バーニング・ワイヤー(上)

バーニング・ワイヤー(上)

作者名 :
通常価格 800円 (税込)
紙の本 [参考] 810円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

KADOKAWAマンガ・書籍が半額&無料

作品内容

人質はニューヨーク! リンカーン・ライム・シリーズ

電力を操作して殺人を繰り返す凶悪犯を追うリンカーン・ライム。だが天才犯罪者ウォッチメイカーの影が…人気シリーズ第9弾。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2015年11月13日
紙の本の発売
2015年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年09月21日

ウォッチメイカーが出てこない、電気とかまわりくどい、つまんない!と思ったけど上巻ラストのあたりの盛り上がりはなかなか。下巻に期待。んで、ウォッチメイカーはやく!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月18日

リンカーンライムシリーズの第9弾。なんだか最近日本語訳されるのが遅く、久しぶりに読んだ気がするライムシリーズ。前回がネットという見えない敵、今回は電気という見えない敵。なんだかちょっと展開似てない?と思いながらとりあえず上巻。このシリーズに慣れてしまったからなのか、それとも今作の問題なのか、とにかく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月07日

 電気を使ったサイコパス。
 
 いかに現代社会が電気によって動いていて、いたるところに電気があるかを思い知らされた。
 なんで、リアリティありすぎて怖い。
 
 CIAやFBIは、ディーヴァー氏に「どういうテロが予想されますか?」って聞くべきだよ。

 そして、えっと驚く展開で…。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月13日

どれだけ電気に頼った生活をしているか、金属に囲まれた生活をしているかを思い知らされた。
トイレのドアノブに、ちょっと怖くなった。
模倣犯が現れないことを祈る。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月13日

リンカーン・ライム・シリーズの第9作。電力網を使ったテロ事件にリンカーン・ライムとアメリア・サックスが挑む。

上巻では、電力網を使ったテロの恐怖が描かれるが、やけにアッサリと犯人の正体と犯人の動機が判明する。これは下巻で大どんでん返しか、大きな展開があるのではと期待が膨らむ。何しろ、ジェフリー・デ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「バーニング・ワイヤー」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play