クロニスタ 戦争人類学者

クロニスタ 戦争人類学者

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

生体通信によって個々人の認知や感情を人類全体で共有できる技術“自己相”が普及した未来社会。共和制アメリカ軍はその管理を逃れる者を“難民”と呼んで弾圧していた。軍と難民の間で揺れる軍属の人類学者シズマ・サイモンは、訪れたアンデスで謎の少女と巡り合う。黄金郷から来たという彼女の出自に隠された、人類史を鮮血に染める自己相の真実とは? クラウド時代の民族学が想像力を更新する、2010年代SFの最前線。第2回ハヤカワSFコンテスト受賞後第1作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
416ページ
電子版発売日
2016年03月31日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

クロニスタ 戦争人類学者 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年02月18日

    SF。アクション。
    背表紙によると、「2010年代SFの最前線」らしい。
    はじめ30ページほど読んだだけで、伊藤計劃の影響を強く感じた。結末も『ハーモニー』に近い印象。
    伊藤計劃の残したインパクトが大きかったということでしょうか。
    人類全体で個人の認知と感情を共有できる”自己相”と、その問題点など、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月18日

    ぼくは書評も広く見ています。そこで、「え? 随分変わった本を書いている人がいるな」というときは必ず買うようにしているんです。これは、日系の米軍の軍属が、南アメリカでたった1人しかいない民族の生き残りに出会うっていうお話です。その筋書きが面白いじゃないですか。しかもその世界では全ての人間がネットに生体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています