酸素は鏡に映らない No Oxygen,Not To Be Mirrored

酸素は鏡に映らない No Oxygen,Not To Be Mirrored

作者名 :
通常価格 913円 (830円+税)
紙の本 [参考] 968円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ひとけのない公園に落ちていた一枚の幻の金貨。それを手にした小学5年生の高坂健輔(こうさかけんすけ)にオキシジェンと名乗る奇妙な男は語った。「もしも……力が欲しいのなら……それを探してみるといい……面白いところに、糸がつながっている――」と。男の言葉は未来への鍵か、それとも禁断の邪悪な扉か? 秘宝を探し求めて、少年は不思議な冒険をはじめる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ノベルス
電子版発売日
2014年09月19日
紙の本の発売
2011年05月
サイズ(目安)
1MB

酸素は鏡に映らない No Oxygen,Not To Be Mirrored のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年01月25日

    ミステリーランド作品のノベルス版。

    死神は出てこないけれど、シリーズで重要な博士がオキシジェンに替わる立場になる。
    ブギーポップ読んでない人だと謎すぎるかもだけれど、大人との境目にある子供視点だと、ちょうど良い謎だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月15日

    「もしも…力が欲しいのなら…それを探してみるといい」謎の男の言葉に従い秘宝を探す少年。それは世界の新たな扉を開くことになるのか。
    物語の導入部でぐぐっと引き込まれて大きな世界が開かれるのかと思いましたが、意外とこじんまりとまとまった感じ。しかし大きな世界を予兆させる部分がアチコチにちらばめられている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月21日

    ハードカバーで持っているのに何故か未読で
    新書版で読むという不合理。

    比較的ブギーポップ、ビートのディシプリン、ヴァルプルギスの後悔
    付近なお話し。
    その辺の設定やキャラがちょこっと出てくる。
    設定はメインか。

    オキシジェンが出てくるが主役はそこではなく。

    この著者の話は時系列が判りにくいが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月25日

    ブギーポップシリーズと同じ世界で展開されるお話です。
    それでも、このお話単独でも楽しめる内容だと思います。
    (ブギーポップシリーズは途中から、順番バラバラで読んでも楽しめました。)
    まぁ、こういった雰囲気が好きなんです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月18日

     抽象的なものを抽象的なまま描くことっていうのはただでさえ難しく、ましてや小説は文章(言葉)だけで表現しなくちゃいけない。
     漫画や音楽にはそれぞれ、絵や音に加えて言葉もあることを考えれば、その難しさは想像を絶する。

     けれど、恐らくそれをやるだけならば、それほど難しくはないのでしょう。上遠野さん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月22日

    読んだんですけれども、どんな話だか忘れました…なんだか中二病というのか、青年期の不安みたいなものが表現されていたんじゃないかと…思うんですけれども、思えば著者の「ブギポシリーズ」だってアレですよね、青年期というか、思春期の悩みが主なテーマだったり? するんじゃないかと個人的には思っているんですけれど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月13日

    児童書と捉えていいのかライトノベルと捉えていいのか。
    主人公は少年。ボーイミーツガールもあって成長物語もあるけど、でもそれは少年の話じゃなくて。
    少年は少年で「世界を支配する力」を手に入れて、これからを過ごしていくのだろうけど。

    捉えどころのないもやもやとした何かのような、それでいて荒削りなごつご...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月30日

    全体的に不思議な雰囲気のお話だった。レビュー読む限り、ブギーポップが関係しているんでしょうか。そっちを読みたくなりました。不思議すぎて途中意味がわからなかったけど、おもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月28日

    なんともミステリアスで哲学的だなぁと思った。   
    とても興味深く読ませていただいたが、ふわふわっとしていてどう着地したらよいのかがよく分からなかった。   
    まぁ作者によると(あとがき)、結論はそれぞれで出してくださいってことなので、私としては絵里香と守雄のその後の関係が気になりますってことで(笑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月27日

    主人公の少年と、オキシジェン(または柊)という世界の支配者を名乗るオッサンの会話が刺激的。
    あと、同時進行的に特撮ヒーロー物の物語が展開されてるのだけど、そっちが気になって仕方ないw 見てみたすぎるw

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています