「府川由美恵」おすすめ作品一覧

【府川由美恵】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/08/26更新

ユーザーレビュー

  • 上海ファクター
    この本を読み始めてから007を観直したくなり 他のスパイ映画に手を出してみたいと思った
    翻訳小説を読むのが初めてで読み始めは抵抗があったものの簡潔な文章に次第に魅力を感じた
    長い間主人公("おれ")のスパイであることへの葛藤やスパイを辞めれば訪れるであろう"普通の"生活への憧れや一種の侮蔑が語られ ...続きを読む
  • 黙示 下
    2ちゃんねるや日本独特のオタク文化が紹介されているのが興味深く、出版された本のあとがきとして書かれた物語の核心となる部分が読ませる。ただし、想像もつかないような陰謀や大規模な犯罪へと発展するかと思いきや、やはりそこへ行ってしまうのかと、やや肩透かしを食った思いがする結末。
  • 黙示 上
    重なって発生した四つの航空機墜落事故。ルポライターの取材に基づく著作という体裁で背後に隠された驚くべき事実が明らかになっていく。関係者や遺族の苦悩と恥を知らない社会の好奇の目。ドキュメンタリータッチで描く手法は臨場感たっぷりだが途中でやや飽きてくる。
  • 黙示 下
    悲惨な航空機墜落事故で生き残った三人の子供は全世界の注目の的となった。マスコミは殺到し、政治家や宗教家が彼らを利用しようと群がった。しかし彼らの周囲の人々は、ただならぬ変化が子供たち自身に生じつつあることに気がつく。それは、世間の好奇心と過熱報道が生んだ幻影に過ぎないのか、それとも本当に人類の運命を...続きを読む
  • 黙示 上
    その日、世界の各地で四件の航空機墜落事故が起きた。墜落したのは、アメリカ、イギリス、南アフリカ、日本の航空機。乗員乗客、さらには地上でも多数の人々が犠牲となる。ところが酸鼻をきわめる現場から、生き残った三人の子供が発見された。それは神の為した奇跡か、それとも破滅の予兆なのか?やがてその波紋は、想像を...続きを読む