高野史緒の一覧

「高野史緒」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/10/15更新

ユーザーレビュー

  • カラマーゾフの妹
    『カラマーゾフの兄弟』はドストエフスキーが死の直前まで執筆していて、本来は続編が予定されていたという。これを日本人の著者が独自に読み解き、解釈し、勝手に続編を書いたのが『カラマーゾフの妹』だ。と言っても、ドストエフスキー自身が構想していたとされる設定も引き継がれている(アレクセイが革命家を志している...続きを読む
  • カラマーゾフの妹
     日本の小説家が『カラマーゾフの妹』という小説を出したとしたら、まずは日本を舞台にした小説で『カラマーゾフの兄弟』にアリョーシャ、いやいや、アリュージョンがあるようなもの、と推測されるではないか。それが『カラマーゾフの兄弟』の続編とは大胆不敵。なぜ100年以上も続編が書かれなかったのかといえば、ドス...続きを読む
  • カラマーゾフの妹
    果敢にもドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』に挑戦し、独自の答えを描いてみせた第58回江戸川乱歩賞受賞の力作。

    原作を損なうことなく、ミステリーとして続編を描くという面白いアイデアと力量には驚かされた。どのような着想からこの作品を描くに至ったのか非常に興味深かったが、巻末の高野史緒と亀山郁夫、...続きを読む
  • 大天使はミモザの香り
    なんとしてでも手に入れる、その気持ちは悪くはないのだろうけど、誠意を持って相手に話してみるというのもアリじゃないのだろうか? ま、それじゃ物語にならないけどね。
  • 大天使はミモザの香り
    拓人と光子のW主人公かと思ったら後半拓人の影が薄くて残念。知らない大人たちにも物怖じせず、とっさに実家の宣伝もできるいい子なのに(笑)
    フランスの隣の小国から来日した超高額ヴァイオリンをめぐるミステリ。