ブラック・スクリーム 上
  • ptバック

ブラック・スクリーム 上

作者名 :
通常価格 950円 (864円+税)
紙の本 [参考] 979円 (税込)
獲得ポイント

289pt

  • 30%ポイントバック

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

大西洋を股にかける殺人鬼VSリンカーン・ライム
イタリアとアメリカで発生した拉致監禁事件。殺人の期限までに名探偵ライムは真相を暴き、被害者を救えるか? シリーズ第13弾!

NYの路上で男性が拉致された。ほどなく、監禁された姿が動画サイトにアップされる。
被害者の苦痛のうめきをサンプリングした音楽とともに――。アップロードした主は自称「作曲家」。科学捜査の天才リンカーン・ライムはすぐさま監禁場所を割り出す。
しかし犯人はイタリアに逃亡。ライムたちも犯人を追って、ナポリに向かう。

※この電子書籍は2018年10月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2021年11月09日
紙の本の発売
2021年11月
サイズ(目安)
1MB

ブラック・スクリーム 上 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年11月15日

    ジェフリー・ディーヴァー『ブラック・スクリーム 上』文春文庫。

    リンカーン・ライム・シリーズ。

    冒頭からの展開が非常にスピーディで、知らぬ間にストーリーの中に引き摺り込まれていく。今回、リンカーン・ライムが対するのは大胆不敵で狡猾な拉致監禁犯のコンポーザー。巻頭の登場人物リストでコンポーザーの名...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年05月28日

    ディーヴァーは変わった? 最近作の『魔の山』などの一匹狼主人公コルター・ショーは、初期シリーズ主人公のロケ・ハンター、ジョン・ペラムのようにダイナミックな移動を嫌わないキャラクターだが、まさか本シリーズのリンカーン・ライムまでが、『ゴースト・スナイパー』でのバハマに続いてイタリアにまで移動して活躍し...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年01月12日

    上下巻の上を通勤中に読んでいて、家に帰り着く前に読み終わってしまうという悲劇。自分的にはよくあるのだけれど、自分だけ?

    0

    Posted by ブクログ 2022年01月03日

    NY(ニューヨーク)の路上で男性が拉致された。ほどなく、監禁された姿が動画サイトにアップされる。被害者の苦痛のうめきをサンプリングした音楽とともに――。アップロードした主は自称「コンポーザー(作曲家)」。科学捜査の天才リンカーン・ライムはすぐさま監禁場所を割り出す。しかし犯人はイタリアへ逃亡。ライム...続きを読む

    0

リンカーン・ライム のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ブラック・スクリーム 上
    ptバック
    大西洋を股にかける殺人鬼VSリンカーン・ライム イタリアとアメリカで発生した拉致監禁事件。殺人の期限までに名探偵ライムは真相を暴き、被害者を救えるか? シリーズ第13弾! NYの路上で男性が拉致された。ほどなく、監禁された姿が動画サイトにアップされる。 被害者の苦痛のうめきをサンプリングした音楽とともに――。アップロードした主は自称「作曲家」。科学捜査の天才リンカーン・ライムはすぐさま監禁場所を割り出す。 しかし犯人はイタリアに逃亡。ライムたちも犯人を追って、ナポリに向かう。 ※この電子書籍は2018年10月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。
  • ブラック・スクリーム 下
    ptバック
    “コンポーザー”との決着! イタリアで新たな仲間を得たライム一行。神出鬼没の“コンポーザー”を追い詰めることができるか?  文庫特別収録短篇「誓い」収録。 イタリアに飛んだライム一行は、リビア難民誘拐事件に遭遇、森林警備隊員エルコレらとチームを組む。 〈漆黒の絶叫〉に駆り立てられる犯人の目的は? 当地でアメリカ人留学生がからむ暴行事件も 調査することになったライムは、想像を絶する真相を探り当てる。リンカーン・ライムシリーズ第13弾! ※この電子書籍は2018年10月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング