多和田葉子の一覧

「多和田葉子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

献灯使
値引き
500円(税込)
犬婿入り
値引き
354円(税込)
旅をする裸の眼
値引き
454円(税込)

配信予定・最新刊

文藝春秋2021年6月号
NEW
880円(税込)

作品一覧

2021/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 地球にちりばめられて
    留学中に母国が消えて帰る場所を失ってしまった女性Hirukoが同郷の同じ母語を話す人間を探す旅の物語。明言こそされないが、彼女の母国は日本であろう。

    世界が滅亡したら、とか、日本が沈没したらとか、一度は考えたことがあるのではないだろうか。でも「母国がなくなる=母語が失われる」という捉え方をしたこと...続きを読む
  • 地球にちりばめられて
    言葉や人種、文化の壁は、堅牢で絶望的なようで、無意識に越えていたりできるのかもしれない。
    みんな同じ一つの地上に暮らす地球人なんだ。
    面白かった。
  • 献灯使
    ディストピア小説。
    環境問題、高齢化問題、エネルギー問題など先が見えないまま、想定外を言い訳にして何が起こるかわからない。
  • 飛魂
    先に書いた読書会の際にサインをいただきました。読書会自体は日本語、ドイツ語、フランス語、英語が入り混じり、この年で1番「リテラシーの高い人が集まっている空間」でした。非常にユニークな読書会で先生もとても気さくな方でした。やっぱり文章表現が素晴らしい。特に元々修道院が身近になかった語り手とそうでない人...続きを読む
  • 地球にちりばめられて
    Hirukoはヨーロッパ留学中に母国が崩壊し、同じ母語を話す人を探している。その旅に同行することになる様々バックボーンを持つ人たちが、各章ごとの語り手で話が進む。

    すれ違う言葉、言葉にまつわる会話がとてもおもしろい。イメージだけの日本文化、アレンジされた和食の違和感と可笑しさ、そこに消滅した母国、...続きを読む