鷲田清一の一覧

「鷲田清一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2022/09/02更新

ユーザーレビュー

  • じぶん・この不思議な存在
    1996年に発行されたこの本は、発行以来、版を重ねています。そして、大学入試問題にも何度も繰り返し出題されています。受験勉強に即効性のある読書(という表現そのものがそもそも矛盾していると思いますが)を求める人は、すぐにでも読むべき一冊です。著者の鷲田清一は、大阪大学総長も務めた哲学者。現在も多くの著...続きを読む
  • じぶん・この不思議な存在
    ゛自他は相互補完的である゛

    相互補完的とはお互いに足りないところや弱いところを補って、助け合うこと。
    つまり、自己と他者は切り取っても切り離せぬ関係であると。その存在が持つ意味とは。
    色々と考えさせられた。
  • てつがくを着て、まちを歩こう ――ファッション考現学
    わー!おもしろかった!
    モード(ファッション)論ですが、身体についてもかなり触れているので身体論としても興味深いです。
    私は大学の身体論をほとんど理解できなかった人間だけど、この本だとおもしろい視点がどんどん入ってきたので、理解が深められた気がする。

    そしてことば使いがとてもきれいで、読んでいて気...続きを読む
  • つかふ ~使用論ノート~
    つかふことは、わたしとモノとの間の相互変容(相互浸透、相互侵蝕)の関係性が生まれることである。生活におけるさまざまの「つかふ」状況について、よくよく観察してみようと思った。
  • 京都の平熱 哲学者の都市案内
    はあ、鷲田さんの京都愛がじんわり伝わってきて心がぽかぽかする。特に市バス206番で一周というのがまた良い。なぜならそれは、ガイドブックに乗るような「定番の京都」とは違うので。京都に根を置いている者だからこそ見つけられる、「あっち」の世界への孔。これは単なる京都案内でも紀行本でもなく、京都という都市の...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!