コギトピノキオの遠隔思考/ソウルドロップ孤影録
  • 最新刊

コギトピノキオの遠隔思考/ソウルドロップ孤影録

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

絶海の孤島アルバトロスの秘密施設。そこは一枚の紙切れで生命を奪う謎の怪盗ペイパーカットに遭遇し、九死に一生を得た人々を収容した研究所だった。元警察官・伊佐俊一もまた怪盗に負わされた傷を癒すべく、島を訪れた一人。人に言えない過去を持つ患者ばかりの、不穏な空気が漂う所内で、ついに連続殺人が! 犯人とその目的は? スパイの存在も囁かれる中、容疑は伊佐に向けられた! 後遺症の幻覚に襲われながら、独り不可解な事件に挑む伊佐が掴んだ驚愕の真実とは!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
NON NOVEL
電子版発売日
2016年05月13日
サイズ(目安)
12MB

コギトピノキオの遠隔思考/ソウルドロップ孤影録 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年03月30日

    ペイパーカットシリーズの最新刊。

    絶海の孤島アルバトロスの秘密施設。
    研究内容はペイパーカット。
    研究対象はペイパーカットと遭遇し、奇跡的にも生き残った者たち。
    伊佐俊一もその中の一人。
    閉ざされた研究施設の中で次々と死ぬ「被験者」たち。
    その謎に伊佐が挑む。

    シリーズの時間軸ではかなり初期の段...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月08日

    相変わらずの上遠野浩平。
    この独特の世界観と、むしろ言語感覚に惹かれて何年起っただろうか。「プギーポップは笑わない」からもうちょうど50作品というのを見て結構驚いた。やはり、面白い。

    村上春樹の「ハードボイルド・ワンダーランド」とかの不思議な言葉選びと世界観が好きな人なら、もしくは、クトゥルー神話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月30日

    伊佐がペーパーカットと遭った直後の物語。伊佐格好良い。あとサーカム財団は某機構の関係機関であることが明かされた。まあだから釘斗博士がいるわけか……。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月02日

    伊佐がサーカムの下で働き始めるキッカケとなる話。今までの話の前日譚で番外編みたいな位置づけなので、ペイパーカットが出てくるのかどうかも含めてよめなくまた、最後のどんでん返しもあり、面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月30日

    伊佐がペイパーカットと出会ったあと、サーカムの秘密研究施設に連れて来られた時のエピソード・ゼロ的な話。千条との出会いもあるし、ミステリ仕立てなのでシリーズの中ではわかりやすい面白さ。
    まだこなれていないロボットの千条が楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月10日

    過去話。なんかデウスエクスマキナを思ったのだけど、あながち間違いではあるまい。
    もともとクロスする作者だし、この作品もアレとかアレとかクロスしてたけど、今回は露骨に出してきた。

    もういっそ死神さんだせばいいのに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月22日

    伊佐がペイパーカットの影響を受け、ロボット探偵となったばかりの千条と出会う話。つまり、エピソード"0"。うー、騙された。イマジネーターなあの人やら、某機構やら、またいろいろな繋がりが。お嬢様、それ、あの人のであってる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月08日

    伊佐がペイパーカットと出会った後、千条と会いサーカムに所属するようになる話。あと、やっぱり釘斗博士はいいキャラだなー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月28日

    ライトノベルは上遠野の書いたのくらいしか読まなくて本棚入れないでおこうと思ってたけど、いい加減忘れそうなので入れておく。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月06日

    Episode0とのことなんで、今巻は過去話。
    伊佐と千条がコンビを組む経緯ですな。

    所々に今までの作品に出てきた登場人物の名前が出てきてて、何のどこに出てきたっけ?と考えてしまった。
    考えても出てこないのが、自分の記憶力のなさの悲しいトコロ…。

    だれか、時間軸と相関図を作ってくれないかな、と本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ソウルドロップ のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • ソウルドロップの幽体研究
    〈生命と同等の価値のある物を盗む〉――奇妙な予告状が届いた高級ホテルの一室で、強大な権力を持つ老人の影武者が殺害された。そして、厳重な警備の中、なぜかキャンディがひとつ失くなっていた。サーカム保険の調査員・伊佐俊一と千条雅人は、“ペイパーカット”の仕業と認定。傍目にはどうでもいいとしか思えない物を盗み、同時にその人の命を奪う――謎の怪盗を追う二人は、同じ予告状が届いた巨大ホールへ向かう。5日後に開かれる天才女性歌手の追悼ライブで怪盗は何を起こすのか!?
  • メモリアノイズの流転現象/ソウルドロップ奇音録
    〈あの事件は終わっていない〉――私立探偵・早見壬敦は、禿猿山で出会った不思議な人物から謎の言葉を聞く。杜名賀家の離婚問題調査で長女の過去に興味を抱き、調べている時であった。その山は、20年前一家を襲った惨劇の舞台だったのだ……。同じ頃、杜名賀邸では庭が爆破され、怪盗“ペイパーカット”の予告状が発見される。神出鬼没の怪盗を追うサーカム保険の調査員・伊佐俊一と千条雅人が現場に急行、生命と同価値のものを奪う怪盗の標的が早見ではないかと不安を抱くが……。
  • メイズプリズンの迷宮回帰/ソウルドロップ虜囚録
    家出中の少女・西秋有香は双季蓮生という不思議な老人と出会い、詐欺罪で服役中の有香の父が計画していた犯罪を実行することになった。「生命と同等の価値のあるものを盗む」と書かれた謎の怪盗ペイパーカットの偽造予告状を使い、保険会社から補償金を騙し取ろうというのだ。双季は保険会社の調査員・伊佐俊一と千条雅人に接触。しかし、双季の正体は強大な権力を持つ東澱家に命を狙われる脱獄囚であった。外人傭兵、ベテラン刑事も双季を追う中、やがて彼の哀しい過去が明らかに…。
  • トポロシャドゥの喪失証明/ソウルドロップ彷徨録
    位相幾何学=トポロジーに名を由来する不思議な造形「トポロス」。新進工芸家・波多野ステラのオブジェを写した電子写真に、「生命と同等の価値のあるものを盗む」の文字が浮上した。サーカム保険の調査員・伊佐俊一は、トポロス展担当の損保マン諸三谷が標的と危惧する。しかし彼はステラの双子の姉イーミア不審死事件の容疑者になっていた。病床の妹に会うため留置場を脱出した諸三谷が遭遇する厄介な出来事……。やがて明らかになるイーミアの死の真相、トポロスの秘密とは?
  • クリプトマスクの擬死工作/ソウルドロップ巡礼録
    〈ペイパーカットの正体を知っている〉財界の首領・東澱久既雄に沙遊里は言い放った。強大な権力者の東澱でも捕らえられない存在――生命と同等の価値のあるものを盗む怪人を少女がなぜ!? 情報提供の見返りは、カリスマ映画監督だった父の遺作の解明。撮影前に不審死を遂げ、ストーリーが謎のままなのだ。私立探偵の早見と保険会社の伊佐は調査に乗り出す。だが、スクープ屋、ヤクザを従える老俳優も行動を開始、そこに飴屋という不思議な男も加わって…。怪盗・ペイパーカットの標的は誰か!?
  • アウトギャップの無限試算/ソウルドロップ幻戯録
    生命と同等の価値のあるものを盗む“ペイパーカット”の予告状が投稿サイトにアップされた。手品の動画の一場面だった。サーカム保険の調査員・伊佐俊一と千条雅人は演技者を訪ねた。だが、そのマジシャンはペイパーカットの秘密はいただくという不敵な宣言を残し姿を消す。やがて男は密かにマジックショーを企画。狙いは何か? 浮上する伝説の歌手との因縁……。謎の怪盗と男の関係は? ライバルの女手品師、トリック作りの天才少年も巻き込み、世紀のマジックショーの幕が開いた!
  • コギトピノキオの遠隔思考/ソウルドロップ孤影録
    絶海の孤島アルバトロスの秘密施設。そこは一枚の紙切れで生命を奪う謎の怪盗ペイパーカットに遭遇し、九死に一生を得た人々を収容した研究所だった。元警察官・伊佐俊一もまた怪盗に負わされた傷を癒すべく、島を訪れた一人。人に言えない過去を持つ患者ばかりの、不穏な空気が漂う所内で、ついに連続殺人が! 犯人とその目的は? スパイの存在も囁かれる中、容疑は伊佐に向けられた! 後遺症の幻覚に襲われながら、独り不可解な事件に挑む伊佐が掴んだ驚愕の真実とは!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています