沈黙のフライバイ

沈黙のフライバイ

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

アンドロメダ方面を発信源とする謎の有意信号が発見された。分析の結果、JAXAの野嶋と弥生はそれが恒星間測位システムの信号であり、異星人の探査機が地球に向かっていることを確信する――静かなるファーストコンタクトがもたらした壮大なビジョンを描く表題作、一人の女子大生の思いつきが大気圏外への道を拓く「大風呂敷と蜘蛛の糸」ほか全5篇を収録。宇宙開発の現状と真正面から斬り結んだ、野尻宇宙SFの精髄。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
272ページ
電子版発売日
2013年05月17日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

沈黙のフライバイ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年09月21日

    今自分が生きている現在。それと地続きになっているかのような空想。そこの境界線がふわっとしているSFってたまらないです。「轍の先にあるもの」がまさにそれ。たぶん、作者自身のわくわくが止まらなくて、これ書いたんだと思う。

    いや、フィクションだと気づくときは、早々に訪れるんだけどもそこまでがね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月29日

    これぞ本当のSFという気がした。
    伊藤計劃さんのような淡々とした作風も好き。

    この中で一番好きなのが「轍の先にあるもの」。
    フィリップ・K・ディックの「シビュラの目」に近い作品。
    主人公にとっては偶然見つけた轍のようなものが一生を決めたといっても過言ではないと思った。
    彼が作家として活躍しても、轍...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月05日

    日本SF大会米魂の分科会「SF小説の文章技法」で取り上げられた小説『大風呂敷と蜘蛛の糸』が収録された短編集。表題作、大風呂敷、どれも面白かった。
    野尻さんの文章は本当に巧い。難しいのに、読みやすい。とても淡々としていて、するする物語が進むが、時として思わず涙が出てしまうほどに心を揺さぶられる。冗長...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月05日

    ―――アンドロメダ方面を発信源とする謎の有意信号が発見された。分析の結果、
    JAXAの野嶋と弥生は異星人の探査機が地球に向かっていることを確信する―静か
    なるファーストコンタクトがもたらした壮大なビジョンを描く表題作、一人の女
    子大生の思いつきが大気圏外への道を拓く「大風呂敷と蜘蛛の糸」ほか全5篇を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月26日

    野尻 抱介 『沈黙のフライバイ』
    (2007年2月・早川文庫)

    「沈黙のフライバイ」
    十光年離れた赤色矮星から送られてきた無数の探査機群が太陽系を通過するイベントを描く。
    探査機を操る電波を解析し「赤い小人」の生態や彼らが住む星の環境を推測する場面に胸が踊る。
    最後の1ページには夢が詰まっている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    宇宙をテーマにした5編の短編集。
    タイトルになっている「沈黙のフライバイ」はかなり好き。ファーストコンタクトモノでありながら、宇宙人は出てこない。彼らが送り込んだ探査衛星とのコンタクト。実際に発表されている研究内容を元にしているって話だから、実際あと10年、20年もすれば実現するんじゃないかしら?と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月05日

    導入部が日常的すぎて、自分でも気がつかないうちに作品世界に同調しているとでも言えばいいか。やってることはマニアックであるが、難しさを微塵も感じさせず、少しでも心得がある者であるならば、いつの間にかシンクロしている。解説者の言葉を借りれば、「最小の形容で最大のイメージを読者に与える」「あまりに達者なの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月03日

     すばらしい。宇宙のように静かだが、正確で重い。そして、ロマンがたっぷりと詰まっている。驚きの傑作だと思う。いやぁ、いい作者に巡り合えてよかった。

     アイデアもさることながら、異星人とのコンタクトを切に願う思いがひしひしと伝わってくる「沈黙のフライバイ」、知りたいという知的好奇心がなによりも重いと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月04日

    宇宙ってこんなに身近なものなんだ、と思える短編集です。理系の人以外にも読んでもらいたい。特に「大風呂敷と蜘蛛の糸」はとてもよいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月29日

    『退廃した未来』ではなく、『少し不思議』な世界でもなく。
    テクノロジーが発達した先に実現するのではないかと思わせる、正しく『サイエンス・フィクション』な短編集です。
    宇宙への憧憬、未知への挑戦、子供のような好奇心に溢れた5編の物語。
    にわか宇宙熱な今時の気分にぴったりな一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

沈黙のフライバイ に関連する特集・キャンペーン