咎人の刻印

咎人の刻印

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

《吸血鬼×殺人鬼》のダークファンタジー!

「令和の切り裂きジャック」と畏れられる殺人鬼・神無が、自分に愛を告げる女を手にかける理由は――相手の体を裂いてまで探しているものは、たったひとつだ。
「人は、誰かに対して『愛してる』って言うだろ。でも、その愛って何処にあるんだろうと思って」
 探しものを見つけることができない青年の前に現れたのは、陶器人形のような美しい少年・御影。
「それが欲しいなら、おいで。愛してあげる」
 神無が招かれたのは、都心にあってそこだけ異空間のような古びた洋館だった。ここで一緒に暮らすのだと、御影は平然と神無に告げる。そのあまりに強引な展開に戸惑う暇もなく、すぐに神無は身をもって御影の正体を知ることになる。御影は、ひとの生き血を吸う吸血鬼だったのだ。
 これは、罪を犯して人の道を外れ、罰の証の如くスティグマと呼ばれる刻印を身に宿した、異能の者達の、血塗られた戦いの物語。……究極のダークファンタジー、始動!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫キャラブン!
ページ数
240ページ
電子版発売日
2020年04月07日
紙の本の発売
2020年04月
サイズ(目安)
2MB

咎人の刻印 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2020年04月10日

    自分を愛した女性を切り裂く「令和の切り裂きジャック」、神無とゴシックな吸血鬼御影のヘビー級の愛の話。愛するってなんだろう?咎人はそれぞれが重い罪と強い感情がある。罪が許されるわけではないけれど、咎人には咎人なりの償い方があるっていうのが好きです

    0

    Posted by ブクログ 2022年12月09日

    令和の切り裂きジャックって云われてる神無と御影の繋がりが不思議とわかる気がする
    きっとこれからどんなになっても2人は家族の様な、親友の様な、切っても切れない繋がりになるんだろうなぁ〜

    0

    Posted by ブクログ 2022年05月13日

    罪を犯して人ではない身となってしまった人物の物語。
    ダークファンタジーということだったけど、どこか暖かな雰囲気の世界観。
    まぁ、人がしんだりひとくったりないぞうがとびでたりはするんですが。
    主人公たち二人の関係性が好きかも。

    0

    Posted by ブクログ 2021年06月20日

    好きな街が舞台になってるのやっぱりワクワクする
    バディ物すき
    ちょっと歪んでる愛の形もおもしろいなって思った

    0

    Posted by ブクログ 2020年05月22日

    吸血鬼に切り裂きジャック、カインとアベルにジャンヌ・ダルク。キャラクターメインのお話。軽い文章なので読みやすいけれど、内容的にもっと重い書き方なら星5にしたかも。

    0

    Posted by ブクログ 2020年05月13日

    作品の雰囲気と文章の雰囲気が合っていない気がする。
    全体的に描写があっさり。さらっと表面を掬って掘り下げる前にさくさく展開する感じ。平易な文体なので読みやすくはある。
    メインのふたりのやりとりを中心に描かれているけれど、黒猫のヤマトや東雲さんのキャラクターが魅力的だったのでもう少し存在感があっても良...続きを読む

    0

咎人の刻印 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 咎人の刻印
    638円(税込)
    《吸血鬼×殺人鬼》のダークファンタジー! 「令和の切り裂きジャック」と畏れられる殺人鬼・神無が、自分に愛を告げる女を手にかける理由は――相手の体を裂いてまで探しているものは、たったひとつだ。 「人は、誰かに対して『愛してる』って言うだろ。でも、その愛って何処にあるんだろうと思って」  探しものを見つけることができない青年の前に現れたのは、陶器人形のような美しい少年・御影。 「それが欲しいなら、おいで。愛してあげる」  神無が招かれたのは、都心にあってそこだけ異空間のような古びた洋館だった。ここで一緒に暮らすのだと、御影は平然と神無に告げる。そのあまりに強引な展開に戸惑う暇もなく、すぐに神無は身をもって御影の正体を知ることになる。御影は、ひとの生き血を吸う吸血鬼だったのだ。  これは、罪を犯して人の道を外れ、罰の証の如くスティグマと呼ばれる刻印を身に宿した、異能の者達の、血塗られた戦いの物語。……究極のダークファンタジー、始動!
  • 咎人の刻印 ジャック・ザ・リッパー・ファントム
    《吸血鬼×殺人鬼》の暗躍、新たなる幕開け。 「令和の切り裂きジャック」と畏れられる殺人鬼・神無と、彼の前に現れた吸血鬼・御影。彼らは闇にうごめく「咎人(トガビト)」という異能者だ。咎人とは、罪を犯して人の道を外れ、その罰の証の如く「聖痕(スティグマ)」と呼ばれる刻印を身に宿した者達の総称。咎人は個々の特殊な能力を使い、戦うことを宿命づけられた存在なのだった。  愛を知りたい神無は、愛を教えるという御影とともに、都心の古びた洋館で暮らし始めた。それと時を同じくして、蛇の道は蛇ということで、同じ咎人がらみのトラブルを解決するために御影と組んだ神無は、同類相手の戦闘を繰り返すことに。一方、警視庁内部に密かに存在する「異能課」では、咎人を狩る使命を帯びた男が、頻発する「切り裂きジャック事件」の犯人として神無を追い詰めようとしていて……? 「咎人」たちの血塗られた戦いの物語は、一体どこへ向かうのか。究極のダークファンタジー、第二弾!
  • 咎人の刻印 デッドマン・リターンズ
    罪を背負う者の物語は、更なる深みへ……!  「どんな姿であろうと、どんな異能を持とうと、人間であることには変わりがない」  許されぬ罪を背負い、常人にはない特別な能力を発現させる者たち――それが《咎人(トガビト)》だ。彼らはその犯した罪を清算するまでは、決して死ぬことができない……といわれている。それぞれの咎人は、自らの罪に向き合いながら、いつ果てるともしれない戦いに身を投じる。それが魔都・東京の闇に沈む真実だった。  愛とは何かを探し続ける殺人鬼の神無と、彼と生活を共にするようになった吸血鬼の御影。彼らは池袋の一角にある謎めいた洋館で暮らしている。神無の相棒ともいえる御影には、かつて双子の弟・刹那がいた。しかし、弟を亡くした悲しみから、御影は弟を自らの身の内に取り込んでしまった。彼がいつもしている眼帯の下には、弟の右目が隠されているのだった。  神無と御影はある日、狭霧と名乗る謎めいた人物に墓地で出会う。狭霧の発動させた魔方陣によって、御影はそのまま昏睡状態に。次に目覚めたときには――彼の意識は、弟の刹那のものに取って変わられていた。  死の淵から甦った魂の片割れは、何を求めるのか……急転直下のシリーズ第3弾!!
  • 咎人の刻印 ダイブ・トゥ・スカイハイ
    罪を犯した咎人たちの異能バトル、第4弾!  罪を犯して人の道を外れ、その罪ゆえに人智を超えた異能を宿す者たち《咎人(トガビト)》。彼らは自分の罪が昇華する日まで、戦い続けるのだ。  令和のジャック・ザ・リッパーと呼ばれる殺人鬼・神無と、その相棒である吸血鬼の御影。ともに咎人である彼らに、警視庁異能課の高峰から呼び出しがかかる。それは、御影の双子の弟である刹那を甦らせて大混乱を招いた「狭霧」と名乗る人物の、暴走を止めてほしいというものだった。実は狭霧というのは通称で、件の青年の本名は「獅堂八房」という。彼は自分の異能をもって、反魂や屍体を操る術を使うのだが、これは、禁忌の術として厳格に統制されているものだった。どうやら八房――狭霧は、自分のネクロマンシーの能力を駆使して、何かを甦らせようとしているらしい。ところが、仲間の咎人たちも集結し対策を講じている最中に、隙をつかれた御影が狭霧の手に! 神無は御影を取り戻すべく、狭霧の根城である池袋のサンシャイン60へ向かうが・・・。  現世の理を歪めてまで、狭霧が甦らせようとした死者はいったい誰なのか。そして、死者復活により発動した膨大なエネルギーが、都心にさらなる災厄を引き起こす!?
  • 咎人の刻印 パラダイス・ロスト
    大罪を負った「トガビト」の物語第5弾! 許されざる罪を犯し、罰とともに「異能」を得る「咎人(トガビト)」。人の姿を保ちながら、人ならざる者として闇に生きる彼らは、罪の証でもある異能を駆使し、ときに命がけで戦うのだ。ちなみに現在、東京のダークサイドにおいて最強のコンビと囁かれるトガビトは、《令和の切り裂きジャック》こと殺人鬼の神無と、《弟殺しのカイン》て呼ばれる吸血鬼の御影。彼らは互いを唯一無二の相手として、特別な関係を築いていた。  ある日のこと、神無と御影のもとに百花と名乗る美少女が現れる。彼女は有名な製薬会社社長の隠し子で、表に出せないある重要な取引きの証拠を握っていた。しかしそのせいで「始末屋」を自称する者たちの襲撃を受けるようになり、ほとほと困り果てて神無たちにボディガードを依頼してきたのだった。新たなる勢力の台頭で、首都の闇に激震が走る……のか?  同一世界のスピンオフ作品『東京ファントムペイン』からも、特殊機関「アリギエーリ」の名コンビ、カイネとマツリカが参戦! 強き者たちがしのぎを削る、血湧き肉躍るダークファンタジー、ついに待望の第5弾!【コミカライズ、舞台化作品】

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

小学館文庫キャラブン! の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング