カラマーゾフの妹

カラマーゾフの妹

作者名 :
通常価格 803円 (730円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

カラマーゾフ事件から十三年後。モスクワで内務省未解決事件課の特別捜査官として活躍するカラマーゾフ家の次男、イワンが、事件以来はじめて帰郷した。兄ドミートリーの無罪を証明し、事件の真相を確かめたい――再捜査を開始するイワンの前に新たな事件が起こる。十三年前の真犯人は誰なのか。新たな事件は誰が、何のために起こしているのか、そして、謎解きの向こうに見えてくるものとは。息詰まる展開、そして驚愕の結末!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2017年08月11日
紙の本の発売
2014年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

カラマーゾフの妹 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    『カラマーゾフの兄弟』はドストエフスキーが死の直前まで執筆していて、本来は続編が予定されていたという。これを日本人の著者が独自に読み解き、解釈し、勝手に続編を書いたのが『カラマーゾフの妹』だ。と言っても、ドストエフスキー自身が構想していたとされる設定も引き継がれている(アレクセイが革命家を志している...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月15日

     日本の小説家が『カラマーゾフの妹』という小説を出したとしたら、まずは日本を舞台にした小説で『カラマーゾフの兄弟』にアリョーシャ、いやいや、アリュージョンがあるようなもの、と推測されるではないか。それが『カラマーゾフの兄弟』の続編とは大胆不敵。なぜ100年以上も続編が書かれなかったのかといえば、ドス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月16日

    果敢にもドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』に挑戦し、独自の答えを描いてみせた第58回江戸川乱歩賞受賞の力作。

    原作を損なうことなく、ミステリーとして続編を描くという面白いアイデアと力量には驚かされた。どのような着想からこの作品を描くに至ったのか非常に興味深かったが、巻末の高野史緒と亀山郁夫、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月11日

    本家ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』は高校生の頃に読んで
    大人というか、大台超えた60代の2005年になってから読み直したのと
    追ってすぐ亀山新訳の話題に引かれ2008年にまた読んだのと
    都合3回読んでいる

    高校生の頃はわかったのか?わからないままでも
    登場人物たちの饒舌な会話が気にいった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月29日

    読みたいと思って待っていたらやっと回ってきた。昔読んだがぼんやりしか覚えていない「カラマーゾフの兄弟」。今あらためて読んでも大丈夫解るのだろうか。先にアノ長い長い本編を読んだほうがいいのだろうか。迷っているうちに手元に来てしまった。
    こういうのを杞憂と言うのだろう。読んでみたら、もう面白くて最後まで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月19日

    カラマーゾフ+ミステリー+スチームパンク。『カラマーゾフの兄弟』のその後を妄想した架空続編小説です。
    カラマーゾフ事件の真犯人は誰なのか? 暴かれるのは封印された記憶、秘められた欲望。濁らない無垢も潔癖な正しさも、過ぎればそれは"狂気"なのだ。白黒つかない灰色の日々を凡庸に生きて行こう…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月03日

    実に細部まで『カラマーゾフの兄弟』を読み込んであるのに感心した。アリョーシャが犯人だとはいまいち腑に落ちない。また兄弟には妹がいたとの発想は面白い。もっと妹が育っていてほしかった。それも妹ではなく弟で。『カラマーゾフの兄弟』読んだことある人には賛美半分失望半分だろうが十分楽しめた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月10日

    カラマーゾフと聞けば、いつかは読まずにはいられないかと。
    ロシア文学の巨匠の作品。書かれなかった続編を想像するのは、楽しいことだと思うけど、まさか自分で書いてしまうとは!
    イワンの人格形成については、考えさせられることがあるけど、アリョーシャの神性についてはイメージが合うかもしれない。
    よく調べます...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月07日

    「カラマーゾフの兄弟」の続編でもあり、ミステリーでもある。
    多重人格等新しい要素も加えて、見事に謎解きをしているのである。
    ちょっと分かりにくい小説の解説にもなっており、二重三重に得した気分だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月20日

    あのドストエフスキーが、死によって書き上げられなかった『カラマーゾフの兄弟』の続編!

    原作を損なう事なく、そして、とても納得の行くものでした。
    全ての謎が、「妹」をキーにして、きれいに納まる感じです。
    普通に文学としてだけでなく、ミステリとしても、SFとしても、心理学としても楽しめました。
    そうか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています