楡周平の一覧

「楡周平」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:楡周平(ニレシュウヘイ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1957年10月12日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

慶應義塾大学大学院修了。1996年『Cの福音』でデビュー。『プラチナタウン』、『再生巨流』がTVドラマ化された。その他作品に『猛禽の宴』、『朝倉恭介シリーズ』、『有川崇シリーズ』などがある。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/11/20更新

ユーザーレビュー

  • 終の盟約
    もし自分が、そして家族が認知症になったら…
    安楽死を軸に物語は膨らんでいく。医師、家族、妻其々の立場で読むと、正解のないテーマの重さと難解さに頷くばかりであった。
    終章の展開にも注目。
  • 食王
    成功した外食チェーンうめもりの社長梅森は、銀行に騙され全てを失った時に築地の仲買人たちに助けられた恩を忘れていなかった。その音頭をとってくれた桶増がビルを買ってくれと言う。テナントが入らない麻布のビルを。金沢の老舗料亭万石の料理人ジュンペイは、店主から娘がイタリアンの店を出したいと言われ困っていると...続きを読む
  • 終の盟約
    考えさせられる作品でした。
    認知症…どうあるべきなのでしょう。
    むずかしい難題のヒントになる作品に思う。
    最後はあまりにも切なすぎた。
  • サリエルの命題
    著者の主張の本命は健康保険社会保険の持続問題にある
    みんな問題なのがわかっていながら厳しい判断をせずに先送りしている。
    本書ではマスコミの欺瞞についても厳しくついている。
    残念なのはインフルエンザパンデミック問題を入り口にしたので昨今のコロナと絡められて焦点が拡散してしまったこと。
  • 砂の王宮
    #経済小説 #中内功 #ダイエー #経済
    物語は、ダイエーを モデルとした、フィクション。
    高度経済成長を支えた 流通王の、栄枯盛衰を描く 経済小説。
    主人公"塙太吉"が 成り上がってゆく ストーリー は、様々な 登場人物と 交わる中、応援したくも、憎たらしくも 感じる。
    最初から 最後まで 面白い...続きを読む