鷲田清一の作品一覧

「鷲田清一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2024/01/31更新

ユーザーレビュー

  • 哲学の使い方
    哲学とはなんだろうか。
    哲学を使うということはどういうことだろうか。
    この本を買ったときに思いました。
    読み終えた後もこの疑問に対する答えが得られたとは言えません。
    けれども、なんとなく、哲学というのは考えに考えて考え抜くことなんじゃないかと思えました。
    当たり前のことを当たり前で済まさないで、もう...続きを読む
  • 「待つ」ということ
    自分はまさに「待つ」をしているな、という自覚をしているところだった。そんなとき、この本を読んだ。
    この本は決して、"つまり「待つ」とはこれこれこういうことである"のような解説でも、"「待つ」ことがつらかったらこういうふうに考えよう"のようなハウツーでもない。「待つ」という行為をしているときの心情、ジ...続きを読む
  • じぶん・この不思議な存在
    自分って細かいこと気にしすぎなのかな?と自分の性格に悩んで買った本。「だれかのためにお茶をいれる」ただそのことが、これほど難しいこととは思わなかった。無理せず自分らしくあることは素敵なことだけど、それを追求しすぎて辛くならないようにしたい。
  • だれのための仕事 労働vs余暇を超えて
    含蓄深い、仕事をめぐる論考。
    始終、自分はこのままで良いのかの反省が出来た。

    身体論、ファッション、また、家事とボランティア、クレーマーの話題が面白い。

    労働と余暇をめぐる歴史的変遷も頭の整理になった。
  • 京都の平熱 哲学者の都市案内
    読み終えて、とてもびっくりした。

    こんな素人みたいな始まり方で申し訳ないが、この衝撃は、京都について、余所の者とそこに住み続けている者との見方の差異や、京都がこんな街だとは思わなかったとか、そういう事ではなく、あくまでも、街という存在が、目には見えないところで燻っている、底の知れない人と歴史の複雑...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!