「多和田葉子」おすすめ作品一覧

「多和田葉子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/05/15更新

ユーザーレビュー

  • 地球にちりばめられて
    読みすすめるほど凝り固まってる脳みそがゆるくほぐされて、クリアになってゆくような、気持ちの良い読書体験ができた。
  • 変愛小説集 日本作家編
    このアンソロジー、読んだ人によって、好きになる作品が違うだろうし、好きな変愛も違うのかなって思いながら読んでました。

    私が好きだったのは、以下の作家さん方。(本に入ってる順に)

    多和田葉子さん。多和田さんの作品はどれを読んでも「ことば」にさわれる喜びがあるけど、ここに入ってる作品は「文字」にさわ...続きを読む
  • 地球にちりばめられて
    描かれるのは、そんなに遠くない未来。
    故国を失い、地球上で散り散りになった人たち。
    独自の言語を生み出して、母語を話す人を探す旅。
    国とは言語とは。
    物語自体ももちろん良かった。
    それ以上に、文章が素敵だった。
    このリズム、空気、とても心地いい。
  • 地球にちりばめられて
    ストーリーは「はぁ?」と言いたくなるようなものなのだけれど、本書を読みやめられないのは、作者が書きながら思考しているその痕跡が伝わってくるから。ストーリー展開は口実で、書きながら哲学している。
  • 雲をつかむ話
    現実みのある虚構。多和田葉子作品は小川洋子と似てるけど、違う。当たり前なんだけれど。犯人たちをめぐる小説、主人公は小説家で昔、殺人犯人と出会ったことがあるところから話ははじまってぷつんぷつんと出会いが切れ切れに語られる。最初の犯人が、最後の夢の中に登場して横にいたひとが誰だったのか、もしも出会ったこ...続きを読む