メモリアノイズの流転現象/ソウルドロップ奇音録

メモリアノイズの流転現象/ソウルドロップ奇音録

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

〈あの事件は終わっていない〉――私立探偵・早見壬敦は、禿猿山で出会った不思議な人物から謎の言葉を聞く。杜名賀家の離婚問題調査で長女の過去に興味を抱き、調べている時であった。その山は、20年前一家を襲った惨劇の舞台だったのだ……。同じ頃、杜名賀邸では庭が爆破され、怪盗“ペイパーカット”の予告状が発見される。神出鬼没の怪盗を追うサーカム保険の調査員・伊佐俊一と千条雅人が現場に急行、生命と同価値のものを奪う怪盗の標的が早見ではないかと不安を抱くが……。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
NON NOVEL
電子版発売日
2016年05月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

メモリアノイズの流転現象/ソウルドロップ奇音録 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年05月05日

    面白かったです。さすがは、上遠野浩平。
    前作ではまったくつながりがなかったような感じですが、ブギーポップとのつながりみたいのが出てきてしまいました。
    そこがいいんですけどね。
    今回のメインとなる早見が能力者で、その能力者を探している例の「組織」まで出てきました。一文だけですけどね。
    これからも、ブギ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この物語を読んだときに、
    あぁ、上遠野さんは“事件”とかそーゆーものではなくて“人間”を書こうとしているのかなぁ〜という感想を持ったことをよく覚えています。
    よく見かけるミステリーとは若干・・・というか根本的なところで違うように思いました。好きな作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月25日

    “魂の一滴(ソウルドロップ)”と引き替えに命を奪う……!
    神出鬼没の謎の怪盗 vs 異能の私立探偵
    話題沸騰!好評ソウルドロップシリーズ第2弾!
    「あの事件は終わっていない―」私立探偵・早見壬敦は、禿猿山で出会った不思議な人物から謎の言葉を聞く。杜名賀家の離婚問題調査で長女の過去に興味を抱き調べてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月09日

    ソウルドロップシリーズ2作目。初期ブギーポップのような安定した面白さ。そして奈緒瀬がいちいち可愛らしい。テンプレートのようなツンデレ描写を続ける一部クリエイターは爪の垢を煎じて飲め、と個人的には言いたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月20日

    何となく続きが気になる終わり方でした……。
    一巻でも思うけど、奈緒瀬が可愛い!
    彼女が普通の女の子って分かる所を微笑ましく見てました。
    それにしても伊佐さんかっこいいわぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月20日

    冒頭が前作と雰囲気が全く違ったので戸惑った。でもきちんと飴屋さんが出てきて安心。ミステリー色が前作以上で、満足した気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ■読んですぐに続巻探しちゃいました。今の所3冊中、この2冊目が一番好きです。…正直、表紙と中身は合ってない気がします(ごめん)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ソウルドロップ続編。ターゲットの命と同価値を持つ「キャビネッセンス」を奪う怪盗と、それを追う調査員、そして、異能の名(?)探偵の話。主要キャラは各々変人。それでも、彼らの織りなす物語にはぐいぐい惹き付けられます。うん。名探偵はいいキャラでしたね、私にとっては。ブギーポップシリーズともリンクしています...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ソウルドロップの続きです。ある名家でおこる事件。そして怪盗ペイパーカットの狙いとは?

    推理小説の要素からはどんどん離れていってるように思います。ファンタジーとしてなら楽しめますが、出てくる人間人間が、超人すぎてリアルさがない。
    不思議な能力をもっているということ以上に、考え方やら行動力やらがすごす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    流転、というだけあって素早く展開するストーリー。それは流転というよりまさに激流。
    その中で一人、時間も空間も何もかもを超越しているかのような存在の飴屋。
    彼が出てくると空気が変わる。圧倒的な存在感。
    つかまえることができそうで、でもできず。
    けれど、彼に追われることからは、誰も逃れられない。
    善人な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ソウルドロップ のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • ソウルドロップの幽体研究
    〈生命と同等の価値のある物を盗む〉――奇妙な予告状が届いた高級ホテルの一室で、強大な権力を持つ老人の影武者が殺害された。そして、厳重な警備の中、なぜかキャンディがひとつ失くなっていた。サーカム保険の調査員・伊佐俊一と千条雅人は、“ペイパーカット”の仕業と認定。傍目にはどうでもいいとしか思えない物を盗み、同時にその人の命を奪う――謎の怪盗を追う二人は、同じ予告状が届いた巨大ホールへ...
  • メモリアノイズの流転現象/ソウルドロップ奇音録
    〈あの事件は終わっていない〉――私立探偵・早見壬敦は、禿猿山で出会った不思議な人物から謎の言葉を聞く。杜名賀家の離婚問題調査で長女の過去に興味を抱き、調べている時であった。その山は、20年前一家を襲った惨劇の舞台だったのだ……。同じ頃、杜名賀邸では庭が爆破され、怪盗“ペイパーカット”の予告状が発見される。神出鬼没の怪盗を追うサーカム保険の調査員・伊佐俊一と千条雅人が現場に急行、生命...
  • メイズプリズンの迷宮回帰/ソウルドロップ虜囚録
    家出中の少女・西秋有香は双季蓮生という不思議な老人と出会い、詐欺罪で服役中の有香の父が計画していた犯罪を実行することになった。「生命と同等の価値のあるものを盗む」と書かれた謎の怪盗ペイパーカットの偽造予告状を使い、保険会社から補償金を騙し取ろうというのだ。双季は保険会社の調査員・伊佐俊一と千条雅人に接触。しかし、双季の正体は強大な権力を持つ東澱家に命を狙われる脱獄囚であった...
  • トポロシャドゥの喪失証明/ソウルドロップ彷徨録
    位相幾何学=トポロジーに名を由来する不思議な造形「トポロス」。新進工芸家・波多野ステラのオブジェを写した電子写真に、「生命と同等の価値のあるものを盗む」の文字が浮上した。サーカム保険の調査員・伊佐俊一は、トポロス展担当の損保マン諸三谷が標的と危惧する。しかし彼はステラの双子の姉イーミア不審死事件の容疑者になっていた。病床の妹に会うため留置場を脱出した諸三谷が遭遇する厄介な出...
  • クリプトマスクの擬死工作/ソウルドロップ巡礼録
    〈ペイパーカットの正体を知っている〉財界の首領・東澱久既雄に沙遊里は言い放った。強大な権力者の東澱でも捕らえられない存在――生命と同等の価値のあるものを盗む怪人を少女がなぜ!? 情報提供の見返りは、カリスマ映画監督だった父の遺作の解明。撮影前に不審死を遂げ、ストーリーが謎のままなのだ。私立探偵の早見と保険会社の伊佐は調査に乗り出す。だが、スクープ屋、ヤクザを従える老俳優も行動を...
  • アウトギャップの無限試算/ソウルドロップ幻戯録
    生命と同等の価値のあるものを盗む“ペイパーカット”の予告状が投稿サイトにアップされた。手品の動画の一場面だった。サーカム保険の調査員・伊佐俊一と千条雅人は演技者を訪ねた。だが、そのマジシャンはペイパーカットの秘密はいただくという不敵な宣言を残し姿を消す。やがて男は密かにマジックショーを企画。狙いは何か? 浮上する伝説の歌手との因縁……。謎の怪盗と男の関係は? ライバルの女手品師...
  • コギトピノキオの遠隔思考/ソウルドロップ孤影録
    絶海の孤島アルバトロスの秘密施設。そこは一枚の紙切れで生命を奪う謎の怪盗ペイパーカットに遭遇し、九死に一生を得た人々を収容した研究所だった。元警察官・伊佐俊一もまた怪盗に負わされた傷を癒すべく、島を訪れた一人。人に言えない過去を持つ患者ばかりの、不穏な空気が漂う所内で、ついに連続殺人が! 犯人とその目的は? スパイの存在も囁かれる中、容疑は伊佐に向けられた! 後遺症の幻覚に...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています