上遠野浩平のレビュー一覧

  • ブギーポップ・ダークリー 化け猫とめまいのスキャット
    最強のMPLS、スキャッターブレイン、あらわる!
    そこにとある巨大なシステムに属する最強も投入されて…
    登場人物がファンにとって最高のものになっております。





    以下ネタバレ------------------------------





























    ...続きを読む
  • ブギーポップ・アンノウン 壊れかけのムーンライト
    シリーズ通しての話だけど地上派でアニメ化なんでしないんだろう・・・、ってぐらいの作品。
    中二病くさいところはあるが、ジョジョとか好きな人には結構すんなり受け入れられるだろうと思われw
    意外と世の中の核心を突いていそうな言葉もあって、勉強になったりもする・・・・・・かも?w

    (以下、あらすじ引用)
    ...続きを読む
  • ブギーポップ・ダークリー 化け猫とめまいのスキャット
    ここ2、3年でぶっちぎり面白い。

    人のイメージを現実化するお話。
    読み終わって、結局主人公が誰なのかわからないというのがいい。
    フォルテッシモの扱いの軽さに泣けてきた。
  • ブギーポップ・アンノウン 壊れかけのムーンライト
    うむ、いつものブギーポップだね。読み終わったあとに苦笑いするしかないって感じがまたいかにもブギーポップらしい。男女6人組って設定や展開は「パンドラ」に近い感じかな。しかしながらイマジネーターの時からなんだけど、感情が絡むMPLSってのは個人的にはしっくりこないな…能力をイメージ化しにくいからかな?ま...続きを読む
  • ブギーポップ・アンノウン 壊れかけのムーンライト
     ブギーポップ最新作。

     上遠野さんの著作は個人的に波長が合う。こう言ってはなんだが、手に汗握るようなストーリーも読者の裏を掻くような奇想天外の構成があるわけでもなく、取り立てて突出した小説を書く作家ではないと思うのだけど、必ず読後に満足感を残してくれます。

     独特の哲学によって築かれた世界観と...続きを読む
  • ヴァルプルギスの後悔 Fire1.
    連載モノだからかカドノ作品の中でも割と読みやすい部類。
    ビートのディシプリン読んでからの方が楽しめると思う。
    残酷号とは違った切り口の変身ヒーロー。
  • 残酷号事件 the cruel tale of ZANKOKU-GO
    カドノ式自動的変身ヒーロー活劇。
    このシリーズ久しぶりだったのでなかなか人物が頭に入りにくかったけど、じわじわと伏線回収されていくのが面白かった。
    残酷号△
  • ソウルドロップの幽体研究
    上遠野浩平の描く、ライトノベルより高い年齢層に向けた新シリーズ。超常現象はペイパーカット現象と「ロボット探偵」程度で、異能力バトルのようなものは一切ないので上遠野作品初心者にも安心。
  • クリプトマスクの擬死工作/ソウルドロップ巡礼録
    どんどん奈緒瀬が可愛くなってる気がする。
    キャビネッセンスを盗まれた後が今回のポイントって感じだったのか…前を忘れてるからそう感じるのか。
    生命と同等の価値のあるもの、について考えさせられます。
  • ブギーポップ・ダークリー 化け猫とめまいのスキャット
     ブギーポップシリーズはちょっと不思議な世界感と、人間の葛藤、成長が散りばめられたストーリーが魅力であり、その中で能力バトルの要素も堪能できるという贅沢な作品。とはいっても、シリーズごとに前者と後者の要素の比重が少しずつ異なり、どちらかに偏りすぎると少し面白さが薄れるのですが、今作は今までのシリーズ...続きを読む
  • ヴァルプルギスの後悔 Fire2.
    最初からこの設定が決まっていたのだとしたら、
    むしろデビュー作であの切り口だけ見せるセンスってすごいなあ
    挿絵がどんどんロリロリになっていくような?かわいいけど!
  • しずるさんと偏屈な死者たち The Eccentric Dead In White Sickroom
    これは読みやすかったー!ミステリー好きな俺も一押し☆

    なんか、始めはグロ小説かと思ったけど、読んでいくうちに引き込まれたぜ!

    約小一時間で読み終えた・・・・!いいなぁ、ラノベは!

    推理小説っていうと堅苦しいが、ラノベのミステリーは良い。

    ミステリーの濃さ薄さは本によって違うけど、とりあえずラ...続きを読む
  • 冥王と獣のダンス
    上遠野作品はブギポ以来すきなんだけど、これは特別おもしろかった。

    てか緒方、リスキー妹は短髪じゃないのか
  • ヴァルプルギスの後悔 Fire1.
    やっと来た!!
    霧間凪が主役のシリーズ!!
    にしても、実はどうやら凪も?普通の人間では
    なかったらしい・・・。

    凪はブギーポップシリーズで
    常にからんでくるキャラクターだけど
    ホントにホントの主役を張るのは初で、
    凪ファンとしては嬉しいかぎり。

    まだ、連載中なので早く続きが出て欲しい。
  • 冥王と獣のダンス
    この作者の作品の中で私はこの本が一番好きです。
    敵も味方の区別も必要ないただ平和になって欲しいて読んでて思いました
  • メモリアノイズの流転現象/ソウルドロップ奇音録
    この物語を読んだときに、
    あぁ、上遠野さんは“事件”とかそーゆーものではなくて“人間”を書こうとしているのかなぁ〜という感想を持ったことをよく覚えています。
    よく見かけるミステリーとは若干・・・というか根本的なところで違うように思いました。好きな作品。
  • メイズプリズンの迷宮回帰/ソウルドロップ虜囚録
    2007.11.19。今回はブラック千条?がたくさん登場して嬉しかったです(大好き)。刊行ペースが遅いのが寂しいですが、大好きなシリーズ。ちなみに一番好きな上遠野さんのシリーズは、事件シリーズです。続きまだかなー。
  • メイズプリズンの迷宮回帰/ソウルドロップ虜囚録
    サブタイトルが違う理由は最後まで読めばわかるかと。
    が、お話は別に番外編というわけでもなく、いつものメンバーがちゃんとペイパーカットさんに振り回されてました。
  • ビートのディシプリン SIDE1
    死神・ブギーポップの現れない過激な試練(ディシプリン)を前に、彼らは己の強さを見つけ出して、生き延びる事ができるだろうか・・・・
  • 冥王と獣のダンス
    「ブギーポップ」とも戦地調停士の世界とも、「ぼくらは虚空に」の世界とも違う…異世界の短い愛と戦いの記録…。トモル・アドのいうことは普通のことなのに、耳が痛いのは何故なんでしょう。そしてそういう奴に限って鈍いのはなんでなんでしょう。ある意味決定的ですよね、鈍いって。…でもラストは…あれは救いがなさすぎ...続きを読む