残酷号事件 the cruel tale of ZANKOKU-GO

残酷号事件 the cruel tale of ZANKOKU-GO

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
紙の本 [参考] 1,045円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

残酷号と呼ばれる謎の怪人が戦火の絶えぬ世界に降り立つ。無敵の力をふるい暴虐の軍と闘うその正体は、心を喪失したひとりの少年、義賊ロザンは少年を救おうとするが、その前に立ちはだかるのは、怪人を生み出した元凶―邪の極ともいえる敵だった。歪んだ世が悪を生むのか、人の性が悪ゆえに世が歪むのか。なくした心を探し求める残酷号に未来はあるか。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ノベルス
シリーズ
戦地調停士シリーズ
ページ数
326ページ
電子版発売日
2014年01月24日
紙の本の発売
2009年03月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

残酷号事件 the cruel tale of ZANKOKU-GO のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年12月10日

    カドノ式自動的変身ヒーロー活劇。
    このシリーズ久しぶりだったのでなかなか人物が頭に入りにくかったけど、じわじわと伏線回収されていくのが面白かった。
    残酷号△

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月01日

    ひさびさに読んだブギーポップがおもしろくて、過去に買っていたシリーズの続きが気になって購入。
    上遠野作品は話が複雑で内容を忘れがちなのでメモ。

    禁涙城事件とリンクしてる部分が多い。
    この後で禁涙城のほうを読むと
    ミラル・キラルがロードマンと共に残酷号を滅ぼすことを示唆する手紙があったり
    EDの足が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月08日

    あっ、挿絵描く人変わったんだ。 
    前の人の影響があるからイメージ壊さないように
    気を使わなきゃいけないし大変だね。

    前作から何年たったんだけ。 
    残酷号って、前作で出てきた謎の生物だったんだね。 
    すっかり忘れてた^^;

    この話は、残酷号がなぜ生まれて
    何をこれから成すのかが描かれてます。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月11日

    前の禁涙境事件からかなり年月が経っての出版で待ちわびていました。
    でも、イラストが金子さんから変わってしまったのがかなり残念です。

    イラストも楽しみにしていたのですが、世界観は気に入っているので続けて読んでいこうとは思っています。新書で買い続けている小説はこれだけですので・・・。

    内容は残酷号の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    久しぶりに事件シリーズの新刊でたと思ったら挿絵が金子さんじゃなくなってるとか…。
    ダメージ受けまくりです。
    1冊目でたときには、それも売りだったのに。悲しい話。

    話的には前回の禁涙境に出てきた残酷号のお話ですが、なんだかまた話が広がっているようないつでも収められるような。
    思わず、前の巻とか読み返...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    やっと出ました新刊!!!

    イラストが金子一馬氏でなくなったのが
    少々、不服ですが・・・。
    思ったよりはイメージ崩れなかったのでよかったです。

    そしてこれ、前作に若干かぶってて
    それの内容をあんまり覚えていなくて・・・。
    読んでて、また一巻から読みたくなりました。

    EDがあまり登場しなかったのが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    戦地調停士シリーズ 第5弾。
    前作の禁涙境事件の最後の方に突然出て来て、やりたい放題やって
    サクっといなくなった謎の人:残酷号に絡んだお話です。
    残酷号の誕生から、過去と現在、色々な国を巻き込んで
    別の依頼で居合わせたロザンとネーティスが巻き込まれ、
    行動を共にするようになり、話が進むにつれて
    サト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月28日

    無傷姫の方を先に読んでしまっていたのですが、こちらの方が5冊目だったのです

    海賊島か禁涙境で確か出てたのですよね?残酷号!

    一体なんだろう?とうやむやに思って居たのを覚えているのです


    もうお話はミステリ要素は全く感じられず、普通にファンタジーノベル。
    世界観は相変わらずの一流で、年表とかない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月12日

    正直、ヒースロゥやエドにもっと活躍して欲しいんだけど、今回はあまり出番なし。全体的に楽しめたけど、もう少し残酷号の心の内を掘り下げて欲しかった、イマイチ彼の動機に納得できない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月18日

    残酷。―それは人生そのものか。酷薄なる運命のことか。積み重なりし理不尽に対し、怒りと共に選ぶ道のことか…残酷号と呼ばれる謎の怪人が戦火の絶えぬ世界に降り立つ。無敵の力をふるい暴虐の軍と闘うその正体は、心を喪失したひとりの少年、義賊ロザンは少年を救おうとするが、その前に立ちはだかるのは、怪人を生み出し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています