太陽の簒奪者

太陽の簒奪者

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

西暦二〇〇六年、水星から突如噴き上げられた鉱物資源は、太陽をとりまく巨大なリングを形成しはじめた。日照量の激減により、破滅の危機に瀕する人類。いったい何者が、何の目的で創造したのか? 異星文明への憧れと人類救済という使命の狭間で葛藤する科学者・白石亜紀は、破壊ミッションへと旅立つが……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
320ページ
電子版発売日
2013年05月17日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

太陽の簒奪者 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    ああ、王道のファーストコンタクト物って久しぶりに読んだけど、まだまだ新境地があったのね。SFっていいわあ。SFが加賀くん可能性を指摘し、科学が発達したらまたSFも新たな地平が開かれるので、SFも科学も進んで欲しいところ。ところで、沈黙のフライバイ、南極点のピアピア動画 、ふわふわの泉(再刊)、そして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月07日

    地球外生命体というのはやっぱロマンあるわけで、かつてはETからインディペンデンスデイまでやべーやつから可愛いものまで想像膨らませまくりなわけで。そんなこんなでここでも宇宙人とコンタクトするのにすったもんだあったりなかったりで、大変な事になってるんだけど、微妙にSFちっくな哲学的な話を盛り込みつつも、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月03日

    地球外に生物、さらには知的生命体が存在するか、存在するとして彼等とのコンタクトが可能かというのは、SFの好きなテーマの一つである。地球上の全ての生物はおそらくたった一つの生命体もしくはたまたま同じ構造を持つに至った生命体群から発展してきたと考えられる。
    地球上の生物はセントラルドグマと呼ばれるコンセ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月24日

    なんのてらいもない直球ハードSFです。
    主人公は白石亜紀。
    17歳から52歳までをファーストコンタクトに捧げる。
    人類が初めて出会う地球外知的生命体とは?
    水星に向かう彼等の意図とは?
    果たしてファーストコンタクトは成功するのか?
    アーサーCクラークを彷彿させる正統派SF。
    エピローグが素晴らしい!...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月17日

    王道コンタクトハードSF。突如として太陽の周囲に生成された超巨大リング。その影響によって地球全土の日照は減少し、人類は危機を迎えていた。その意図は?そもそも何者が?主人公の亜紀は、研究者/知性体/人類の救世主という複数の立場にあることによる矛盾に悩まされながらも、その強大な問題に立ち向かっていく。物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月19日

    ハードSFの常としてキャラクターが弱いし、ご都合主義ではあるが、次々と繰り広げられる華麗なイメージはそれを補ってあまりある。エイリアンが重力井戸である惑星に拘泥する生命体に宿る知性を無視したのはやむを得ない(万能のナノマシンに冗長度を付与し暗号化すれば外部から手出しできなかったろう)、それがあまりに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月15日

    野尻抱介の本を最初に見かけたのは子ども部屋で「ピアピア動画」という題名と表紙絵で引いてしまっていた。
    しかし「沈黙のフライバイ」が好みにハマったので手にしたのがこれ…面白いじゃないか!( ゚Д゚)
    クレギオンってシリーズも読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月15日

    「時間封鎖」に似た設定でまず引き込まれ、後はファーストコンタクトまで一気。スピーディーな展開で非常に読みやすかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月05日

    西暦2006年、水星から太陽に向けて放出される謎の物質が観測された。その物質は太陽を覆うようにリングを形成し始め、人類は太陽の光を奪われていく。地球外文明に魅せられた若き研究者・白石亜紀は、そのリングを破壊するミッションに参加するが……という話。
    米子で開催されたSF大会米魂に参加したのだが、その...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月14日

    日本のSF作家として名の知れた、野尻抱介の長編小説。元は短編作品で、それを長編化したものです。テーマは異星人とのファーストコンタクト。

    あらすじ。西暦2006年。太陽は、突如現れた巨大なリングによって取り囲まれた。日照量の激減により、滅亡の危機に瀕する人類。誰が、何の目的で太陽を簒奪したのか……?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

太陽の簒奪者 に関連する特集・キャンペーン