砂の王宮

砂の王宮

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

戦後、復興へ向け活気に溢れる神戸の闇市で薬屋を営んでいた塙太吉。進駐軍の御用聞きをしている深町の戦略的な提案に乗り、莫大な儲けを手にする。その勢いで、スーパーマーケットを開業し、格安牛肉を武器に業績を飛躍的に向上させた。全国展開への道を順調に進むが、ある事件をきっかけに、絶体絶命の局面に……。日本が世界経済の中心に躍り出た激動の時代を支えた男を描く圧巻の経済小説。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
520ページ
電子版発売日
2018年05月11日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

砂の王宮 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月24日

    #経済小説 #中内功 #ダイエー #経済
    物語は、ダイエーを モデルとした、フィクション。
    高度経済成長を支えた 流通王の、栄枯盛衰を描く 経済小説。
    主人公"塙太吉"が 成り上がってゆく ストーリー は、様々な 登場人物と 交わる中、応援したくも、憎たらしくも 感じる。
    最初から 最後まで 面白い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月04日

    20200304


    ダイエー中内氏をモデルにした経済小説に、殺人事件などのミステリー要素を取り入れた、エンターテインメント経済小説。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月12日

    戦艦大和の生き残りの主人公は戦後の闇市で薬を売って財を成す。特攻の生き残りである相棒と出会い、彼の戦略に乗って安売りの薬屋を開店し、さらに大儲けする。その後、当時は新しい業態であったスーパー経営に乗り出し西日本を制覇、東京へ進出する。スーパーからさらに大掛かりなショッピングセンター構想を掲げ計画通り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月10日

    これまでに読んだ楡作品の熱血物流小説(再生巨流、ラストワンマイル)と比べると、熱さはそれほど感じられない流通ビジネス小説だったが、物語としてはとても面白く、ちょっと盛り込みすぎな感じもしないでもないが、サクサク読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月08日

    成り上がり人生を描いた一冊。私の勉強不足もあるが、実在する人物をモデルに脚色交えながら書き下ろしたのではないかと勝手ながら推測しています。
    こういった時代に自分が生まれたらどういった人生を送っていたのか?考えてみるものの成功しているイメージは湧かない・・・

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています