金子浩のレビュー一覧

  • オフシーズン
    9月のメイン州の避暑地。ニューヨークから6人の男女が休暇を過ごすため当地を訪れる。まず別荘の持ち主カーラが一足先に到着し、準備をしていたが、その姿を遠くから観察する者たちがいた。そしてほかの5人が到着した夜、カーラたちは想像もつかない奇襲を受ける。相手は当地に住む<食人族>たち。食人族vs都会族の死...続きを読む
  • ねじまき少女(下)
    上巻まで「えっぐい話やなー、でもねじまき少女はラノベっぽい存在」とか思いつつ読んでたんですけど、ジェイディーが幽霊になって茶々入れだしてからすっごい面白くなってきて、ホク・セン以外のキャラクターにもどんどん肩入れするようになってきて、話自体はディストピアで惨劇なんだけど、キャラクターに情がうつって目...続きを読む
  • 物体E
    エンタメ作品としては優秀。個人的には満点をつけたい。

    全体を通して海外の吹き替えドラマを見ているような雰囲気があり、
    皮肉のきいた台詞やユニークなキャラクターなどそれが随所に感じられる。

    本書はそのキャラクター作りがとても上手い。
    主人公や同僚たち、元恋人にいたるまで、丁寧かつ大胆に描写されてい...続きを読む
  • 隣の家の少女
    途中でぐるっと被害者(傍観者?)から加害者側へ、いつのまにか読者(自分)が回っちゃった瞬間、今まで読んだ中で1番の衝撃を受けました。
    ヘイ!ルース!地獄で現金化するんだな!
  • 隣の家の少女
    ほんとひどい小説です。ムナクソ悪いですね。

    最後で一気にスカッとするの素晴らしい(苦味があとに引きますが)

    隣のチャンドラー家で起こった異常事態が、隣に住んでいる男の子デイヴィッド視点で展開されていきます。

    元々ムナクソ小説っていう前情報があったり、地下室監禁とか暴力、レイプなどが凄いという話...続きを読む
  • われらはレギオン3 太陽系最終大戦
    三部作の最終巻。ボブ達は500人くらいに増えて、冒険したり、恋愛したり、地球を防衛したり、お節介をしたりと忙しい。あとがきでは、このシリーズで新刊も予定されているらしい。これだけ魅力的な世界を作ってしまったら、色々と書きたい話も出てくるだろうと思う。
  • 隣の家の少女
    やってくれたな、ケッチャム。
    10年位前
    多感な時期に読んだから、3日くらい憂鬱になった。

    おじさんになった今だから言える
    最高だぜー!!
  • 隣の家の少女
    「素晴らしかった」「感動した」という意味での星五つじゃなく、物語の世界に引き込まれ一気に読んでしまった、という意味での星五つ。そこで展開される内容も、読後感も決して気持ちいいものじゃないのに一気に読めてしまうのは作者(そして訳者)の力量もあるんだろうけれど、怖いもの見たさというか自分が第三者であると...続きを読む
  • われらはレギオン1 AI探査機集合体
    3部作か…ついていけるかなと不安になりつつも購入。でも大丈夫でした。相当面白いですこれ。完全にわたし向け。今2巻目めを読んでいます。どう展開していくのかとても楽しみ。
  • 火星無期懲役
    本作の特徴を箇条書きにすると以下の通りだと思う。
    ・SF
    ・ミステリ
    ・火星
    ストーリーを一言でいうと、生きているうちに刑の見込みがない囚人を即席でトレーニングし、火星に送り込んで、NASAの正式な探査チームが到着する前に、恒久的な火星基地を建設させる。
    こういうものです。

    そして、これをNASA...続きを読む
  • われらはレギオン3 太陽系最終大戦
    2017年8月刊のAll These Worldsを金子浩さん翻訳で2018年10月ハヤカワSF文庫刊。大団円でホッとしました。ボブ達は、よく人類の面倒を見てくれるのが楽しい。3巻を通して、とても面白かった。2018年のベストだ。ボブたちの活躍をもっと読みたいと思ったら、続編執筆中とかで、いや良かっ...続きを読む
  • 無伴奏ソナタ〔新訳版〕
    「エンダーのゲーム」を代表作に持つSF作家の短編集。同著には「エンダーのゲーム」の短編版も収められているので、著者の作品未経験者には入りやすい一冊かもしれない。

    外国のお伽噺から残酷フィルターをとっぱらったかのような作品がとにかく上手い。人体が欠損しまくる話が特に面白く、「王の食肉」と「無伴奏ソナ...続きを読む
  • 隣の家の少女
    胸糞悪い小説が読みたい!という事で購入して読みました。
    これは酷い。余りにも惨い。
    胸の奥が締め付けられる一作。大人の狂気と子供の狂気に同時に触れることが出来る作品でした。もう1回読み返す勇気はないかなぁ( ̄▽ ̄;)
  • われらはレギオン2 アザーズとの遭遇
    今年のSFで
    一番面白いんじゃない?(SF自体そんなに読んでないけど)
    事故で死んでAI(電子頭脳)になって、滅亡しかけている地球から、新たな惑星開発の使命を受けて探索し続けるボブとボブのクローン達の
    文字通り群像劇
    謎の敵が現れ宇宙戦争モノになるかと思いきや
    地球の人類滅亡すべき党の残党対策に追わ...続きを読む
  • われらはレギオン1 AI探査機集合体
    「老人と宇宙」「火星の人」のいいとこ取りをしたようなユーモアありの本格SF って感じで読み進めてたら、あとの解説でまんま上記に二作の名前が出てきて苦笑い。サクサクっと展開していく感じがいいし、マルチタスクのボブ達の掛け合いが面白い。
    三部作でそろそろ二作目が出るけど
    三作目が出る頃には読み直さないい...続きを読む
  • 隣の家の少女
    内容に対する嫌悪感と登場人物への憎悪と恐怖、そこにかすかな欲情が混ざってしまう自分にまた嫌悪感を抱いてしまう。久しぶりにページをめくらされるままにめくらされ、あっという間に読み終えてしまえる小説だった。
    人間がここまで残酷になれるもんなんだなってことに恐怖はあれど驚きまではしないというか……作中の加...続きを読む
  • われらはレギオン1 AI探査機集合体
    うん、うん、これこれ。
    人類ほぼ絶滅。なのにいがみ合い。
    救いの船の奪い合い。
    人間のデータ化もこんな風に書いてほしかった。これですよ。
    そしてスタートレック的な宇宙戦争。
    最高。早く続きが読みたい。
  • 隣の家の少女
    トヨザキ社長のオススメだったり、ミステリ特集でも一度ならず見かけたりってことでトライ。海外ミステリはあまり得意じゃないから、本作もどうかなって不安はあったけど、十分に楽しめました。楽しむって言葉が不謹慎なくらい、徹底した残酷描写には驚きましたが。帯を見て、読みながら気分が悪くなる覚悟はしっかり出来て...続きを読む
  • 強行偵察 宇宙兵志願 2

    面白く読めました

    設定はありきたりなんだけれども面白く感じさせる筆力は素晴らしい。
    楽しめる作品です。
  • 無伴奏ソナタ〔新訳版〕
    読んでて、エンタメってこういうものだったって思い出した。とくに「エンダーのゲーム(短編版)」。11才の少年が他の誰にも思いつかない戦術でめくるめく大活躍… って、そう、最近忘れてたけど、そういうのがエンタメだった。リアリティとかどうでもよくて、とにかく面白ければいいんだよ。

    「ブルーな遺伝子を身に...続きを読む