火星無期懲役

火星無期懲役

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

終身刑と引き換えに火星上の施設建設を命じられたフランクら7名の男女だが、次々に仲間が命を落としていく! ノンストップSF

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(海外)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫SF
ページ数
528ページ
電子版発売日
2019年04月15日
紙の本の発売
2019年04月
サイズ(目安)
2MB

火星無期懲役 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年07月05日

    先に読むのは”火星の人”にして。

    こちらは、秋に片足残したくらいの
    平日、仕事切り上げた午後。
    そぼふる雨に吹かれながら読むのがいい。

    3億キロの距離も、
    幾分かは近くなっている様な心持ちは
    私だけか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月03日

    本作の特徴を箇条書きにすると以下の通りだと思う。
    ・SF
    ・ミステリ
    ・火星
    ストーリーを一言でいうと、生きているうちに刑の見込みがない囚人を即席でトレーニングし、火星に送り込んで、NASAの正式な探査チームが到着する前に、恒久的な火星基地を建設させる。
    こういうものです。

    そして、これをNASA...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月23日

    そうだよな~
    「火星の人」では(ほかの作品でも)生存可能な施設から
    物語がはじまるけど、何もないところに、
    それも死と隣り合わせの、救援も期待できない、
    何か欠けても年単位で待たなければならない、
    戻ることすら困難な、そんなところに
    一歩を踏みださなければならない、そういう人が
    必要なんだよな~、と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月20日

    火星の人の面白さには敵わないなという感想。
    ミステリーっぽくもあり、サバイバルっぽくもある。
    もっとミステリーよりにしたら面白くなったんじゃないかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月03日

     火星開発したいけど、予算もないし、過酷な環境で働かせることも難しい。ならば無期懲役の囚人たちを送り込み、火星でコロニーを作らせよう。
     そんなわけで主人公は火星に行くのだが、どんどん仲間が死に、過酷な状況に追い込まれていく。そして合間に挟まれる不穏なパラグラフ。

     けれども、先はどうなるんだろう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月25日

    殺人を犯し終身刑になったフランク。火星に基地を造るというプロジェクトに囚人たちが送られる。複数の囚人たちとのトレーニングから始まりその後火星へ。未知の場所での任務と生活を共にする囚人たちとの関係とそれぞれの思惑。火星でのサバイバルのような生活のなか不審な死が起き始めミステリーの要素も出てくる。一歩間...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月17日

    生徒(中学生)が推薦していた図書。
    息子にドラックを売りつけていた売人を射殺した罪で懲役120年を宣告されたフランクは、刑務所で無為に過ごすのではなく、新しい環境で「働き、生甲斐を感じることができる」場所への移動を承諾して契約書にサインします。
    その場所とは火星。民間企業が宇宙開発を担うなか、NAS...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月13日

    原題は「ONE WAY」(片道切符)、で、この邦題が妥当なのかどうか…

    安心の金子浩訳、しかもSFというよりはNV寄りなので読み辛さはないものの、無駄にボリュームがある海外SFゆえ4日もかかってしまう。
    感動の無い「宇宙兄弟」みたいな内容で、オチもまぁそんなとこだろうとは思うが、読後感としては「徒...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月06日

    何か技術を持った死刑囚たちが、地球ではなく火星で、無期懲役のように死ぬまで働き続ける話。

    火星に行くまでの展開で「友達」ではないけれど「上手くやっていける人たち」として希望のある気持ちにさせての火星に着いてからの展開は本当にしんどかった。
    それらを踏まえた上で、フランクが最後の相手に向けた言葉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月17日

    コストの関係から、地球に戻って来られなくても構わない人、としてMB1(火星ベースワン)建設計画のメンバーに選ばれた、建設、農業、医療などのスキルを持つ、囚人のフランクたち。しかし、仲間たちが1人ずつ一見事故のように見える状況で死んでいき、彼らは疑心暗鬼に駆られていく…

    SFとしては、細部の考察がし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ハヤカワ文庫SF の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング