「池田真紀子」おすすめ作品一覧

「池田真紀子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:池田真紀子(イケダマキコ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

上智大学卒。1994年翻訳を始める。主な訳書は『バーニング・ワイヤー』、『血霧』、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』、『死神を葬れ』など。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/03/31更新

ユーザーレビュー

  • スティール・キス
    ライムシリーズ。なんとライムが警察の顧問を引退してしまい、民事訴訟の捜査をすることに。一方で連続殺人犯「未詳40号」を追うサックスとの間に生まれてしまった軋轢も気になるし、サックスを逆に付け狙う殺人犯の動向も不安。さらには刑務所から出所したサックスの元恋人の接触まで! のっけからハラハラドキドキの展...続きを読む
  • ゲームウォーズ(上)

    べりーぐうぅっど!

    全てにおいて手放しで面白い!
    20世紀中盤生まれのおっさんホイホイかもしれん!
    もう直公開の映画にも作者が脚本参加らしいので期待は大。
    この原作をここまで仕上げた訳者様にも頭が下がる。
    強いて挙げるとすれば…




    …タイトルがね。(^o^;
  • ウォッチメイカー 下
    傑作!いいから黙って読め!
    これに尽きる。

    野球をやっていると思っていたら、このルールはラグビーだと気づき、次の瞬間、カーリングに興じていたでござる。

    どんでん返しに次ぐどんでん返し。
    いわゆる「どんでん返し」とは、予測がつかない方向にストーリーの流れが急変することである。しかしジェフリー・ディ...続きを読む
  • ウォッチメイカー 上
    打ちのめされて、叩きのめされて、立ち上がれないほどに最悪の状況に陥ることがある。
    それが「今」や「将来」に起因するならまだしも・・・「過去」によって叩き潰された時に人はどうやって自分を取り戻せる?

    ウォッチメイカーは傑作だ。下巻へ急げ!
  • ポーカー・レッスン
    ディーヴァー流
    投げっぱなしジャーマンスープレックス
    リンカーンライムを読み慣れた方にとっては
    「一捻り加えて、さらに一捻りの…終わった!」
    と叫びたくなる様な、放り投げ方をします。

特集