「いいね!」が社会を破壊する

「いいね!」が社会を破壊する

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

すべてのモノと情報が、ネットのプラットフォーマーに呑み込まれていく。「いいね!」をクリックするたびに、われわれは知らず知らず、自分の首を絞めているのではないか? より快適な、より便利な生活を追い求め、「無駄」の排除を続けた果てに生まれるのは、皮肉にも人間そのものが「無駄」になる社会……。ネットの進化が実社会にもたらすインパクトを、「ビジネスモデル小説」の第一人者が冷徹に見据える。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
239ページ
電子版発売日
2014年04月18日
紙の本の発売
2013年10月
サイズ(目安)
1MB

「いいね!」が社会を破壊する のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年11月10日

    人間の欲求・便利が果ては自分たちに「負」の事柄が押し寄せてきて、皆が気付いたころには取り返しのつかないとんでもない事になってしまうのではないか?
    「自由資本主義」もういいのではないでしょうか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月21日

    「いいね」なのでフェイスブック系本かと思ったら、便利を追求してきたことで今の社会が出来、便利になったがその側面では雇用など色々社会を破滅させてきたという話。便利なもの、安いもの、タダなものに飛びつくのは人のサガとして全くその通りなので、逆に社会が今後もさらに便利を追求していく過程のなかで、自分として...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月14日

    タイトルからはソーシャルメディア批判かなと思いながら読んでみたが、なかなかFaceBookもtwitterも出て来ない。
    それよりももっと高い次元から現代の情報社会(?)に警鐘を鳴らしている様な。
    元々不安だったところに、更に不安が増したが、解決法や処方箋はくれない。
    さて、どうしたものか・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月24日

    「いいね!」をクリックするたびに、われわれは知らず知らず、自分の首を絞めているのではないか? より快適な、より便利な生活を追い求め、「無駄」の排除を続けた果てに生まれるのは、皮肉にも人間そのものが「無駄」になる社会…。ネットの進化が実社会にもたらすインパクトを、「ビジネスモデル小説」の第一人者が冷徹...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月12日

    コダックの崩壊、

    産業構造の大変革、

    グーグル、フェイスブック、LINEのデータ管理

    3Dプリンター、ただほど怖いものはない、

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月19日

    情報産業の首根っこを押さえている、米国は21世紀も覇権国として君臨しつづけるのだろうか。

    情報と金とチャンスと権力が集まる、東京はますます栄え、地方はますます疲弊する。

    若い人は、チャンスをもとめて東京に吸い寄せられるが、  WINNERS TAKES IT ALL 


    希望をなくした若者たち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月16日

    より快適な、より便利な生活を追い求め、「無駄」の排除を続けた果てに生まれるのは、皮肉にも人間そのものが「無駄」になる社会という指摘にあるように、便利は労働を排除する。
    ネット社会の身近な現実の事例を的確に分析して、説得力のある論調。
    しかし、行き着く先は暗澹として、解決策が示されていないのは、解決策...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月07日

    確かに、Facebookに登録したした顔で

    街中の監視装置で認識されてしまうかも

    しれない。どう、便利なものと付き合って行くかが

    大事だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月12日

    本のタイトルと内容にギャップあり。売るためのネーミング。
    ・フィルム式のカメラからデジタルカメラに移行した話、コダック社。
    ・紙の本からいずれデジタルデータの本が主流になる話。
    ・フェイスブック、ツイッター、LINE等による個人情報をIT企業が握り、それを国家が使う話、安易に著者が不安を煽るような内...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月14日

    「だれが本を殺すのか」(佐野眞一)を読んだ流れから購入してみた。楡周平だしね。
    彼が以前に働いていた会社、コダックがカメラデジタル化のために倒産してしまった話から始まり、電子書籍とSNSの出現により出版のの世界も今や危ない、と世の中が変化しつつあることに言及。便利になればなるほど機械化が進み、人の力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング