「森岡浩之」おすすめ作品一覧

「森岡浩之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:森岡浩之(モリオカヒロユキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年03月02日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

京都府立大学文学部卒。1992年『夢の樹が接げたなら』でデビュー。『星界の紋章』をはじめとする星界シリーズ、『月と炎の戦記』をはじめとする月と炎の戦記シリーズなど多数の作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/15更新

ユーザーレビュー

  • 星界の紋章 3―異郷への帰還―
    星間戦争の描写にわくわくした。ラフィールとジントの逃避行も無事終わり…一応ここで区切りはついてるなあ。続編があるけど。
  • 星界の紋章 1―帝国の王女―
    星界語(?)のルビがやや鬱陶しいが、話自体はスペースオペラ&ボーイミーツガールで惹き込まれる。数奇な運命で貴族になってしまった主人公も面白い。
  • 星界の戦旗V ―宿命の調べ―
    **ネタバレ注意**

    もやもやしかなかった4巻から一転、物語は急展開を迎えます。

    これぞスペースオペラ!の艦隊戦。危機に陥る帝国。
    (地理的に)引き裂かれる姉と弟。

    とうとうラフィールが皇太女になるというワクワクしかない第一部のラストです。
    ジントは前巻より登場多め。

    でもおそらく作者も読者...続きを読む
  • 星界の紋章(1)

    な・・・なつかしい

    昔わりと流行ったSFの漫画版です.
    人間の少年、ジントと人間とはちょっと違った種族、アーヴの少女、ラフィールが銀河を所狭しと駆け回る・・・わけではなく、状況に流されながらも協力して活路を開いていきます。
    この作品の詳細な設定を褒めそやすひとも多いですが、やはり最大の魅力はいろいろな意味で不安定な...続きを読む
  • 夢の樹が接げたなら
    冒頭の「夢の樹が接げたなら」を読んだ時点で、すごいSF作家を見つけてしまったと驚いた。飛び抜けた発想と世界観の作り込みには感動するし、文章も読みやすい。ただ全体的に同じようなテーマで書かれているため一気に読むと若干あきる。表題作と「ズーク」が重くて面白い。
    星界の紋章はとりあえず買う。

特集