「野尻抱介」おすすめ作品一覧

「野尻抱介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:野尻抱介(ノジリホウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1961年
  • 出身地:日本 / 三重県
  • 職業:作家

1992年『ヴェイスの盲点』で作家デビュー。『太陽の簒奪者』第31回青雲賞日本短編部門、『ふわふわの泉』で第33回青雲賞日本長編部門を受賞。その他に『クレギオン』シリーズ、『ロケットガール』シリーズ、『銀河博物誌』シリーズなどの作品を手がける。

作品一覧

2014/07/08更新

ユーザーレビュー

  • 沈黙のフライバイ
    今自分が生きている現在。それと地続きになっているかのような空想。そこの境界線がふわっとしているSFってたまらないです。「轍の先にあるもの」がまさにそれ。たぶん、作者自身のわくわくが止まらなくて、これ書いたんだと思う。

    いや、フィクションだと気づくときは、早々に訪れるんだけどもそこまでがね。
  • 太陽の簒奪者
    西暦2006年、太陽面を通過する水星から謎の細長い物体が突き出ているのが観測される。それは、未知の知性体(?)が水星上に構築したマスドライバーから吹き上げる巨大な噴泉だった。水星を原材料に宇宙空間に吹き上げられた物質はやがて太陽の周囲を取り囲む巨大なリングを形成し、地球は日照量が激減したために文明崩...続きを読む
  • 沈黙のフライバイ
    これぞ本当のSFという気がした。
    伊藤計劃さんのような淡々とした作風も好き。

    この中で一番好きなのが「轍の先にあるもの」。
    フィリップ・K・ディックの「シビュラの目」に近い作品。
    主人公にとっては偶然見つけた轍のようなものが一生を決めたといっても過言ではないと思った。
    彼が作家として活躍しても、轍...続きを読む
  • 太陽の簒奪者
    地球外生命体というのはやっぱロマンあるわけで、かつてはETからインディペンデンスデイまでやべーやつから可愛いものまで想像膨らませまくりなわけで。そんなこんなでここでも宇宙人とコンタクトするのにすったもんだあったりなかったりで、大変な事になってるんだけど、微妙にSFちっくな哲学的な話を盛り込みつつも、...続きを読む
  • 沈黙のフライバイ
    日本SF大会米魂の分科会「SF小説の文章技法」で取り上げられた小説『大風呂敷と蜘蛛の糸』が収録された短編集。表題作、大風呂敷、どれも面白かった。
    野尻さんの文章は本当に巧い。難しいのに、読みやすい。とても淡々としていて、するする物語が進むが、時として思わず涙が出てしまうほどに心を揺さぶられる。冗長...続きを読む

特集