍な手口で殺された二人の男。現場には不気味な置き時計と、"ウォッチメイカー"と名乗る者からの詩が残されていた。捜査の結果、犯人は店から同じ時計を10個購入していたことが判明。残る8人の殺害を阻止するため、ライムは尋問のエキスパート、キャサリン・ダンスとともに犯人を追う。一方、刑事に昇格したアメリ...続きを読む
  • ウォッチメイカー 下
    【残忍な手口で殺された二人の男。現場には不気味な置き時計と、"ウォッチメイカー"と名乗る者からの詩が残されていた。捜査の結果、犯人は店から同じ時計を10個購入していたことが判明。残る8人の殺害を阻止するため、ライムは尋問のエキスパート、キャサリン・ダンスとともに犯人を追う。一方、刑事に昇格したアメリ...続きを読む
  • ウォッチメイカー 下
    シリーズ第7弾。不気味で残酷な犯人がいてそれに挑むライムたち。サックスの父親のことや過去のこととかプラスキーの成長とかもあってシリーズとしての面白さも充分。証拠から結論を出し、解決かと思ったらまだその奥に隠されたものが見えて終わりがなかなか見えてこない。この二転三転する展開が素晴らしい。強引さは全く...続きを読む
  • フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ〔中〕
    とんでもなく傲慢で怪しい男、クリスチャンの印象が少しずつ変化していく。時に遠ざかろうとするアナを引き止めようとするクリスチャンが切なく感じる瞬間も…過去に一体何が?下巻へ!!
  • ブラック・スクリーム
    音楽に関わる犯人像?ということでこころ傷む冒頭部。最後には相変わらずのどんでん返し。
    原作の題は『Burial Hour』だけど、『ブラックスクリーム』~叫びとのこと。読み進めるうちに

特集