「楡周平」おすすめ作品一覧

「楡周平」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:楡周平(ニレシュウヘイ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1957年10月12日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

慶應義塾大学大学院修了。1996年『Cの福音』でデビュー。『プラチナタウン』、『再生巨流』がTVドラマ化された。その他作品に『猛禽の宴』、『朝倉恭介シリーズ』、『有川崇シリーズ』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/15更新

ユーザーレビュー

  • 介護退職
    20170322


    社会派小説が好きで、楡さんの作品は何冊も読んできたが、本作は最高傑作だった。

    世界を股にかけての日々の激務に加え、母親の介護、さらには妻の病気と難題づくめの状況からの退職。

    胸に積まされる出来事の連続だが、まさにいつ自分の身に起きてもおかしくない事ばかりだ。

    しかし、希望...続きを読む
  • ドッグファイト
    いや〜面白かった。
    ちょうどヤマト運輸のニュースが毎日出ていたので本の内容とかぶってより一層面白かった!!
    ちょっと残念は スタイルが池井戸潤さんてきかな 〜〜と思えてしまったところ
  • ドッグファイト
    仕事をしている中で、苦境にたたされる場面は多数あると思うがその中でいかに逆境につなげるアイデアを生み出すか、行動を起こすかがとても重要であると改めて感じさせられる。常に頭の中で物事を考え、それをどう実現させるかをしっかりと行っていきたいと思った。
  • プラチナタウン
    20160926


    初めて読んだ楡氏の作品。

    池井戸潤氏の作品もほぼ一通り読んでしまい、他にも本格的なドキュメンタリータッチのビジネス小説はないか?と探していたところに見つけた一冊。

    少子高齢化、過疎化が進んだ東北の地方の町を立て直す解決策としての大規模老人施設。

    あらゆる課題を解決出来るこ...続きを読む
  • 象の墓場
    ソアラ(コダック)の物語。
    コダックの社員だった楡周平が 物語にするのは、
    自分の中に 大きな葛藤があったのだと思う。
    自分のやって来たことの意味が 問われるからだ。
    それでも、冷静に 客観的に とらえる努力をして
    大企業が崩壊していく過程を書いたのは、すばらしいことだと思う。

    コダックは、フィル...続きを読む

特集