【感想・ネタバレ】沈黙のフライバイのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年09月21日

今自分が生きている現在。それと地続きになっているかのような空想。そこの境界線がふわっとしているSFってたまらないです。「轍の先にあるもの」がまさにそれ。たぶん、作者自身のわくわくが止まらなくて、これ書いたんだと思う。

いや、フィクションだと気づくときは、早々に訪れるんだけどもそこまでがね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月29日

これぞ本当のSFという気がした。
伊藤計劃さんのような淡々とした作風も好き。

この中で一番好きなのが「轍の先にあるもの」。
フィリップ・K・ディックの「シビュラの目」に近い作品。
主人公にとっては偶然見つけた轍のようなものが一生を決めたといっても過言ではないと思った。
彼が作家として活躍しても、轍...続きを読むのようなものに対する情熱は衰えず、彼にとっては人生と轍のようなものはイコールで結んでもいいようなものなのではないのか。
私にとってはそれが本に当たるのか?
「自然は容易に正体を明かさないし、回答は新たな問いを添えるものだ。この峠を越せば、きっと新たな峠が現れる。あの小さな轍の先にあるもの――それは無限の深淵だ。」
という考え方は、ある意味正しいような気がしてきた。

私たち(黄色星人=人類)がおしゃべり好きというのには何だか納得した。
何かあったらすぐにTwitterにあげたり、何もなくてもTwitterに書き込んだり、私たちは無言とか何も情報がないことに耐えられないのではないのかと思った。
生命体のいる星があると分かれば、宗教を作ったり、政府そのものも軌道上に巨大なネオンサインを掲げたり、人類の血塗られた歴史をどう伝えるかで悩んだり…。

本当に火星に移住できたら、別に帰ってこなくてもいいのではないかと考えさせられたのは「片道切符」から。
確かに二度と行く機会はないし、これで火星行きプロジェクトは最後になるんだから(←作中描写より)、子供と永久に離れ離れになろうとも永住したいと思う気持ちはわかる。
だからと言って、爆弾犯の動機としてはまずいのではないかと思うのだが…。
最後のオチは、やっぱり人間ってこんな感じだよね、それは地球でも稼いでも変わらないよね、と謎の安心があった。

「ゆりかごから墓場まで」この話は、時代も環境も異なる三人の主観で語られる。
一人目の養殖エビ業を営むタイ人男性の発想はすごいと思った。
彼本当は頭がいいのではないだろうか。
企業ができる友人を持っているだけでも、運が良かったと思う。
二人目の脱サラした日本人男性は確かに当初の目的の使われ方でスーツを使っていると思う。
でも、確かに決定的なことを忘れていたと思う。
三人目の火星に移住したインド人男性のエピソードが一番好き。
まさかタイ人男性の思い付きが火星移住にまで発展するとは思わなかった。

発想が変えるといえば「大風呂敷と蜘蛛の糸」もそれに当たると思う。
だからと言って生身で宇宙は危険だと思うのだが…。
それから、「南極点のピアピア動画」での蜘蛛の巣のエピソードとは関係がない。

最近、人工知能が小説を書いたり、囲碁に勝ったりと、SFの世界がだんだん現実になっていくような気がしている。
「2045年問題」も「2030年問題」に変わったりして…。
私の就職先は何になるのだろうか?まさか、就職氷河期が来てニートとかにならないだろうか。
でも、政府の手厚い支援のおかげで栗本薫さんの「レダ」みたいな生活ができるようになるのか…。
と、ふと考えてみたり。

ちなみに、イギリスの福祉スローガンだった、「ゆりかごから墓場まで」は英語だと「cradle to grave」らしいが、何かものすごいかっこいい。
↑ヘタリア知識で申し訳ないが。

長文駄文失礼しました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月05日

日本SF大会米魂の分科会「SF小説の文章技法」で取り上げられた小説『大風呂敷と蜘蛛の糸』が収録された短編集。表題作、大風呂敷、どれも面白かった。
野尻さんの文章は本当に巧い。難しいのに、読みやすい。とても淡々としていて、するする物語が進むが、時として思わず涙が出てしまうほどに心を揺さぶられる。冗長...続きを読むなだけが文章ではないということを強く考えさせられる。
個人的には『轍の先にあるもの』という短編が強く心に残っている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月05日

―――アンドロメダ方面を発信源とする謎の有意信号が発見された。分析の結果、
JAXAの野嶋と弥生は異星人の探査機が地球に向かっていることを確信する―静か
なるファーストコンタクトがもたらした壮大なビジョンを描く表題作、一人の女
子大生の思いつきが大気圏外への道を拓く「大風呂敷と蜘蛛の糸」ほか全5篇を...続きを読む
収録。宇宙開発の現状と真正面から斬り結んだ、野尻宇宙SFの精髄。


初めて手を出した野尻抱介の宇宙SF短篇集。
端的に言って、捨て作品なしの傑作。

収録されている5篇のうち、古いものは15年前に書かれているにも関わらず、そ
のことを全く感じさせない。どころか、未来に向かう光のようなものを感じられる。

描かれているものを理解するために基礎的な地学の知識はいるにしても、ここま
で爽やかに宇宙へのロマンを謳ったSFを俺は知らない。

どの短篇も甲乙つけがたいけれど、「大風呂敷と蜘蛛の糸」が一番掴みやすいス
ケールから始まっていて想像が広がったかな。





「できっこないですか?」
これが爆弾になった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月26日

野尻 抱介 『沈黙のフライバイ』
(2007年2月・早川文庫)

「沈黙のフライバイ」
十光年離れた赤色矮星から送られてきた無数の探査機群が太陽系を通過するイベントを描く。
探査機を操る電波を解析し「赤い小人」の生態や彼らが住む星の環境を推測する場面に胸が踊る。
最後の1ページには夢が詰まっている...続きを読む

「轍の先にあるもの」
2001年に小惑星探査機から送られてきた画像に触発されて書かれた作品。
実際に生まれた疑問にフィクションをつなげて20年後の解決に導く。
作者なりの解答には説得力あり。

「片道切符」
有人火星飛行計画の宇宙船の飛行士である2組の夫婦の話。
地球から打ち上げられた後、一緒に火星まで持っていくはずの帰還船が爆破される。
片道切符しかない状態でさぁどうする?って話。
宇宙旅行中の性行為に言及した文章を初めて読んだ。
映画でも無重力下では見たことないなぁ。

「ゆりかごから墓場まで」
個々が一つの閉鎖生態系を構成するC2Gスーツ。
太陽光から電力さえ得れば完全自給自足ができる寸法である。
その発想の発端からスーツの進化を描くが、最後には太陽系の生命の起源に目が向く。
C2Gスーツ、流行らない、と思う。

「大風呂敷と蜘蛛の糸」
女子大生の広げた大風呂敷は、ホントの大風呂敷だった、って話。
でかいパラグライダーで高度80キロの中間圏界面まで行ってしまおう、という計画。
この話も最後のオチが上手い。主人公が女子大生の、超前向きなハードSF。


この作品集から伝わってくるのは、野尻抱介氏の、宇宙への果てしない憧憬と、来るべき未来への確信である。
野尻さんが見据える未来は、まさに現実化するべくして、待っていてくれているのだろう。
そう思わざるをえない作品群であった。

90点(100点満点)。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月29日

宇宙をテーマにした5編の短編集。
タイトルになっている「沈黙のフライバイ」はかなり好き。ファーストコンタクトモノでありながら、宇宙人は出てこない。彼らが送り込んだ探査衛星とのコンタクト。実際に発表されている研究内容を元にしているって話だから、実際あと10年、20年もすれば実現するんじゃないかしら?と...続きを読む思うと胸が熱くなる。
作中で探査衛星が送ってきていた画像に写っている様々な人工的と思しきオブジェクトの事が気になる。
あと、最後の1編(書き下ろしだったかしら)「大風呂敷と蜘蛛の糸」は奇抜なアイディアながらも、気持ちいいストーリー。主人公の女の子の声がなぜか脳内で坂本真綾だったw なんか、台詞の言い回しとかがボクの知っている限りの坂本真綾の声にぴったりあってしまったのだよw

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月05日

導入部が日常的すぎて、自分でも気がつかないうちに作品世界に同調しているとでも言えばいいか。やってることはマニアックであるが、難しさを微塵も感じさせず、少しでも心得がある者であるならば、いつの間にかシンクロしている。解説者の言葉を借りれば、「最小の形容で最大のイメージを読者に与える」「あまりに達者なの...続きを読むで気がつきにくいが、極めて喚起力の高い文体」となる。

どの作品も甲乙つけがたい。しかし、敢えてNo.1を選ぶとすれば「大風呂敷と蜘蛛の糸」読んでいて、おれも仲間に入れてくれ!と叫びそうになった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月03日

 すばらしい。宇宙のように静かだが、正確で重い。そして、ロマンがたっぷりと詰まっている。驚きの傑作だと思う。いやぁ、いい作者に巡り合えてよかった。

 アイデアもさることながら、異星人とのコンタクトを切に願う思いがひしひしと伝わってくる「沈黙のフライバイ」、知りたいという知的好奇心がなによりも重いと...続きを読む思う「轍の先にあるもの」、わかる、その気持ちわかると唸ってしまう「片道切符」、そのスーツよりも生命体の発見、その感動とはるかに大きな時間的スケール感が最高の「ゆりかごから墓場まで」、少し乗り切れないものの楽しめる「大風呂敷と蜘蛛の糸」 の短編集だ。

 表題作ももちろんよかったのだが、「ゆりかごから墓場まで」も負けず劣らず最高だったなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月04日

宇宙ってこんなに身近なものなんだ、と思える短編集です。理系の人以外にも読んでもらいたい。特に「大風呂敷と蜘蛛の糸」はとてもよいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月29日

『退廃した未来』ではなく、『少し不思議』な世界でもなく。
テクノロジーが発達した先に実現するのではないかと思わせる、正しく『サイエンス・フィクション』な短編集です。
宇宙への憧憬、未知への挑戦、子供のような好奇心に溢れた5編の物語。
にわか宇宙熱な今時の気分にぴったりな一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月22日

ハードSF短編集。どれも秀逸。「片道切符」「大風呂敷と蜘蛛の糸」がお気に入り。宇宙大好き!という下敷きあってこその内容の割に、解説にもあったように熱くなりすぎず、あくまで理性的な展開と、主人公の冷静なキャラクターが(大体どの作品の主人公にも共通している)説得力がありました。他の作品も読みます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月01日

普段SFをほとんど読まないけれど、もっと早く読んでおくんだった・・・!こんなおもしろい本を放置していたなんて。特に、「沈黙のフライバイ」と「大風呂敷と蜘蛛の糸」が好きだった。内容は壮大なスケールなのに、自然とノンフィクションを読んでいるような感覚。地球の周りに広がっている宇宙の存在を感じずにはいられ...続きを読むないし、今自分が暮らしている範囲とか悩みなんて本当にちっちゃいもんだと改めて思う。それぞれの登場人物の、探究心と行動力と熱意は、自分も頑張ろう!と背中を押してくれた感じ。中間層から望む景色って、どんなものなのだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月23日

内容(「BOOK」データベースより)
アンドロメダ方面を発信源とする謎の有意信号が発見された。分析の結果、JAXAの野嶋と弥生はそれが恒星間測位システムの信号であり、異星人の探査機が地球に向かっていることを確信する―静かなるファーストコンタクトがもたらした壮大なビジョンを描く表題作、一人の女子大生の...続きを読む思いつきが大気圏外への道を拓く「大風呂敷と蜘蛛の糸」ほか全5篇を収録。宇宙開発の現状と真正面から斬り結んだ、野尻宇宙SFの精髄。

----------------------------------------

野尻宇宙SFの真骨頂。短編5編。
「沈黙のフライバイ」はハードというか、実にリアルなファーストコンタクトもの。『太陽の簒奪者』の前半を思わせる、どうしようもなく彼我の文明差の大きいファーストコンタクトもの。

「轍の先にあるもの」 これまたリアルというか、まるで私小説のようなSF。作者本人も登場?

「片道切符」 火星入植について、ちょっとななめ上から観た小説。続きが読みたくなるw

「ゆりかごから墓場まで」 タイの湖から火星まで。”あるく閉鎖環境”を徹底的に駆使したあたらしい冒険譚。

「大風呂敷と蜘蛛の糸」 ふわふわの泉の泉を連想させる、明るく度胸の据わった女子大学生のユニーク過ぎる冒険。気球を使って宇宙に行く、という奇想天外なアイデアがどんどん膨らんで現実的になっていく。。。その熱いうねりのドライブ感じ。『ふわふわの泉』のノリが好きな人はきっと気に入ると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月06日

「ピアピア」を読んだ後にこの作品と「太陽の簒奪者」を読み忘れていることに気が付きあわてて購入。
「ピアピア」が萌え要素+SFだったのに比べるとかなりハードSF寄り、でも異星人とのファーストコンタクトと宇宙旅行へのあこがれはきっちり抑えてあってすごく面白い。でも「ピアピア」から来る人にはちょっと厳しい...続きを読むかも。
個人的には作者らしい「大風呂敷と蜘蛛の糸」が好きだけど、「ゆりかごから墓場まで」がかなり衝撃的でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月28日

久しぶりのSF。そして短編集。
 
 どれも非常に面白く、また一つのアイデアからストーリーが広がる話が多い。作者もネタを思いついたときはさぞ楽しかったろうと思わせる。
 解説で松浦晋也氏が述べているようにハードSFなためか、ところどころ門外漢の宇宙好き(そこまで詳しくは無いので好意をもっている、程度...続きを読むか)である自分には理解しがたい単語が出てきたが、SFの常でもあるし、文脈から読み取れないほどではなかったのでそれほど問題にはならなかった。
 文系の人が理系の人の楽しさを覗けてお話も楽しめる、そんな本ではないだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月24日

氏の初短編集。

読みやすい文体と、リンクする現実、前向きな登場人物に満ちた良質なハードSF。


宇宙に行ってみたいな、行けるかな、と思わせる素敵な作品群でしたよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月01日

沈黙のフライバイ(野尻抱介 ハヤカワ文庫)を読みました。
表題作を含め全5作の短編集です。
やはり、表題作「沈黙のフライバイ」が一番良いように思います。
この作品に対して☆☆☆☆です。

内容は、SETI(地球外文明探査)を行うために、安価に探査機を地球外に射出しようとしていると、逆にアンドロメダ方...続きを読む面から人工的な?信号が探知される。
そして、それが異性人の探査機が発信している信号であり、それが太陽系に向かっていることがわかるが・・・。
というものです。

基本的にSF・ファーストコンタクトものです。
読みどころは、地球人が異性人に向かってどのように自分たちを表現しようとするか。
また、逆に異性人の探査機が太陽系や地球のどのようなものに興味をもったか、という箇所の描写でしょう。
ほんの一瞬のコンタクトですが、それが逆に緊迫感があっていいです。

アーサー・C・クラークなどのファーストコンタクトものが好きな人にはオススメです。
逆に、スペースファンタジー系が好きな人には少し味気ないかもしれません。
自分はファーストコンタクトものが好きなので、ちょっと採点が甘めかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月28日

短編集。SF。ハードSF。
難しめの内容で地味な印象も受けたが、読み進めていくと、どの作品にも大きな希望に溢れたビジョンがある。
既読の『南極点のピアピア動画』『ふわふわの泉』も含め、著者の作品の特徴は”明るい未来”か。
特に好きな作品は以下2作品。

「片道切符」火星探査。帰ってくる必要はあるのか...続きを読む、というテーマらしい。解説にある通り、楽観的な決断が清々しい。好き。

「ゆりかごから墓場まで」タイの池で始まり、火星まで。閉鎖生態系をつくるスーツ。終盤はプチ『火星の人』ぽいかも。良作。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月18日

専門用語の多いハードSFは頭の固い中年には読むのもハード。スケール大きく、どちらかといえば長編向きでは。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年02月17日

火星の人( アンディ・ウィアー)系。C2G(cradle to grave)とテザーいいね、楽しいね。

このレビューは参考になりましたか?