「池田真紀子」おすすめ作品一覧

「池田真紀子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:池田真紀子(イケダマキコ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

上智大学卒。1994年翻訳を始める。主な訳書は『バーニング・ワイヤー』、『血霧』、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』、『死神を葬れ』など。

作品一覧

2018/07/06更新

ユーザーレビュー

  • 蜜蜂
    いやー、驚いた。なんだこれはー、と驚いた。

    ウィリアム(1853年/イギリス)、ジョージ(2007年/アメリカ)、タオ(2098年/中国)の3つのパートから成る。
    ディストピア小説としての重さ、物語としての大きさ、蜜蜂の意味、3つのパートが重なっていくところ、などもさることながら、3つそれぞれの家...続きを読む
  • ゲームウォーズ(下)
    読んで感動してもう一度読み直した本。職業がエンジニア、趣味がネトゲと言う事もあってこの手の内容は自分のドツボでした。映画も公開日に見ましたが、良い意味で全然違う内容だったのでおすすめ。ただし映画から入ると本の好みは分かれそう。
  • アルマダ 下
    ゲームウォーズでハマった作者の作品。原語の本が出版されたニュースを見てから、まだかまだかと邦訳を待ち望んでいてようやく発売された本。そろそろ英語も読める様にしないと人生を損しそうだなあ。
  • ウォッチメイカー 下
    物語が進むにつれて、事態は二転三転と移り変わり続ける。しかも突拍子も無い不要な展開ではなく、全て一つのテーブルに素晴らしく積み立てられているのである。

    止まることなく展開し続ける物語に一気に読み進めてしまった。
  • スリーピング・ドール 上
    【重き全き沈黙】厳戒態勢下で起きたカルトのリーダーの脱獄劇。人の心を操ることに長けた彼を再度捕らえるため,尋問のスペシャリストであるダンスは数少ない手がかりを結びつけていくのであるが,浮かび上がってきたのは,見知らぬ女の共犯者の姿であった......。著者は,リンカーン・ライムのシリーズ等で知られる...続きを読む

特集