池田真紀子の一覧

「池田真紀子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:池田真紀子(イケダマキコ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

上智大学卒。1994年翻訳を始める。主な訳書は『バーニング・ワイヤー』、『血霧』、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』、『死神を葬れ』など。

配信予定・最新刊

作品一覧

2023/01/24更新

ユーザーレビュー

  • カッティング・エッジ 下
    2つの事件が繋がらないまま終わるのかと思っていたら、そんなはずもなく。最後の護送車のところはワクワクしながら読んでいました。今後の作品でいつウォッチメイカーが出てくるのか楽しみです。
  • パチンコ 上
    海外の翻訳作品でこんなにスラスラ読んで止まらなかったのはいつぶりだろう。AppleTVのドラマも見たが、原作の再現度も脚色も素晴らしかった。日本では触れることがほとんどない数十年間の歴史。とにかく多くの人に読んで欲しい作品。世界で起こる人種差別問題は他人事ではない。

    1点読んでいてモヤっとしたのは...続きを読む
  • コフィン・ダンサー 下
    全作より面白かった!映画を見ているように場面がありありと浮かぶような描写。ストーリーも面白い。いっきに読んでしまった。
  • パチンコ 下
    すごく久しぶりに読めた小説。最後の著者から日本の読者の手紙を読んで、また壮大な物語だとうなる。この物語は、1900年前半からの4世代の物語、日本で暮らす韓国人の話ではあるが、あらゆる差別が散りばめられてるなと思った。人の表面的な面だけ見るのではなく、お互い気持ちよく付き合える関係性をどこでも作りたい...続きを読む
  • パチンコ 上
    一気に読んだ。ミン・ジン・リーの小説の書き方は時代背景が緻密で、訳者の表現力も素晴らしい。ある家族を含む物語ではあるが、当時似たような経験をしてしてきてる人がいるのだろう。ソンジャの父親と母親と関係はお互いを大切に思っていることがわかる情景がえがかれていて、特に親が子を宝として捉えてるため、ソンジャ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!