星界の戦旗I ―絆のかたち―

星界の戦旗I ―絆のかたち―

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

アーヴ星間帝国では、三年前に〈人類統合体〉に制圧された星々を奪いかえすため、今まさに大規模な作戦行動が始まろうとしていた。戦争を前に、編成される大艦隊。その中に一隻の小さな突撃艦があった。艦の名は〈バースロイル〉。帝国の王女ラフィールが指揮する最初の船だった!――『星界の紋章』の続篇開幕!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年10月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

星界の戦旗I ―絆のかたち― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年09月18日

     ディアーホ三部作の第一巻である本作では、ジント&ラフィールに加え、新キャラ・エクリュアの四者による複雑な四角関係が展開されている。
     罪深いオンナ(雄)であるディアーホはついに王宮へと隔離されてしまうが、これはつまり、しょうがないのである。

     さて、本作はタイトルの通り、戦争が主題となっている。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    本編の位置付けの戦旗シリーズ。3巻で終わりではないらしいです。まずは紋章を気に入って頂けたのなら、まちがいなくお勧めのシリーズです。気になるのは、マルチメディア化されてから格段に遅くなった発刊のペース。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月05日

    SFが読みたいと思って本屋にいったらシリーズで展示されていたので購入してみた。多くの人が言うように「A boy meets a girl」の内容だが、宇宙航法の設定とかもしっかりしていてそれなりに楽しめた。ただ、仮想の言語のルビがやたらとふらていてなれるまでは正直読むのに苦労した。別世界の雰囲気を出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月05日

    内容(「BOOK」データベースより)

    宇宙空間を故郷とし、強大な星間帝国を築いて、銀河の半分を支配するアーヴ。帝国では、三年前に「人類統合体」に制圧された星々を奪いかえすため、今まさに大規模な作戦行動が始まろうとしていた。戦争を前に、編成される大艦隊。その中に一隻の小さな突撃艦があった。艦の名は「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    宇宙空間を故郷とし、巨大な星間帝国を築いて、銀河の半分を支配するアーヴ。

    三年前に人類統合体に制圧された星々を奪い返す為に、大規模な作戦が始まろうとしていた。

    編成される大艦隊の中には、ラフィールとジントの乗る突撃艦バースロイルの姿も。


    帝国の新時代を告げる先端は開かれた!!


    待望のスペ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    筆者は森岡浩之。
    前作、星界の紋章の続き。
    「人類統合体」に領地を奪われたアーヴは、奪われた領地を取り返すために戦いを始める。
    そして、ジントもまた奪われた故郷を取り返すために、アーヴの皇女、ラフィールが指揮する突撃艦「バースロイル」に乗る。
    前回の続きで、共にあろうと誓い合ったジントとラフィールが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月17日

    『星界の紋章』を読み終えたので、次は『星界の戦旗』シリーズ。
    『紋章』3冊のあとなので、だいぶ星界シリーズの用語にも慣れてきた。
    今回は艦隊戦もあってなかなか盛り上がったけれど、何と言ってもそれぞれの艦隊の司令官と参謀のやりとりが面白い。
    仲の良いさ司令官と参謀という組み合わせはないのだろうか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    前刊の最後でアーヴの種族の原型が判りました。
    この間ではその他のことも次々と…推測の領域ですがね。
    元の出身の国とかを推測するという、もしかしたら邪道な楽しみ方をしています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    突撃艦バースロイルの艦長となったラフィールは、ジントと共にアプティック星系へ向かうことに。司令の名前はアトスリュア百翔長。なんとフェブダーシュ男爵の妹だった。いよいよ星界軍として出発した2人。上司たちの個性がものすごく強力。スポールとかドゥサーニュとかネレースとかネフェーとか。星界軍で出世するには普...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年05月17日

    もう少しカメラを固定してくれないと読者としては非常に疲れる。
    ややこしい名前があったりして頭の中にすんなりと入っていかない。

    その点、紋章の方が明らかに面白かったと思う。主人公の考えやキャラクターの行動に一貫性があった。

    本作では、立場上、仕方がないとは思うが、主人公たちは巻き込まれて流されてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

星界の戦旗 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 星界の戦旗I ―絆のかたち―
    アーヴ星間帝国では、三年前に〈人類統合体〉に制圧された星々を奪いかえすため、今まさに大規模な作戦行動が始まろうとしていた。戦争を前に、編成される大艦隊。その中に一隻の小さな突撃艦があった。艦の名は〈バースロイル〉。帝国の王女ラフィールが指揮する最初の船だった!――『星界の紋章』の続篇開幕!
  • 星界の戦旗II ―守るべきもの―
    帝国暦九五五年、〈アーヴによる人類帝国〉は、残存する〈人類統合体〉の艦隊を制圧すべく新たに艦隊を再編し、狩人作戦を開始した。いっぽう、狩人第四艦隊に所属する〈バースロイル〉艦長ラフィールは、またも領主代行を命じられ、ジントとともに惑星ロブナスIIへと向かった。だが、まさかその惑星が……新世代待望のスペース・オペラ第2巻
  • 星界の戦旗III ―家族の食卓―
    ジントとラフィールを乗せた軽武装貨客船〈ボークビルシュ〉は、一路ハイド星系めざし平面宇宙を航行していた。敵艦隊の撤退により帝国領に復帰したハイド星系を、ジントが伯爵として正式に統治するためだ。一方、襲撃艦によって構成された第一蹂躙戦隊もまた、戦技演習のためハイド星系へと向かっていたが……
  • 星界の戦旗IV ―軋む時空―
    〈アーヴによる人類帝国〉と〈三ヵ国連合〉との戦争は七年目に突入した。戦況は帝国に有利に展開していたが、さらなる攻撃のために、新たな作戦『双棘』が発起され、ラフィールとジントは、襲撃艦〈フリーコヴ〉で、ラフィールの弟ドゥヒールは、戦列艦〈カイソーフ〉に乗り組み、出撃する。そのころ、皇帝ラマージュと〈ハニア連邦〉とのあいだで、とある密約がなされようとしていた。大詰めを迎える戦争...
  • 星界の戦旗V ―宿命の調べ―
    〈アーヴによる人類帝国〉が〈ハニア連邦〉を併合するはずの雪晶作戦が発動したが、逆に〈ハニア連邦〉は帝都への進撃を開始していた。作戦に加わった、ラフィールの弟ドゥヒールが乗り組む戦列艦も予定外の交戦状態にあった。一方、勅命にて帝宮に呼び出されたラフィールには、皇帝ラマージュから、新たな艦と任務が与えられる。苛烈な戦闘は、アーヴに大きなうねりをもたらすことになる。〈戦旗〉シリー...
  • 星界の戦旗VI ―帝国の雷鳴―
    人類史上最大の戦闘の末、〈アーヴによる人類帝国〉は帝都ラクファカールを失陥した! 皇帝ラマージュは戦いに倒れ、アーヴたちは宇宙の各所に散り散りとなった。それから十年。新皇帝ドゥサーニュのもと、アーヴの反撃がいま始まる。ラフィールは艦隊を率いジントともに出撃してゆく。戦旗シリーズ第二部開幕!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

星界の戦旗 に関連する特集・キャンペーン