素手のふるまい アートがさぐる<未知の社会性>

素手のふるまい アートがさぐる<未知の社会性>

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東日本大震災後、アートのもつ底力がこじあけた未知の社会性とは? 被災地支援に取り組む芸大生と写真家、陶芸家のタコツボ無人販売所、工芸家のウクレレ化保存計画……臨床哲学者が社会とアートの交差する場所に立つ日本の未来への刺激的評論。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / 伝統・芸能・美術
出版社
朝日新聞出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年03月10日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

素手のふるまい アートがさぐる<未知の社会性> のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年02月28日

    私にとっては、少々難解であった。
    社会性。人間性とアート。技術としてのアート。
    社会にとってのアート。
    ここに書かれている、所謂アーティスト達の考え方
    生きざまについては、非常にあこがれる部分が多くあります。
    昔はこういう人間になりたかったなあという思いがあります。
    いまになって、現実として社会から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています