「巖本英利」おすすめ作品一覧

「巖本英利」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/11/17更新

ユーザーレビュー

  • 用務員さんは勇者じゃありませんので 7
    表紙を見て蔵人さんが久々に黒髪に戻っているのを見て、やっぱりこっちの方が「用務員」って感じがでるからいいなぁと再確認しました。作業服の色合いもいつの間にか戻っていましたね。なんだか若返ったような気がしなくもないですが、内面は相変わらずのようで安心しました。

    これまでの逃亡生活めいた放浪生活が、砂漠...続きを読む
  • 用務員さんは勇者じゃありませんので 1

    やるせなさ満載

    面白いという表現ではないと思う。
    なぜ、用務員さんは…と言う言葉が何度も何度も思い浮かぶでしょう。やるせなさに引き込まれて行く作品であります。
    用務員さんは平穏に暮らしたいだけなのにそれがまかり通らない。約束の大事さや過ちの大きさや自己都合など様々に絡み合い巻き込まれる。理不尽さや穏便に済ませた...続きを読む
  • ブギーポップは笑わない
    20年ぶりの再読です。
    悩める高校生たちに是非読んで貰いたいです。
    奥の深いラノベです。
    恋愛、性、ドラッグ、殺人とこの世界は誰が作って回っているのかを発進した一冊です。
    善か悪か?よりも、生きていく上で殺るか殺られるか?という野性的な部分が問われています。
    今読んでも全く色褪せてません。
    保存して...続きを読む
  • 用務員さんは勇者じゃありませんので 4
    まさか異世界が舞台のファンタジー小説で、現代の少年法問題によく似た事件が発生するとは思いませんでした。

    「両親の仇」ということで決闘を挑んできた美少女を返り討ちにした用務員・蔵人さんですが。命を狙われること自体が不幸ですが、そもそも美少女の両親を殺したのは蔵人さんじゃないってところがさらに不幸。
    ...続きを読む
  • 螺旋のエンペロイダー Spin3.
    他のシリーズを含め、背景はおぼろげにしか覚えていないのですが、意外に?面白く読めました。ブギーポップ本編よりもいいかも。次巻で完結でしょうか?

特集