府川由美恵の一覧

「府川由美恵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/20更新

ユーザーレビュー

  • サンクトペテルブルクから来た指揮者
    本作は、禍々しい事件に巻き込まれて行くトムや、捜査に勤しむスクロフ検事やマルキン警視の活躍を愉しむ、不穏な事態の謎を明かすエンターテイメントというのが基軸だ…が、「過去」を追いやろうとしているトムが自身の現在の人生に向き合って行くようになる物語でもあり、現在となっては“歴史”な雰囲気にもなっている時...続きを読む
  • 上海ファクター
    この本を読み始めてから007を観直したくなり 他のスパイ映画に手を出してみたいと思った
    翻訳小説を読むのが初めてで読み始めは抵抗があったものの簡潔な文章に次第に魅力を感じた
    長い間主人公("おれ")のスパイであることへの葛藤やスパイを辞めれば訪れるであろう"普通の"生活への憧れや一種の侮蔑が語られ ...続きを読む
  • ダークエルフ物語12 夜明けへの道
    ああ、面白かった!久しぶりに本でわくわくした。本書で最初に登場して以来、最後の最後まで明かされなかった死王魔族エルトゥの囚われ人は、あの“彼”ではないかと密かに思っていたのが的中し、感激した。いつかは…と思っていたので。これが完結編で、もうドリッズトや黒豹のグエンワイヴァーに会えなくなるのかと思うと...続きを読む
  • ダークエルフ物語12 夜明けへの道
    ドリッズトの一行が最高にかっこ良い 様々試練をカイクグリ新しい旅路へと赴く一行 新シリーズの続刊の発売が待ち遠しい 面白過ぎます
  • ダークエルフ物語9 ドロウの遺産
    アンダーダークの話になると宗教が絡んでくるので、どうしても理不尽さを感じずにはいられないのだが、今回の話は手に汗握る闘いの連続で、理不尽さを上回って余りある面白さだった。しかし胸痛む出来事に涙を禁じ得ない部分もあって、ドラマチック。登場人物達が死力を尽くすには、悲劇がなければならなかったのか…。